デジタル プロトタイプ

デジタル プロトタイプ

オートデスクのデジタル プロトタイプ ソリューションを使用すると、製造に携わる複数のワークグループが Autodesk® Inventor® を使って単一のデジタル モデルを作成し、製品開発のすべての段階でその同じモデルを使用することができます。これにより、コンセプト デザイン、設計、製造の各チームの間に存在しがちなコミュニケーションの壁を取り払うことができます。

特長

オートデスク独自のデジタル プロトタイプ ソリューションは、拡張性が高く、達成可能で、コスト効率に優れています。既存のワークフローへの影響を最小限に押さえながら展開することが可能で、ROI の早期達成を実現します。こうした製品開発プロセスに対する独自のアプローチによって、物理的な試作への依存度を低くし、より革新的な製品を競合他社に先駆けて市場に投入することができます。

  • 工業 デザイナーにとって快適なデジタル環境で、スケッチや 3D コンセプト モデルを作成できます。
  • 2D および 3D のメカニカル設計と電気設計アプリケーション間の、双方向の相互運用性を提供します。
  • 3D モデルとの関連付けを完全に維持したままで DWG™ ファイルを読み書きできます。
  • インテリジェント コンポーネントの作成機能により、ジオメトリの作成ではなく機能を設計することに専念できます。
  • プラスチック部品や射出成型用金型の設計を最適化し、実際に製造可能であることを確認します。
  • 構造解析とモーション シミュレーションで、デジタル プロトタイプの最適化と検証を行います。
  • 自動化されたルーティング システム設計ツールにより、完全なデジタル プロトタイプを作成および検証できます。
  • 設計データの再利用とコラボレーションを促進します。