2013年

オートデスク、NAB2013 で
プロ用ビデオ編集ソフトウェア
Autodesk® Smoke® の最新事例を紹介

~編集とエフェクトを統合した使いやすいワークフローで
新規ユーザが増加中、Smoke のユーザコミュニティが拡大~

米国オートデスク社は、昨年2012年に開催されたNAB(National Association of Broadcasters Convention)でプロフェッショナル向けビデオ編集/ビジュアル エフェクト ソフトウェア「Autodesk® Smoke®」の新バージョンを発表し、編集とエフェクトを統合した環境で提供する新機能を紹介しました。これ以来、本ソフトウェアは多くのプロフェッショナルのビデオ編集現場で採用されています。

当社は 2012 年 12 月の発売までの間に本ソフトウェアのトライアル提供を行い、市場の要望に応える形で期間を延長して提供を継続しました。この間、ユーザから詳細に渡るフィードバックを受け、ソフトウェアの開発に反映させ、5 度の改良を重ねました。北米でプレリリース無償体験版をダウンロードしたユーザを対象にした調査では、57% が新規 Smoke ユーザで、39% が当社ソフトウェアの新規ユーザでした。また、13% が当社アニメーション制作ソフトウェアのユーザで、5%は当社の他のソフトウェアの使用経験がある方々でした。

米国オートデスク社でメディア&エンターテインメント事業部の戦略およびマーケティング担当副社長を務めるマーク・ストラスマン(Mark Strassman)は次のように述べています。「YouTube のビュー数は毎分130 万に上ります。* これはとても大きな数字ですが、同時に品質の高い動画への需要が企業向け、放送業界、組織内など、用途に限らず高いのも事実です。Autodesk Smoke の開発においては、コミュニティと強く連携することが重要です。当社は編集者のコミュニティと継続的に協働して、効果的かつ柔軟なプロ用ビデオ編集ツールセットを開発し、高品質コンテンツへの需要に応えます」
(* Sandvine、Global Internet Phenomenon Report:2H 2012)

Autodesk Smoke のエディトリアル ワークフロー内でハイエンド エフェクト ツールセットへアクセスすると、新たな制作手法で表現できます。下記の映像制作会社 3 社は迫力あるショートフィルムを Smoke 2013 で制作しました。その統合されたデスクトップ環境で編集とエフェクトを実現し、ビジョンの実現に貢献したとしています。

イギリスのフリーランス映像制作者であるアンソニー・ブラウンムーア氏(Anthony Brownmoore)は 2012 年 12 月 10 日に次のように Twitter に投稿しました。「ショートフィルムのオンライン版を @autodesk #smoke2013 を使用してたった今完成させました。様々な機能が 2012 年度版から改良されていました!」この投稿から 2 週間後、同氏は Smoke 2013 のライセンス版を購入しました。ビジュアル エフェクトのデザイン、タイトルやクレジットの作成、サウンドの最終調整など、全オンライン編集プロセスを Smoke で制作し、『REP 5091(http://5091.co.uk/ )』 を完成させました。『REP 5091』は野心的でワーカホリックな主人公が、新しい人生を約束する極悪セールスマンの訪問を受ける話です。同氏は次のように述べています。「私は Smoke 2013 を使用して、オンライン編集やビジュアル エフェクトをショートフィルムに適用できるか試したかったのです。RED で撮影したことで、Smoke は 2K レゾリューションの映像をワークフロー内でコンフォーム、フィニッシュするために最適であることが分かりました。2013 バージョンでは、個別の映像を必要に応じて調整することが非常に容易になっています」

ロサンゼルスの映像制作会社 Screaming Death Monkey 社のジェレミー・ハント氏(Jeremy Hunt)は 2012 年 7 月 2 日に次のように Twitter に投稿しました。「‪@autodesk‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬ ‪#smoke2013‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬ は素晴らしい!処理スピードが速く、洗練され、万能なソフトウェアです。新しいリールをカットすることで、基礎を習得できました。http://www.sdmfx.com」。このツイートを機に、当社はハント氏にショートフィルム『Fix It In Post(http://www.youtube.com/watch?v=9Oy_084vmgA)』の制作を依頼しました。これは、ある映像編集者/VFX アーティストの手により一人の男性の人生が編集/改良され、さらに危険にさらされるというストーリーで、YouTube でこれまで 80,000 回再生されています。同氏は 2000 年に『405』という作品を共同制作し、インターネット上で話題になりました。同氏は次のように述べています。「これは夢のようなギグです。Autodesk Smoke は、希望通りの制作を可能にする初めてのソフトウェアです。タイムライン操作、色補正や再合成など、ユーザが必要なものをすべて備えている素晴らしいソフトウェアです。また、それらの変更を加えた直後に再生できます。物語を伝える際、瞬時に変更点を確かめられることは非常に重要です」

映像制作者、ポストプロダクションスペシャリスト兼テクニカルライターの、アレクシス・ヴァン・ハークマン氏(Alexis Van Hurkman)は昨年、カナダのモントリオール クリエイティブ フロント ミーティングに参加し、Smoke のプレゼンテーションをご覧になりました。同氏は現在 Smoke 入門書を執筆しているほか、『The Place Where You Live(http://vimeo.com/63457832)』のポストプロダクションを行っています。この作品は、異次元に存在する物理学の教授を題材とし、エフェクトを多く使用した SF ショートフィルムです。同氏は次のように述べています。「私はビジュアル効果に関する経験が多くありません。しかし、12 分の本作品の編集では、Smoke で現実味のあるエフェクトを素早く作成でき、テストビューアーから有意義なフィードバックを得られました。また、合成を担当したアーティストは、細部の芸術性にまでこだわることができました。これにより制作の効率を非常に高めてくれました。映像制作における課題は、視覚的に物語を伝える方法を見つけ出すことですが、Smoke はそれを可能にしてくれました。素晴らしいストーリーをしっかり伝えることができるツールです」

Smoke コミュニティについて

製品特長やビデオ チュートリアルは以下のリンクでご覧頂けます。
Smoke Product Center(英語):
http://www.autodesk.com/products/smoke/overview
Smoke Community(英語):
http://area.autodesk.com/smoke2013
Smoke Learning Channel(英語):
http://area.autodesk.com/channels/smokehowtos

Smoke Learning Channel(チップス編・日本語):
http://area.autodesk.jp/movie/smoke-2013-tips/01.html
Smoke Learning Channel(基本編・日本語):
http://area.autodesk.jp/movie/smoke-2013/01.html

また、Twitter では「#AutodeskSmoke」をフォローして情報を得られるほか、Facebook でも最新情報を公開しています。

米国サイト:https://www.facebook.com/AutodeskSmoke
日本サイト:http://www.facebook.com/AutodeskSmokeJp


以上


報道関係者問い合わせ窓口

オートデスク 広報 池田
Email: kazuomi.ikeda@autodesk.com
Tel: 03-6221-3513

Autodesk、Smoke は、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。

© 2013 Autodesk, Inc. All rights reserved.