2010年

オートデスク、SIGGRAPH 2010 で
Autodesk 3ds Max 誕生 20 周年とプレミアム製品スイートを発表

~ CG 市場に大きく貢献した 3 次元モデリング、レンダリング、アニメーションツールが誕生 20 周年さらに値引き率 40% 以上のプレミアム製品スイートを発表 ~

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、社長:鬼澤盛夫)は、本日、映画、ゲーム、テレビ放送などのエンターテインメント業界向け3次元アニメーション ソフトウェア「Autodesk® 3ds Max®」(オートデスク スリーディーエス マックス、以下 3ds Max )が、誕生 20 周年を迎えたと発表しました。

20 年前、オートデスクは、PC 向けに価格帯を抑えた 3 次元モデリング、レンダリング、アニメーションシステムの 3ds Max (当時の名称は『3D Studio DOS』)を発表し、コンピュータ グラフィックス(CG)業界を一新しました。以来、オートデスクはデジタル エンターテインメントとデジタル ビジュアライゼーションの限界を打ち破りながら、ユーザの可能性を高める革新的な機能を提供し続けています。

オートデスクでは、3ds Max の 20 周年を記念して、オンラインの AREA コミュニティサイトに、オンライン デジタル エンターテインメントとビジュアライゼーションのコミュニティ、「3ds Max スペシャルウェブサイト(英語のみ)」を開設しました。このサイトは 3ds Max の歴史、世界中のユーザが手掛けた作品の展示ギャラリー、トリビアゲーム、ユーザが意見を投稿可能なフォーラムが含まれます。
詳細は area.autodesk.com/maxturns20 をご参照下さい。

Autodesk Entertainment Creation Suites Premium を発表

オートデスクはまた、3 次元モデリング、デジタル スカルプティング、テクスチャ ペインティング、アニメーション、特殊効果、レンダリング、コンポジティング向けのツールセット、「Autodesk® Entertainment Creation Suites Premium」(オートデスク エンターテインメント クリエーション スイート プレミアム、以下スイート プレミアム)を発表しました。この製品スイートは、アプリケーション間の連携により相互運用性と効率性を向上させるほか、アーティストのクリエイティブな発想を最新のモデリングとアニメーション技術で実現します。CG制作会社は、スイート プレミアムを用いて、柔軟性に優れた最新のパイプラインを作成できるため、進行中のプロジェクトだけでなく、将来のニーズにも対応させることができます。また、個々の製品を別々に購入した場合と比べ、製品スイートの値引き率は 40% 以上になります。スイート プレミアムには、以下の製品が含まれます。

  • Autodesk® Maya® (オートデスク マヤ)、または Autodesk 3ds Max を選択可能:
    受賞履歴を持つ 3 次元モデリング、アニメーション、レンダリング、コンポジションツール
  • Autodesk® Softimage® (オートデスク ソフトイマージ):
    インタラクティブ クリエイティブ エンバイロメント(ICE)による、より洗練されたエフェクトは、Maya と 3ds Max との相互運用が可能。スイート プレミアムでは、ワンクリックで ICE のエフェクトを Maya や 3ds Max に移送可能。さらに、Autodesk Face Robot® 技術で、より高品質なフェイシャル アニメーションを実現
  • Autodesk® Mudbox™ (オートデスク マッドボックス):
    より緻密なデジタルモデル作成を可能に する3次元 デジタル スカルプティング/テクスチャ ペインティング ソフトウェア
  • Autodesk® MotionBuilder® (オートデスク モーションビルダー):
    リアルタイム インタラクティブ 3D エンジンと高品位なキャラクタ アニメーションを実現
  • Turtle (タートル):
    世界中で使用されている、Maya 用のイルミネーション レンダリングとベイキング プラグインにより、次世代の高品質ゲーム開発を実現(Maya のスイート プレミアムにのみ同梱)
  • Lagoa Multiphysics (ラゴア マルチフィジックス):
    プラスチック、液体、ガス、ソフトボディ、布、泡などのエフェクトを可能にする、Thiago Costa (ティアゴ コスタ)氏により開発された Softimage ICE 向けのマルチ物理演算の高速処理を実現した新しいシミュレーション フレームワーク

【各製品の価格(税込)および出荷開始予定日】

製品名価格(税込)出荷開始予定日
Autodesk® Maya® Entertainment Creation
Suites Premium 製品版
¥997,5002010年10月13日
Autodesk® Maya® Entertainment Creation
Suites Premium サブスクリプション
¥170,1002010年10月13日
Autodesk® Maya® Entertainment Creation
Suites Premium サブスクリプションゴールド
¥294,0002010年10月13日
Autodesk® 3ds Max® Entertainment
Creation Suites Premium 製品版
未定未定

以上


当プレスリリースに関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

◆ 報道関係者問い合わせ窓口
オートデスク プレスデスク 担当:野村/大崎
Email: autodesk@golinharris.com
phone: 03-5427-7361

【関連リンク】
Autodesk 3ds Max 製品情報
Autodesk Entertainment Creation Suites Premium 製品情報
プレス用画像