2012年

オートデスク、製造業向けスイート製品の、
最新バージョン 2013 を発表

~スイート製品とクラウドの連携により、効率化と生産力の向上を促進 ~

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、社長:ルイス・グレスパン)は、製品の開発から市場投入までの設計とビジュアライゼーションのワークフロー効率化を実現すると同時に、クラウド サービスとの相互運用性を高めた、製造業向けの包括的な 3D デザイン エンジニアリング ソフトウェアのスイート製品群の最新バージョンを発表しました。

今回発表された製造業向けのスイート製品群は、Autodesk® Product Design Suite 2013 (オートデスク プロダクト デザイン スイート 2013)と、Autodesk Factory Design Suite 2013 (オートデスク ファクトリー デザイン スイート 2013)で構成されます。これらの新しいスイート製品群は、幅広いクラウド サービスとの連携を通じて、さらに効率的な設計、高品質な製品の短期間かつ低コストでの組み立て・市場投入の実現をサポートします。

米国オートデスク社のデザイン ライフサイクル & シミュレーション部門 上級副社長のロバート・バズ・クロス(Robert “Buzz” Kross)は次のように述べています。「今回新たに発表したスイート製品群は、製品開発から市場投入までに要する投資の早期回収を可能にします。スイート製品群と拡張性のあるクラウド サービスの連携により、製造業者の生産力を高め、先行投資を最小限に抑えられます」

相互運用性と連携機能が強化されたスイート製品群
オートデスクのスイート製品群は、デスクトップとモバイル機器、クラウドとの連携を実現する包括的なワークフローを提供します。このワークフローを通じて、製造業者は製品開発プロセスを通じた設計定義の作成、電気制御設計と機械設計の統合による生産性の向上、製品性能の予測、デザインの可視化、工場レイアウトを、3D モデル上で実現できます。

最新のスイート製品群は、Autodesk 360 のクラウド機能に統合され、より円滑な連携を実現し、設計ドキュメント情報の共有と再利用を促進します。また、製品データ管理ソフトウェアである Autodesk Vault 2013 (オートデスク ボールト 2013)は、関係者間で一元管理された設計情報をもとに、エンジニアリング CAD データの整理、管理、収集が可能になります。

製品設計プロセスを完結する Autodesk Product Design Suite
総合的なソフトウェア ソリューションを提供する Autodesk Product Design Suite は、デザイン、ビジュアライゼーション、シミュレーションの機能を搭載し、統合された製造業向けに最適化されたツールとそれを使用したワークフローにより、デジタル プロトタイプを通じたイノベーションを促進します。

Autodesk Product Design Suite 2013 は、エンジニアリング設計の工程の改善、シミュレーション向けの最先端のクラウド サービス、ソフトウェア間のシームレスな連携をワンクリックで実現する統合的なワークフローの構築を実現します。

今回発表された 3 つのエディションの Autodesk Product Design Suite の主な特長は、以下の通りです。

  • Autodesk Product Design Suite Standard 2013
    (オートデスク プロダクト デザイン スイート スタンダード 2013)

    Autodesk Product Design Suite Standard 2013 は、設計者が、設計アイデアの展開、管理、共有と同時にクリエイティビティを発揮しながら設計作業を進めるために最適な構成となっており、基本的な製品設計のためのエディションです。Standard エディションの構成製品は以下の通りです。

    • AutoCAD® 2013
    • AutoCAD® Mechanical 2013
    • Autodesk® Inventor® 2013
    • Autodesk® Vault Basic 2013
    • Autodesk® Showcase® 2013
    • Autodesk® Sketchbook® Designer 2013

  • Autodesk Product Design Suite Premium 2013
    (オートデスク プロダクト デザイン スイート プレミアム 2013)

    電気制御設計と機械設計を統合し、さらに、進化した製品ビジュアライゼーション ツールを備え、設計コンセプトの表現を最適化しています。Premium エディションには、Standard エディションの全製品に加えて、以下の製品が含まれます。

    • Autodesk® Mudbox® 2013
    • AutoCAD® Electrical 2013
    • Autodesk® 3ds Max® Design 2013
    • Autodesk® Navisworks® Simulate 2013
    • Autodesk® Inventor® with Routed Systems 2013

  • Autodesk Product Design Suite Ultimate 2013
    (オートデスク プロダクト デザイン スイート アルティメット 2013)

    製造前の設計の検証・確認、金型作成作業の自動化、工業デザイン向けの 3D デザインに適用できます。Ultimate エディションには、Autodesk Inventor 2013 を除く Premium エディションの全製品に加えて、以下の製品が含まれます。

    • Autodesk® Inventor® Professional 2013
    • Autodesk® Alias® Design 2013


デジタル プロトタイプを工場レイアウトで実現する Autodesk Factory Design Suite
Autodesk Factory Design Suite は、設計の正確さ、効率性、コミュニケーションを向上させる相互運用性、レイアウト設計を最適化するワークフロー、クラウド上で管理できる工場アセット ライブラリ、強力なビジュアライゼーション ツールが搭載されており、AutoCAD と Autodesk Inventor の機能をさらに強化します。

特に、AutoCAD の 2D 図面によるフロア レイアウトと Inventor による 3D のアセットをスイート内で連携でき、AutoCAD の図面で変更された部分が、すぐさま Inventor の 3D レイアウトに反映され、また同時に、3D レイアウトでの変更点も 2D 図面へ反映されます。このようなスイートを使用した双方向に連動するワークフローにより、簡単な作業で、魅力的な 2D/3D の工場レイアウトを、効率性と正確性を向上させながら作成できます。

新たに発表された Autodesk Factory Design Suite 2013(オートデスク ファクトリー デザイン スイート 2013)は、工場のレイアウトとその最適化を行うためのスイート製品の最新バージョンです。今回発表された 3 つのエディションの Autodesk Factory Design Suite の主な特長は、以下の通りです。

  • Autodesk Factory Design Suite Standard 2013 
    (オートデスク ファクトリー デザイン スイート スタンダード 2013)

    以下の製品で構成された、基本的な2Dによるレイアウト設計のためのエディションです。

    • AutoCAD® 2013
    • AutoCAD® Architecture 2013
    • AutoCAD® Mechanical 2013
    • Autodesk® Showcase® 2013
    • Autodesk® Vault 2013
    • Autodesk® Factory Design Utilities

  • Autodesk Factory Design Suite Premium 2013
    (オートデスク ファクトリー デザイン スイート プレミアム 2013)

    Standard エディションの全製品に加えて、以下の製品が含まれます。

    • Autodesk® 3ds Max® Design 2013
    • Autodesk® Navisworks® Simulate 2013
    • Autodesk® Inventor® 2013

  • Autodesk Factory Design Suite Ultimate 2013
    (オートデスク ファクトリー デザイン スイート アルティメット 2013)

    Autodesk Inventor 2013、Autodesk Navisworks Simulate 2013 を除く Premium エディションの全製品に加えて、以下の製品が含まれます。

    • Autodesk® Navisworks® Manage 2013
    • Autodesk® Inventor® Professional 2013


今回発表した製造向けスイート製品群に合わせて、オートデスクは以下の製造ソリューション設計支援ツールも発表しました。

Autodesk Alias 2013 (オートデスク エイリアス 2013 )
Autodesk Alias 2013 は、Alias Design、Alias Surface、Alias Automotive の 3 製品がラインナップされています。本製品群では、カスタマイズ可能なユーザインターフェースを拡張し、生産性を向上しました。さらに新しいモデリング機能の追加と、数多くの既存ワークフローの改善により、使いやすい環境を実現しています。また、Autodesk Vault との統合によりデザイン データの整理、管理、収集が可能になりました。最上位パッケージの Alias Automotive には Maya が追加され、ポリゴンを利用したコンセプトモデルと高品質レンダリングを作成することができます。
http://www.autodesk.co.jp/alias

Autodesk Inventor Publisher 2013  (オートデスク インベンター パブリッシャー 2013 )
Autodesk Inventor Publisher 2013 は、自社製品を理解しやすくプレゼンテーションし、他社製品との差別化を図ることを支援する、テクニカル ドキュメント作成のためのソフトウェアです。2D および 3D による高度な可視化ツールにより、誰にでも理解しやすいドキュメントを作成することができます。新バージョンの Inventor Publisher 2013 は高速な処理性能、YouTube や Facebook に直接投稿できる新しいビデオ フォーマットに加え、新しいファイル インポート フォーマット、新しいアセンブリ フォーマットでの自動アップデート、Sketchbook Designer との統合など、より相互運用性を高める数多くの機能を追加しています。

Autodesk Vault 2013 (オートデスク ボールト 2013 )
設計データ管理ソフトウェアの Autodesk Vault 2013 は、Vault Workgroup、Vault Collaboration、Vault Professional の 3 製品がラインナップされています。本製品群では、コラボレーションのさらなる向上、Inventor を使用したユーザの作業性を中心としたワークフローの合理化、拡張性とエンタープライズ機能の 3 つのテーマに重点的に取り組んだ結果、より使いやすい使用環境と、より強力な生産性向上を実現しました。
http://www.autodesk.co.jp/vault

【製品の価格(税込)および出荷開始予定日】

製品名およびエディション価格(税込)出荷開始日(予定)
Autodesk Product Design Suite 2013 Standard¥766,500 2012 年 6 月 5 日
Autodesk Product Design Suite 2013 Premium¥997,500 出荷中
Autodesk Product Design Suite 2013 Ultimate¥1,533,000 出荷中
Autodesk Factory Design Suite 2013 Standard¥845,250 出荷中
Autodesk Factory Design Suite 2013 Premium¥997,500 出荷中
Autodesk Factory Design Suite 2013 Ultimate¥1,533,000 2012 年 5 月 8 日
Autodesk Alias Design 2013¥614,2502012 年 5 月 25 日
Autodesk Alias Surface 2013¥3,060,7502012 年 5 月 25 日
Autodesk Alias Automotive 2013¥9,943,5002012 年 5 月 25 日
Autodesk Inventor Publisher 2013¥153,3002012 年 5 月 23 日
Autodesk Vault Workgroup 2013¥153,3002012 年 5 月 21 日
Autodesk Vault Collaboration 2013¥231,0002012 年 6 月 6 日
Autodesk Vault Professional 2013¥309,750出荷中

※オートデスク認定販売パートナー、販売店から購入される場合の価格は、直接パートナーや販売店にお問い合せください。

以上


当プレスリリースに関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

◆ 報道関係者問い合わせ窓口
オートデスク プレスデスク 担当:木下/田坂
Email: autodesk@golinharris.com
Tel: 03-5484-6024