オートデスク サブスクリプション

Autodesk Inventor 2011 サブスクリプション アップグレード

Autodesk Inventorのサブスクリプション をご契約のお客様は、2011バージョンを今すぐご利用いただけます。

強化されたビジュアライゼーション機能、リアルタイム シミュレーション環境などの充実した機能を多数搭載した Autodesk® Inventor® 2011 アップグレード製品では、より実用的な設計環境を実現し、設計をより自由かつ、柔軟に進めていくことが可能になります。

Autodesk Inventor 2011 の主な機能強化点

実用的な設計環境
Autodesk Inventor 2011 で新しい実用的な設計環境を実現します。 スケッチを行う際のダイナミック入力は、より自由なスケッチを可能にします。 ダイレクト マニピュレーションによるパーツ モデリングを活用することで、スムーズな設計ワークフローが実現します。 新しい Assemble ツールでは、複数のコンポーネントをよりすばやく正確にスナップできるようになりました。

3D ビジュアライゼーション & コミュニケーション
設計者ではない人に設計図に描かれた意味を明快に理解してもらうためには、理解しやすくビジュアル化することが重要です。 Autodesk Inventor の高度なレンダリング機能を使用すれば、アイデアを効果的に伝達できる、強力なイメージや動画を作成できます。最先端のビジュアライゼーション機能を搭載しているので、レンダリングやアニメーションをすばやく作成し、承認者にアイデアを伝えたり、製造業者に設計内容を説明したり、顧客に説得力のあるプレゼンテーションを行うことができるようになります。

現実の世界をシミュレーション
フレーム ジェネレータと完全に統合されたフレーム構造解析環境が搭載されました。耐荷重構造モデルの性能をすばやく効率的に検証することができます。 新機能のシミュレーション ガイドを使用して荷重、拘束、接触といった条件の定義から、解析の実行から結果の評価を簡単に行うことができます。

  • How To ガイドを参照
    インストール手順のご紹介
    - サブスクリプション センターへのサインイン
    - アップグレード製品のダウンロード
    - インストールに関するお問い合わせ