オートデスク サブスクリプション

Autodesk 3ds Max Design 2011 サブスクリプション アップグレード

Autodesk 3ds Max Designのサブスクリプション をご契約のお客様は、
2011バージョンを今すぐご利用いただけます。

Autodesk® 3ds Max® Design 2011 アップグレード製品には、新しい Quicksilver ハードウェア レンダラー、FBX ファイル リンクによるAutodesk® Revit® Architectureとの連携機能を持ち、モデルのデザインや作成、アニメーションをよりスピーディーで柔軟にコントロールしながら行うことができます。 作業中の設計の表示をより細かくコントロールするには、ビューポートのテクスチャ マップを参照することができます。

3ds Max Design 2011 の主な機能強化点

より高速で高品質のレンダリング
高速かつ高品質の画像を生み出す革新的な新しいハードウェア レンダラー Quicksilver で、高品質なプリビジュアライゼーションやアニマティクス、およびゲーム関連のマーケティング資料を短時間で作成することができます。 この新しいマルチスレッドのレンダリング エンジンは、CPU と GPU の両方を使用します。アルファおよび Z-バッファ レンダリング要素、被写界深度、モーション ブラー、動的な反射効果、エリア/フォトメトリック/アンビエント オクルージョン/間接光の各ライティング エフェクトに加えて、精度をアダプティブに設定できるシャドウ マップ、シーンの解像度よりも大きいサイズにレンダリングできる機能をサポートしています。

FBX を活用したシンプルなワークフロー
新しい Autodesk FBX ファイルリンクによって、Autodesk Revit Architectureで行った上流工程での設計変更を受け取り、管理することができます。 このインテリジェントなデータ処理により、元のデザインが修正および微調整された場合に発生するデザイン ビジュアライゼーションのリワークをすることなく、込み入った意思決定プロセスをサポートし、コラボレーションによる反復的なワークフローを促進することができます。 デザイナーは新しい読み込みオプションを使用して取り込むマテリアルをグループ化し、複雑なデータ セットの管理を最適化し、単純化することができます。

ビューポート表示の強化
高品質かつインタラクティブな表示環境でシーンを作り出し、微調整することができます。これにより、より適切な設計上の意思決定が可能になります。 ビューポート上でモデルの形状を確認して 3ds Max のテクスチャ マップとマテリアルを動的に適用することができます。


詳細はこちら

Autodesk 3ds Max Design 2011 製品カタログ (pdf - 883Kb)
機能比較(英語) (pdf - 50Kb)
  • How To ガイドを参照
    インストール手順のご紹介
    - サブスクリプション センターへのサインイン
    - アップグレード製品のダウンロード
    - インストールに関するお問い合わせ