オートデスク デベロッパーネットワーク(ADN)

Autodesk Inventor

Autodesk Inventor® ソフトウェアでは、特定業種向けのアプリケーションの構築や、生産部門と下流部門のインターフェイス、製造業者用のエンタープライズ アプリケーションなどとの連携において柔軟な開発が行なえるよう様々な開発環境をご用意しています。Autodesk Inventor の一般的な製品情報は、Autodesk Inventor プロダクト センター を参照してください。

Inventor は COM オートメーション・インタフェースを使用して、そのプログラミングインターフェースを公開します。最近の利用可能な Microsoft Visual C++®, VB, Delphi, C# を含む一般的なプログラミング言語のほとんどを使用して、このインタフェースにアクセスすることができます。また、Autodesk Inventor は Microsoft の VBA(世界で最もポピュラーなプログラミング環境)を含んでいます。

コミュニティ


ブログ

ディスカッション フォーラム

オートデスクのソフトウェア エンジニアからのニュース、Tips、内部情報などを入手できます。

Mod the Machine(英語)
ADN Manufacturing DevBlog(英語)
Technology Perspective from Japan

オートデスクのソフトウェア エンジニアによって管理されるディスカッション フォーラムです。

Autodesk Inventor(英語)
Autodesk Inventor Customization(英語)

ショーケース


Autodesk App ストア:
エンドユーザ コミュニティ用に作成されたアプリを利用してInventor のパワーを拡張できます。

Autodesk Forge(英語)
オートデスクのクラウドサービスで利用されている様々な要素テクノロジを、個々に Web サービス API をしてまとめのが Autodesk Forge です。Forge を利用することで、独自の Web アプリや モバイル アプリに、オートデスク テクノロジを簡単に統合することが出来ます。API リファレンス、チュートリアル、GitHub サンプル、サポート、など、Autodesk Forge の詳細は、Forge デベロッパ ポータルをご確認ください。

学習リソース


ドキュメントとサンプル

Inventor と共に提供される Inventor Programming Help を通して、Inventor API について学習することが出来ます。Inventor Programming Help には、概要やオブジェクトや関数の詳細な解説、サンプル プログラムなどが含まれます。API ヘルプには、次に表示される ヘルプ メニューでアクセスできます(英語)。

日本語版 Inventor 2018 API Help

Inventor Programming Help の新機能とユーザ マニュアル部分を翻訳したドキュメントは、こちら からダウンロードしていただくことが出来ます。

DevTV: Inventor プログラミング入門

プログラミング経験の浅い初心者のために、以下の資料は、API で Autodesk Inventor とそれを使う方法のVBA の短い概要を提供し、iPropeties を使用して例を示します。
ダウンロード

ツール


Inventor SDK

Inventor SDK は、Inventor をインストールする際に既定で Inventor と共にインストールされます。Inventor SDK には、Inventor をプログラムする際に使用するサンプル プログラムとツールを含んでいます。SDK は、次の場所の1つにインストールされます。:

  • Win7 - C:\Users\Public\Documents\Autodesk\Inventor <version>\SDK
  • WinXP - <Inventor install folder>\SDK

インストールが完了すると、SDK フォルダは 、DeveloperTools.msi、UserTools.msi と SDK_Readme.htm の 3 つのファイルを持ちます。SDK 情報にアクセスするには、.msi ファイルの 1 つ か両方を、エクスプローラ上でダブルクリックしてインストールしなければなりません。

DeveloperTools.msi

DeveloperTools.msi は、開発者が Inventor API を使用してアプリケーションを作成するのに役立つ追加のサンプル プログラムとツールをインストールします。このコンポーネントをインストールすると、DeveloperTools サブフォルダを含むフォルダが作成されます。このサブフォルダには、さらに以下のサブフォルダが含まれます。

Docs

このフォルダには、さまざまなオブジェクト間の関係を理解するのに役立つ、オブジェクト モデルの図表が含まれます。また、Inventor プログラム用のユーザ インタフェースを作成するときに使用するガイドラインも含まれています。

Include

このフォルダには、主に VC++ で使用するヘッダ(h)ファイルが含まれています。場合によっては、これらのファイルの情報を他の環境で使用できることもあります。

References

このフォルダには、現在は内部的にのみ使用され、レジストリ非依存のアドインではもう使用されていないユーティリティが含まれています。

Samples

このフォルダには、Inventor API へのさまざまなアクセス方法や使用方法を示す比較的大きいプログラムが多数含まれていて、使用言語も何種類かあります。

Tools

このフォルダには、Inventor API を使用するときに便利なユーティリティとなる 2 つのプログラムが含まれています。

1 つは EventWatcher という名前で、特定のイベントを指定して Inventor 内での発生を監視することができます。このツールは、Inventor 内のイベントを使用するプログラムを作成するときに非常に便利です。このツールを使用すると、イベントの動作をより深く理解して、作成するプログラムの中でイベントをよりうまく利用できるようになります。

もう 1 つは ThumbnailView という小さなコンポーネントで、Inventor を介することなく Inventor ドキュメントからサムネイル イメージを取り出すことができます。これらのプログラムの詳細と使用方法を説明した readme とサンプルもあります。

Wizards

このフォルダには、以前存在したウィザード インストーラは含まれなくなり、現在ではウィザードの使用方法を説明した readme だけが含まれています。以前はアドイン ウィザードをインストールする追加手順が必要でしたが、ウィザードは SDK インストーラの一部としてインストールされるようになったため、個別のウィザード インストーラは不要になりました。

インストールされたウィザードは Visual Studio 内から使用され、スケルトン Inventor アドイン プロジェクトを作成します。

UserTools.msi

UserTools.msi ファイルには、いくつかのアドインおよびスタンドアロンの実行可能ファイルが含まれています。いずれも Inventor ユーザの特定のタスクを自動化するのに役立つもので、Inventor 製品自体には含まれていません。このコンポーネントをインストールすると、アドインやスタンドアロンの実行可能ファイルといったツール用のフォルダが作成されます。dll ファイルと exe ファイルがインストールされるため、ソース コードをコンパイルすることなく、すぐにツールを使用することができます。ツールのソース コードもインストールされるため、サンプルとして使用したり、さらに変更を加えてツールの動作を拡張することもできます。

この UserTools.msi に含まれるアドインは、DrawingTools、GeneralTools、DerivedPart_SP、AutoCustomize です。スタンドアロンの実行可能ファイルとしては、ColorSchemeEditor、CopyDesign、PartNumberModifier、UpdateThreadDesignation が含まれています。SDK フォルダには UserTools サブフォルダが作成され、プログラムはここにインストールされます。これらのツールの詳細については、各ツールに関連付けられた個別の ReadMe.txt ファイルを参照してください。

Apprentice

Autodesk Inventor Apprentice は、Inventor ドキュメントに照会アクセスするための、スタンドアロン アプリケーションを持つ無償の COM サーバーです。アクセスには、アセンブリ構造、ソリッド トポロジとジオメトリ(位相情報と幾何情報)に加え、ファイル参照とドキュメント プロパティの照会と編集が含まれます。Apprentice は、Inventor の一部としてインストールされるだけでなく、無償で利用できる Inventor View と共にもインストールされます。Inventor View は、こちら からインストールすることができます。ドキュメント(英語)とサンプルは、Inventor SDK の一部として含まれます。

オブジェクト モデル図

オブジェクト モデル図は、どのオブジェクトが利用できるか理解するうえで非常に役立つだけでなく、必要なオブジェクトをどのような経路で得るか、オブジェクト階層を把握できます。最新バージョンのオブジェクト モデルは、 こちら からダウンロードできます。

Autodesk Inventor Certified Application Program


Autodesk® Inventor™ Suite leads the industry in the breadth, depth, and quality of third-party companion applications. Not only is Autodesk Inventor the best-selling 3D mechanical design software, it’s also the leading platform for providing specialized 3D design functionality. More than 100 Autodesk Inventor Certified applications are currently available, with more coming every day. Become a partner and unlock a new market for your Autodesk Inventor companion products. Partner products bearing the Autodesk Inventor Certified Application logo provide the highest level of interoperability because they use the Autodesk Inventor API (application programming interface) and meet Autodesk’s quality guidelines and testing criteria.

See here for more information about the program.

Porting your application from SolidWorks to Autodesk® Inventor™?


We’ve produced two guides to help those developers already working with SolidWorks, but who also want to support Autodesk Inventor.

Firstly we have the SolidWorks to Inventor migration guide, which highlights the similarities between the two APIs, and provides examples outlining the changes that are likely to be required to move from the SolidWorks over to the Inventor platform. The guide also highlights the key differences between the two products from a developers perspective.

 Solidworks to Autodesk Inventor Guide (zip - 2459Kb)

One of the differences between SolidWorks and Autodesk Inventor lies with the way graphics are manipulated by an AddIn application, so we’ve also produced a second guide that introduces Inventor’s Client Graphics system.

 Client Graphics in Autodesk Inventor (zip - 1624Kb)

If you’re considering migrating your application to Autodesk Inventor, please feel free to contact us if you have any questions or queries.