オートデスク デベロッパーネットワーク(ADN)

Autodesk App ストア - Autodesk Inventor デベロッパ向けの情報

このドキュメントは、無償、試用版、又は有償版のプラグインやその他のコンテンツを Autodesk App ストアに出品する開発者やコンテンツ プロバイダーを対象にしています。Autodesk App ストアに出品する製品作成において、正しい方法と、そそしていくつか満たさなければならない条件について解説します。これらのガイドラインは、Autodesk App ストアのユーザがストアから複数の製品をダウンロードする際に、一貫した手順で購入できる事を目的として用意されたものです。

要件


初めてパブリッシャー(出品者)として登録すると、Autodesk App ストアに出品する際の必要条件に関して説明した詳細な一覧を提示します以下のその一覧の内容を要約するものです。要約内容と異なる場合はオンラインの出品規約が優先されます。

全てのコンテンツの種類

必要となる情報のほとんどは、コンテンツを提出する際に作成して頂く提出フォーム経由で収集することができます。これには、ダウンロードされる製品に含まれる HTML ページを自動生成するための情報も含まれています。また、その情報はオンラインで表示させることもできます。その他の条件は次のとおりです。:

  • 製品は Autodesk® Inventor® 2018 ソフトウェアに関連する製品(あるいは一緒に使用可能)である必要があります。また、Inventor® 2018 製品がサポートするWindows オペレーティングシステム上で実行可能である必要があります。Inventor 2017/2016/2015 との互換性を示すこともできます。
  • 製品を提出する際にご提供いただくドキュメントの情報は、ユーザが製品をどのように使用するか簡単に理解するための標準フォーマットの HTML ページを作成する目的で使用されます。なお、この標準 HTML ファイルから、追加情報を参照することも可能です。例えば、Web サイトにポストされている追加のヘルプファイルへのリンクなどが該当します。
  • オートデスクは、弊社が作成する Autodesk App ストア App インストーラを利用していただくことを強くお勧めします。ストア アプリの既定のユーザ権限は、Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10 の管理者ユーザです。オートデスクが提供するインストーラは、インストール時にユーザ権限の昇格を必要とします。オートデスクの標準インストーラ テンプレートを使用しない場合や、インストーラや製品がユーザ権限を昇格したくない場合には、ストア上に表示される製品の説明の中で、その点を明記していただく必要があります。製品は、インストールしてすぐに利用可能な状態になる必要があります。ユーザにマニュアル操作でファイルをコピーさせたり、サポート パスを設定させたりしてはいけません。
  • ライセンス システムを使用する場合には、ユーザによるインストール後に、すぐに製品の実行を許可する必要があります。これは、アプリケーションがインスタント アクティベーションをおこなうか(例、オンライン アクティベーション)、猶予期限を迎える前に、アクティベーション作業に十分な “猶予期間” を設定し、その間、完全に機能するようにするかを意味します。
  • 新しいレジストリ非依存のアドイン メカニズムは、自動インストールの手順を大きく簡素化します。
  • 製品は安定して動作しなければなりません。Inventor 上で不適切と思われるような振る舞いを起こしてはなりません。標準機能の阻害や他のプラグインの機能の妨害、データ損失を発生させる、などの動作が含まれます。

アドイン
アドインに必要となる追加要件は:

  • レジストリ非依存のアドイン メカニズムをお使いください。 Inventor ソフトウェアはレジストリ非依存のアドイン メカニズムを導入していて、ストアからダウンロードされたコンテンツの展開に "バンドル" インストーラ テンプレートを使用しています。
  • オートデスクは、このメカニズムを利用するための製品の移植作業のお手伝いができます。
  • アドインは、Inventor のリボンバーに適切なユーザ インタフェース要素を追加しなければなりません。
  • トランスレータ アドインは、Inventor の標準トランスレータ アドイン メカニズムを使用しなければなりません。

DevTV
RegistryFree Inventor Add-ins - Inventor のレジストリ非依存アドインのセットアップ方法と、ストアでの公開用にインストール フォルダを用意する方法を説明しています。

パーツとアセンブリ ライブラリ
コンポーネント ライブラリの追加要件は:

  • ライブラリは、Inventor のリボンバーに適切なユーザ インタフェース要素を追加しなければなりません。リボンバー ユーザ インタフェースは、ライブラリ コンポーネントにアクセスするためか、ライブラリにどうアクセスするか説明するヘルプ ファイルを起動するための、いずれかを提供しなければなりません。
  • ライブラリ(ipt/iam ファイル形式)は、次のフォルダのサブフォルダにインストールされなければなりません。

Windows 7/8/8.1/10: %PUBLIC%\Documents\Autodesk\Inventor (通常 C:\Users\Public\Documents\Autodesk\Inventor)

Windows XP: %ALLUSERSPROFILE%\Documents\Autodesk\Inventor (通常 C:\Documents and Settings\All Users\Documents\Autodesk\Inventor)

繰り返しますが、オートデスクはアプリ用に MSI インストーラを作成して、新しい場所で動作するように、ライブラリを修正するお手伝いが出来ます。その場合には、コンテンツを提供していただくだけで結構です。

スタンドアロン アプリケーションと他のコンテンツ
Inventor に統合されない製品には、ここまで説明した以上の追加要件はありません。それらには、どのような製品が含まれるか疑問に思われるなら、電子書籍、ビデオ チュートリアル、業種に特化した計算機ソフト、クラウド ベース サービスへのコネクタなどを思い浮かべてください。

ガイドライン


レジストリ非依存メカニズムの使用
アドインを添加するためにレジストリ非依存メカニズムを使用されることを強く推奨しています。

また、Autodesk App ストア から、無償で利用できるレジストリ非依存アドインをいくつかダウンロードして、その形式を学習することができます。

リボンバーの使用
アプリケーション用のリボンバー要素の追加が推奨されます。ただし、その方法については、アドインンのデザインに依存することになります。:

  • 最低でも、アドインやコンテンツ ライブラリは、アドインによって定義されるコマンドの呼び出しや、コンテンツ ライブラリの利用方法を説明するヘルプファイルを表示するパネルを、‘アドイン’ タブに追加しなければなりません。
  • 1 つのパネルにインストールするアドインは、通常、‘アドイン’ タブにパネルを追加してください。
  • 複数のリボンバー パネルを作成するアドインは、そのアドイン固有の新しいタブの作成を選択することもできます(通常、タブ名はアドインの名前になります)。
  • 同様に、アドインを介して、メニューバーやツールバーといった他のユーザ インタフェース要素も追加することができます。なお、基本的なリボンバーは必須となります。

遅延ロードの使用

Inventor 起動直後のアドインのロードが必須でない限り、ロードは必要に応じておこなうようデザインしてください。これは、Inventor 起動時のパフォーマンスで、インストールされたアドインのインパクトを最小限に留めるためです。アドイン メカニズムは、アドインのディマンド ロード設定をとても容易にしています。

その他の情報


ADN チームは、成功裏に Autodesk App ストアへのパブリッシャーになるお手伝いをします。もし、ご質問等があれば、appsubmissions@autodesk.com まで電子メールをお送りください。他のドキュメントは、www.autodesk.com/developapps に記載されています。Autodesk App ストアへの参加をご検討いただきまして、誠にありがとうございます。