パートナー

オートデスク認定販売パートナー プログラム

オートデスクは、お客様により高度なソリューションやサービスを提供するために、販売ネットワークの強化に取り組んでいます。ぜひ弊社の認定販売パートナーへのご参加をご検討ください。

1. オートデスクのビジネスモデルと認定販売パートナー

オートデスクは、長年に渡って販売パートナー様と一体となってビジネスを展開してきました。現在では、全世界で 1,700 社以上の認定販売パートナー、3,300 社の開発パートナー、2,000 箇所を超えるトレーニング センターとの強固なネットワークを構築するに至っています。

このような経験に基づき、オートデスクは、認定販売パートナー様のビジネスのさらなる発展に貢献するための各種支援プログラムやトレーニングを一層充実させ、適切なタイミングで提供することを最優先の課題として取り組んでおります。

オートデスクの提供するソリューションは大きく分けて以下の 4 つの分野があり、それぞれの分野において、専門的なスキルと業界経験を持った認定販売パートナー様がご活躍されています。

  • 建築 (AEC): 
    ビルディング インフォメーション モデリング (BIM)を実現する建築業界に最適化されたソリューションです。

  • 製造 (MFG):
    デジタルプロトタイピングを実現する製造業に最適化されたソリューションです。

  • ホリゾンタル デザイン (HORZ): 
    AutoCAD をはじめとする建築、製造など幅広い 業界に適合したソリューションです。

  • メディア & エンターテインメント(M&E):
    デジタル コンテンツの制作はもちろんのこと、建築や製造のデザインビジュア ライゼーションにも有効なソリューションです。

2.認定販売パートナープログラム


    2-1 認定販売パートナープログラムに参加するには
  • オーソライゼーションの取得: 
    オートデスクの製品を販売するためには、前述の各ソリューション毎に(一部は細分化されています)、オーソライゼーションを取得していただく必要があります。オーソライゼーションの取得には、ソリューション毎に決められたリソース(営業や技術サーポートスタッフ、製品のデモやサポートに必要な設備など)、年間購入金額、計画的な販売促進活動などについて定められた要件を満たしていただく必要があります。

  • ビジネスプランの提出:
    オートデスクの指定の様式(原則的に)にて年間のビジネスプランを提出していただきます。

  • 契約の締結:
    オートデスクの指定する様式の「オートデスク付加価値リセラー(「VAR」)契約書」を締結していただきます。
    2-2 認定販売パートナー様の形態
  • ダイレクト VAR (Value Added Reseller/付加価値リセラー) :
    オートデスクと直接「VAR」契約を締結し、オートデスクから製品とサービスを直接購入していただく、認定販売パートナー様です。後述のインダイレクト VAR よりも求められる要件もより高いものになります。

  • インダイレクト VAR (Value Added Reseller/付加価値リセラー):
    オートデスクと直接「VAR」契約を締結しますが、オートデスクから直接ではなく、オートデスクのディストリビューター様から製品とサービスを購入していただく、認定販売パートナー様です。
    2-3 認定販売パートナープログラムへの参加によるメリット
  • オートデスクとのコミュニュケーションの向上:
    認定販売パートナー様専用 Web サイトへのアクセス権の付与、定期的なメールによる情報提供など、オートデスクからの最新情報をタイムリーに入手できます。

  • 販売促進イベントへの参加:
    オートデスクが主催する販売促進イベントに参加することが可能になります。

  • 各種支援プログラムの提供:
    営業やエンジニアの方のトレーニングへのご参加を支援するプログラム、販売リソースの確保や販売促進活動を支援するプログラムなどがあります。ただし、提供する内容は認定販売パートナー様の形態により異なります。

  • 各種トレーニングへのご参加:
    オートデスクが定期的に開催するパートナー様向けのトレーニングにご参加いただけます。また、エンジニア方はトレーニングに参加し所定の試験に合格することにより、オートデスクの認定する資格の取得も可能です。
    オートデスク認定販売パートナー お問い合せフォーム (txt - 2Kb)