オートデスク サブスクリプション

AutoCAD Architecture 2011 サブスクリプション アップグレード

AutoCAD Architectureのサブスクリプションをご契約のお客様は、2011バージョンを今すぐご利用いただけます。

幾何拘束や寸法拘束、改築設計図書機能、壁のクリーンアップ編集の効率化などの新機能を豊富に搭載した AutoCAD® Architecture 2011 アップグレード製品により、効率的に設計できます。

AutoCAD Architecture 2011 の主な機能強化点

幾何拘束と寸法拘束の定義
壁、柱グリッド、柱、梁、カーテン ウォール、マルチビュー ブロック、およびマス要素間で一貫性のある正確な位置関係を維持します。拘束を定義することによって、設計時間を節約すると同時に、設計内容の整合性の維持に役立ちます。

新しいリノベーション ツール
既存、新規、および解体時のそれぞれの構造をグラフィカルに表示して、改築の設計図書を作成します。 AutoCAD Architecture 2011 の新しいリノベーション ツールでは、ドアを移動すると新規のドアの作成と同時にドアや壁の解体を自動的に行うので、作業効率を向上できます。

壁レイアウトと設計の改善
AutoCAD Architecture 2011 は、実際の計画をより正確に反映する壁レイアウトを実現する直感的なツールにより、設計図作製の生産性を向上することができます。 壁コンポーネントの境界はフィレットや面取りコマンドで処理でき、新しい [Intelligent Cleanup] コマンドにより、レイアウトした壁を簡単にクリーンアップできます。壁のクリーンアップ編集時のコンポーネント選択も容易になりました。


詳細はこちら

AutoCAD Architecture 2011 製品カタログ (pdf - 5102Kb)
機能比較 (英語) (pdf - 716Kb)
  • How To ガイドを参照
    インストール手順のご紹介
    - サブスクリプション センターへのサインイン
    - アップグレード製品のダウンロード
    - インストールに関するお問い合わせ