ダウンロード

AutoCAD 更新プログラム & Service Pack

AutoCAD 2015

AutoCAD 2015 Service Pack 2 (2014/09/17)
AutoCAD 2015 Service Pack 2 を適用することにより、AutoCAD 2015 のさまざまな問題が解決されます。

AutoCAD 2015 Service Pack 1 (2014/06/05)
AutoCAD 2015 Service Pack 1 を適用することにより、AutoCAD 2015 のさまざまな問題が解決されます。

Autodesk AutoCAD セキュリティ修正プログラム (2014/05/07)
この修正プログラムは、「Heartbleed」と呼ばれる OpenSSL の脆弱性に関連する問題に対処します。


AutoCAD 2014

AutoCAD 2014 Service Pack 1 (2013/09/27)
AutoCAD 2014 Service Pack 1 を適用することにより、AutoCAD 2014 のさまざまな問題が解決されます。


Autodesk AutoCAD コード実行脆弱性–セキュリティ修正プログラム (2013/07/10)
この修正プログラムは、ある意図をもって作成された DWG ファイルをロードしたときに、コードが勝手に実行される可能性があるという脆弱性に対応します。


AutoCAD 2013

Autodesk AutoCAD コード実行脆弱性–セキュリティ修正プログラム (2013/07/10)
この修正プログラムは、ある意図をもって作成された DWG ファイルをロードしたときに、コードが勝手に実行される可能性があるという脆弱性に対応します。


AutoCAD 2013 Service Pack 2
AutoCAD 2013 Service Pack 2  を適用することにより、AutoCAD 2013  のさまざまな問題が解決されます。

2012/10/17 Autodesk Input Method Editor (IME) 修正プログラム
Autodesk Input Method Editor (IME) 修正プログラムを適用することにより、2 バイト文字入力で IME が使用される場合に AutoCAD に影響するオペレーティングシステム上の問題が解決されます。

2012/09/28 AutoCAD 2013 Service Pack 1.1
AutoCAD 2013 Service Pack 1.1 を適用することにより、AutoCAD 2013 のさまざまな問題が解決されます。

Autodesk Sync エラー 修正プログラム (2012/09/21)
Autodesk Sync コンポーネントの使用中に、Windows のシステムトレイで同期エラーが継続して表示される問題が解決されます。



Autodesk AutoCAD コード実行脆弱性–セキュリティ修正プログラム (2013/07/10)
この修正プログラムは、ある意図をもって作成された DWG ファイルをロードしたときに、コードが勝手に実行される可能性があるという脆弱性に対応します。



Autodesk AutoCAD コード実行脆弱性–セキュリティ修正プログラム (2013/07/10)
この修正プログラムは、ある意図をもって作成された DWG ファイルをロードしたときに、コードが勝手に実行される可能性があるという脆弱性に対応します。

2011/12/26 AutoCAD 2011 ポリライン面積計算の修正プログラム
AutoCAD 2012 Service Pack 1 を適用することにより、AutoCAD 2012 のさまざまな問題が解決されます。

お知らせ: 従来の修正パッチという名称は「修正プログラム」になりました。(2011 年 12 月~)







  • 2009/06/09 PDF 出力の問題修正パッチ
    この修正パッチを適用することにより、余白をカスタマイズすると PDF に出力した図面の中心がずれてしまう問題が解決されます。
  • 2009/01/30 冗長ライセンス サーバ修正パッチ
    この修正パッチを適用することにより、マスターサーバが 2 回切り替わると冗長ライセンス サーバが停止してしまう問題が解決されます。
  • 2008/09/19 Windows エクスプローラ - ファイル表示の問題修正パッチ
    この修正パッチを適用することにより、AutoCAD 2008 Service Pack 1 以降、または同等のService Pack を適用した製品で、Windows エクスプローラから DWG ファイルを複数選択して表示できない問題が解決されます。
  • 2008/05/12 尺度リスト クリーンアップ ユーティリティ
    このユーティリティにより、余分な尺度を含んだ図面を修復することができます。
    注意: 2008 年 4 月 8 日から 2008 年 4 月 15 日にアップロードしていた 「尺度リスト クリーンアップ ユーティリティ」 は、一部不具合がありましたため、ダウンロードを一時中止しておりました。2008 年 5 月 12 日付で、この不具合を修正した 「尺度リスト クリーンアップ ユーティリティ」 をアップロードいたしました。 2008 年 4 月 8 日から 2008 年 4 月 15 日にアップロードしていた 「尺度リスト クリーンアップ ユーティリティ」 をインストールした場合は、この修正された 「尺度リスト クリーンアップ ユーティリティ」 をインストールしてください。
  • 2007/12/21 Windows Vista - グループ ポリシー オブジェクトの問題修正パッチ
    この修正パッチを適用することにより、グループ ポリシー オブジェクトを含んだ配置からAutoCAD 2008、および AutoCAD 2008 ベースの製品を、 Windows Vista オペレーティング システムの環境にインストールした場合に起こる問題が解決されます。
  • 2007/11/08 冗長ライセンス サーバ アップデートパッチ
    このアップデートパッチをインストールすることによって冗長ライセンスサーバの環境で、マスタ サーバが 2 回変更されるとサーバが停止する問題が解決します。冗長ライセンスサーバの環境ではない場合、本アップデートパッチをインストールする必要はありません。

    ※ このパッチは 2009 年 1 月 30 日に「冗長ライセンス サーバ修正パッチ」にアップデートされました。上記の「冗長ライセンスサーバ アップデートパッチ」のリンクは、「冗長ライセンス サーバ修正パッチ」のダウンロードページへリンクされています。
  • 2007/10/30 スタートメニューから起動の問題修正パッチ
    この修正パッチを適用することにより、Windows に制限ユーザーでログインした場合、AutoCAD 2008、AutoCAD LT 2008、および AutoCAD 2008 ベースの製品を Windows のスタートメニューから機動するとエラーが起こる問題が解決されます。
  • 2007/10/24 線種の問題修正パッチ
    この修正パッチにより、Service Pack 1 を適用した AutoCAD 2008、AutoCAD LT 2008、および AutoCAD 2008 ベース製品において発生する線種の表示に関する不具合を解決します。
  • 2007/10/24 ラスター エラーの問題修正パッチ
    この修正パッチにより、Service Pack 1 を適用した AutoCAD 2008、AutoCAD LT 2008、AutoCAD 2008 ベース製品で図面を開く、またはイメージ ファイルを挿入する際に起こるフェイタル エラーが解決します。
  • 2007/09/14 AutoCAD 2008 Service Pack 1 (AutoCAD Revit Structure Suite 2008 用)
    AutoCAD 2008 Service Pack 1 を適用することにより、AutoCAD Revit Structure Suite 2008 に含まれる AutoCAD 2008 のさまざまな問題が解決されます。
  • 2007/09/14 AutoCAD 2008 Service Pack 1 (AutoCAD Revit Architecture Suite 2008用)
    AutoCAD 2008 Service Pack 1 を適用することにより、AutoCAD Revit Architecture Suite 2008 に含まれる AutoCAD 2008 のさまざまな問題が解決されます。
  • 2007/09/14 AutoCAD 2008 Service Pack 1
    AutoCAD 2008 Service Pack 1 を適用することにより、AutoCAD 2008 のさまざまな問題が解決されます。
  • 2007/08/02 AutoLISP の問題修正パッチ
    AutoLISP の問題修正パッチを適用することにより、AutoCAD 2008、および AutoCAD 2008 ベースの製品で発生する AutoLISP の問題が修正されます。
  • 2007/06/13 Live Update 修正パッチ
    この修正パッチを適用することにより、コミュニケーション センターの Live Update から Service Pack/修正パッチをダウンロードすることができない問題が解決されます。

2007/06/08 idrop 64-bit 修正パッチ
この修正パッチを適用することにより、64 ビットの AutoCAD 2008 ベース製品で idrop の機能が使用できない問題が解決します。







  • 2005/08/11 FLEXlm アップデート パッチ ダウンロード(追加 - SAMreport-Lite アップデート パッチ)
    本アップデート パッチを適用することにより、冗長サーバで複数の製品をライセンス管理している場合、Master サーバが停止した際に、ライセンス発行ができなくなる現象を修復します。また、冗長サーバでライセンス管理している場合、Master サーバが 2 度切り替わるような状況において、ライセンス発行ができなくなる現象を修復します。また、レポート ログ ファイルを作成したとき、SAMreport-Lite を使用してレポートを作成する場合は「FLEXlm アップデート パッチ」対応の SAMreport-Lite アップデート パッチも適用する必要があります。
    注:2005/8/11 付けで「FLEXlm アップデート パッチ」対応の SAMreport-Lite アップデート パッチがダウンロード可能になりました。FLEXlm アップデート パッチは 2005/3/29 付けでアップロードされていたパッチから変更されていませんので、再適用する必要はありません。
  • 2005/02/04 多くのフォントのインストールにより起動が遅くなる問題修正パッチ
    本修正パッチを適用することにより、多くのフォントをインストールすると AutoCAD 2005、AutoCAD 2005 ベースの製品の起動、および動作が遅くなる問題が解決されます。
  • 2004/11/12 画層フィルタ管理の問題修正パッチ
    本修正パッチを適用することにより、多数の画層フィルタが設定されているファイルに対して、不必要な画層フィルタを選択して削除することができるオプションが追加されます。
  • 2004/09/21 AutoCAD 2005 Service Pack 1 (Autodesk AutoCAD Revit Series 2 用)
    AutoCAD 2005 Service Pack 1 (Autodesk AutoCAD Revit Series 2 用) を適用することにより、AutoCAD 2005 (Autodesk AutoCAD Revit Series 2) のさまざまな問題の修正および解決が行なわれます。
  • 2004/09/21 AutoCAD 2005 Service Pack 1
    AutoCAD 2005 Service Pack 1 を適用することにより、AutoCAD 2005 のさまざまな問題の修正および解決が行なわれます。
  • 2004/07/01 AutoCAD 2005 インストレーションが起動する問題修正パッチ
    本修正パッチを使用することにより、アプリケーションを起動したときに誤って AutoCAD 2005 のインストーラが起動する問題が修正されます。