オートデスク デベロッパーネットワーク(ADN)

Autodesk App ストア – AutoCAD と AutoCAD 業種別製品デベロッパ向けの情報

このドキュメントは、無償、試用版、又は有償版のプラグインやその他のコンテンツを Autodesk App ストアに出品する開発者やコンテンツ プロバイダーを対象にしています。Autodesk App ストアに出品する製品作成において、正しい方法と、そしていくつか満たさなければならない条件について解説します。これらのガイドラインは、Autodesk App ストアのユーザがストアから複数の製品をダウンロードする際に、一貫した手順で購入できる事を目的として用意されたものです。

要件


初めてパブリッシャー(出品者)として登録すると、Autodesk App ストアに出品する際の必要条件に関して説明した詳細な一覧が提示します。以下のその一覧の内容を要約するものです。要約内容と異なる場合はオンラインの出品規約が優先されます。

全てのコンテンツの種類

必要となる情報のほとんどは、コンテンツを提出する際に作成して頂く Web フォーム経由で収集することができます。これには、ダウンロードされる御社製品に含まれる HTML ページを自動生成するための情報も含まれています。また、その情報はオンラインで表示させることもできます。その他の条件は次のとおりです。:

  • 製品は AutoCAD® 2018 および AutoCAD 2018 の業種別製品(AutoCAD® Architecture、AutoCAD® Electrical、AutoCAD® Mechanical、AutoCAD® MEP, AutoCAD® Civil 3D®)に関連する製品(あるいは一緒に使用可能)である必要があります。また、32 ビット版と 64 ビット版を含む AutoCAD 2018 製品がサポートする Windows オペレーティングシステム上で実行可能である必要があります。製品が 1 つ、または複数の業種別製品との互換性を示す場合には、それら製品とのテストを実施する責務があります。また、AutoCAD 2017/2016/2015(または、その業種別製品)の互換性を示すこともできます。
  • 製品を提出する際にご提供いただくドキュメントの情報は、ユーザが製品をどのように使用するか簡単に理解するための標準フォーマットの HTML ページを作成する目的で使用されます。なお、この標準 HTML ファイルから、追加情報を参照することも可能です。例えば、Web サイトにポストされている追加のヘルプファイルへのリンクなどが該当します。
  • オートデスクは、貴社が開発する Autodesk App ストア App インストーラを利用していただくことを強くお勧めします。ただし、オートデスクの標準インストーラ テンプレートを使用しない場合や、貴社のインストーラや製品がユーザ権限の昇格(Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10 の標準ユーザ以上の)を必要とする場合には、ストア上に表示される製品の説明の中で、その点を明記していただく必要があります。オートデスクは、標準インストーラ テンプレートとの互換性がない場合には、製品を却下することがあります。
  • 製品は、インストールしてすぐに利用可能な状態である必要があります。ユーザにマニュアル操作でファイルをコピーさせたり、AutoCAD のサポート検索パスを設定させたりしてはいけません。新しく追加された自動ローダー機能(後述)を使用すると、これらを回避することができます。
  • 製品は安定して動作しなければなりません。AutoCAD 上で不適切と思われるような振る舞いを起こしてはなりません。例えば、AutoCAD の標準機能の阻害や他のプラグインの機能の妨害、データ損失を発生させる、などの動作が含まれます。
  • 貴社の製品は AutoCAD のリボンバーに製品の UI 要素を追加する部分 CUIX ファイルを含める必要があります。

スタンドアロン アプリケーションと他のコンテンツ

AutoCAD に統合されない製品に関しては、追加の必要条件はありません。電子書籍、ビデオ チュートリアル、産業に特化した計算ソフトウェアなどがこれに該当します。

ガイドライン


自動ローダー システムの使用

プラグインの配置には、自動ローダー機能を利用することを強くお勧めします。自動ローダーの ‘バンドル’ に必要となるフォーマットの情報は、AutoCAD 2018 のヘルプファイル -> カスタマイズ ガイド -> プログラミング インタフェースの紹介 -> プラグイン アプリケーションをインストール、アンインストールする(または、‘appautoloader’ でヘルプを検索) 項に含まれています。また、"DevTV –Autoloader Format Explained" ビデオでは、.NET API、ObjectARX、LISP プラグインと CUIX の簡単な例を紹介しています。

なお、Autodesk App ストアで現在利用できる無償のプラグインをダウンロードして、それらのフォーマットで学習することもできます。例えば、今月のオートデスク プラグイン(Autodesk Plug-in of the Month)などが参考になります(OffsetInXref、DimensionPatrol または ClipboardManager など)。

ディマンド ロードの使用

ObjectARX や .NET プラグインを AutoCAD 起動時にロードする必要がない場合には、プラグインを必要に応じてロードするようにデザインすることもできます。– 最も一般的なのは、‘コマンド呼び出し時のロード’ です。この作業で、プラグインがインストールされたAutoCAD の起動時のパフォーマンスへの影響を最小化できます。自動ロード システムは、プラグインを構成する様々なコンポーネントのディマンド ロード設定を、とても容易にします。

相互運用ガイドラインに従う

ユーザがインストールする可能性がある他のプラグインと、より良く共存するための多くの方法があります。これらについては、ObjectARX SDK(http://www.objectarx.com/ から無償ダウンロード)に含まれるヘルプファイルの一部の相互運用ガイド(Interoperability Guide)で詳細に説明されています。相互運用ガイドはObjectARX SDK の一部ですが、ここでのガイドラインの大半はすべてのプラグインのタイプに適用することができます。これらのガイドラインを参照せずに、アプリケーションをデザインしてしまった場合でも、心配は無用です。 – これらはガイドラインであって、要件ではありません。しかし、次期プロジェクトをデザインする際や既存のプロジェクトを更新する際には、それらを検討いただくことをお勧めします。

リボンバーの使用

製品をリボンバー要素に追加する部分 CUIX ファイルの使用が必要です。しかし、その方法については、プラグインのデザインに依存することになります。最低でも、プラグインやブロック ライブラリ毎に、プラグインによって定義されるコマンドの呼び出しや、ブロック ライブラリをどう利用するかを説明するヘルプファイルを表示するパネルを、‘プラグイン’ タブに追加しなければなりません。これらのガイドラインとともにポストされている" DevTV – Creating a Partial CUI" ビデオでは、メイン CUIX ファイルに定義されている既存のタブに、どのように部分CUIXファイルを設定してパネルを追加するかを紹介しています。

1つのパネルにインストールするプラグインは、通常、‘プラグイン’ タブにパネルを追加してください。

複数のリボンバー パネルを作成するプラグインは、そのプラグイン固有の新しいタブの作成を選択することもできます(通常、タブ名はプラグインの名前になります)。

部分CUIX ファイルには、メニューバーやツールバーなど、他の UI 要素を追加することもできますが、基準となるリボンバー UI も含めていただく必要があります。

ビデオ チュートリアル


下記のビデオは、このガイドラインのいくつかのトピックの追加情報を提供しています。:

その他の情報


ADN チームは、成功裏に Autodesk App ストアのパブリッシャーになるお手伝いをします。もし、ご質問等があれば、appsubmissions@autodesk.com まで電子メールをお送りください。他のドキュメントは、www.autodesk.com/developapps に記載されています。Autodesk App ストアへの参加をご検討いただきまして、誠にありがとうございます。