TrustedDWG

DWG を理解しよう ~DWG の構造と進化~

CAD ユーザの間で広く普及している「DWG」は、いまでは CAD で扱う図面データ ファイル形式の業界標準とさえ言われています。ところが、一見すると同じ「.dwg」の拡張子を備えたファイルでありながらオートデスク製品で開くことができなかったり、開いても正しく図面が表示されなかったりするなど、さまざまな問題を引き起こす DWG ファイルも存在します。

オートデスクでは、お客様が作業するコンピュータで発生したエラー情報を、インターネットを利用して収集する「Customer Error Reporting(CER)」の仕組みを採用しています。収集されたエラー情報を解析すると、DWG ファイルに含まれる情報に異常が検出されるケースが増えていることが分かってきました。これは、問題を起こす DWG ファイルと無関係ではないようです。

内部構造が異なる DWG ファイルが流通

そもそも DWG ファイルは、設計者の間で設計情報をデータとして流通させることを前提に開発されたものです。だからこそ、設計工程の最初から最後まで電子データで流通できる現在のような環境が、AutoCAD の普及にともなってできあがったわけです。

特に最近では、インターネットや電子メールが普及したことで、ネットワークを介して DWG ファイルを交換することが一般化しています。オートデスクは、こうした動きに対応するための製品や技術の改良にも積極的に取り組んできました。

具体的に AutoCAD では、図面情報を扱うために2種類の図面ファイル形式を扱えるようにしています。1 つは、ネイティブな図面ファイルである DWG ファイルで、バイナリと呼ばれる形式で図面ファイルの圧縮保存に対応しています。もう 1 つは、図面交換用の DXF ファイルです。DXF ファイルは、オートデスク製品以外のさまざまなツールでも扱えるように、古くからデータ仕様を公開しています。ただし、バイナリ形式である DWG と異なり、判読可能な ASCII (アスキー)形式を採用するため、ファイル サイズが大きくなる傾向がありインターネット環境ではあまり利用されていないようです。重要なのは、DXF とは異なり、DWG(TrustedDWG) の仕様が一般に公開されていないという点です。

それにもかかわらず DWG ファイルを生成できるツールが市場に存在しています。こうしたツールから出力される DWG ファイルは同じ拡張子を使っていますが、そのファイルがどのような構造を備えているのかはオートデスクでは把握していません。しかし、実際に問題が起きていることから、オートデスク製品またはオートデスクが提供する開発キットで作成された DWG、すなわち TrustedDWG と構造が異なることは明らかです。

扱いやすさを追求しながら進化する TrustedDWG

TrustedDWG には、設計者の利便性向上とデータの扱いやすさを追求するために、さまざまな工夫が凝らされてきました。TrustedDWG ファイルには、図面を構成するさまざまな要素が格納されています。AutoCAD で図面ファイルを開くと、DWG ファイルの構成要素を 1 つずつ識別しながら、「オブジェクト」と呼ばれる単位で、いったんメモリ上へ論理的な配置をおこないます。このとき、AutoCAD が正しく識別できたオブジェクトが図形と判断されると、初めて画面上に表示されるのです。


メモリに展開される多様な AutoCAD オブジェクト図面ファイルに含まれる構成要素には、このように実際に図形として画面に表示される「グラフィカル オブジェクト」と、直接画面には表示されない「非グラフィカル オブジェクト」と呼ばれる構成要素が存在します。グラフィカル オブジェクトは、線分、円、円弧、ポリライン、楕円などで、非グラフィカル オブジェクトは、画層、線種、寸法スタイル、文字スタイルなどが代表的です。これら 2 種類のオブジェクトは、メモリ上で密接に連携しています。グラフィカル オブジェクトと非グラフィカル オブジェクト連携の簡単な例として、モデル空間に作図された線分を挙げることができます。線分は、始点と終点といった座標のほかに、図形としてどのように表示されるべきか、参照する画層や線種に依存しています。このような関係を正しく保つことができるのが TrustedDWG ファイルなのです。これによって、さまざまな情報を、DWG ファイルを利用して設計者がやりとりすることができるのです。


設計データの保全性のためにセキュリティ機能も盛り込まれています。たとえば、データの正当性を保証するための電子署名を使った認証システムや、データを保護するためのパスワードが設定できる仕組みです。また、言語表現の違いによる「文字化け」などの問題を防止するために、「Unicode」を採用しています。

開発キットを提供して TrustedDWG の普及を後押し

オートデスクでは、TrustedDWG を利用できる環境の普及を支援するために、CAD ツール開発者向けのツールキットを提供しています。その 1 つは、TrustedDWG ファイルや DXF ファイルを出力する機能を組み込むための開発キット「RealDWG」。もう 1 つが、AutoCAD をベースに、特定の分野向けの CAD を開発するためのツール「AutoCAD OEM」です。

オートデスク デベロッパー ネットワーク(ADN)に所属する、世界 3,300 社の開発パートナーが、これらの開発キットやツールを利用して、TrustedDWG に対応したツールを開発し、提供しています。

こうした製品には、TrustedDWG に対応していることを示すロゴが付けられています。このロゴは、TrustedDWG 対応として安心して使えるツールの証しであり、TrustedDWG ロゴのついた製品は今後も増え続けていくでしょう。