製造ソリューション

「Autodesk® Subscription」の体系を刷新、
事業環境に合ったサービスをお選びいただけるようにします

オートデスク株式会社は、当社製品のメンテナンス プログラム「Autodesk® Subscription」と、レンタル プラン ライセンス、クラウド サービスを統合して、これらを体系的に提供する新しい「Autodesk Subscription」ブランドとして本日から展開していきます。

当社はこれらのサービスを昨年までに順次導入してきましたが、今後は Autodesk Subscription 全体の中から事業環境に合ったサービスをお選びいただくことで、アプリケーションを最大限に活用しながら設計・制作業務に専念していただけます。

 

Autodesk Subscription の新体系

Maintenance Subscription(メンテナンス サブスクリプション)

  • 技術サポート(内容により3 メニューを用意)
    • Autodesk Enterprise Priority Support
    • Autodesk Advanced Support
    • Autodesk Basic Support
  • Autodesk 360 クラウド サービスの利用
    • ストレージ、コラボレーション、データ閲覧、レンダリング、解析などの機能を提供
  • 最新機能の提供など

 

Desktop Subscription(デスクトップ サブスクリプション)

  • パッケージ製品や一部アプリケーションを「1 カ月」「3 カ月」「1 年」で利用できるレンタル ライセンス。プロジェクトの規模や期間に合わせて弾力的なライセンス運用管理が可能。

 

Cloud Service Subscription(クラウド サービス サブスクリプション)

  • クラウド サービスとして、ストレージ、コラボレーション、データ閲覧、レンダリング、解析などの機能を提供
  • 上記 Maintenance Subscription 契約者向けに、各業界向けクラウド サービスを追加提供

※サービス内容に変更はありません。価格は提供形態や製品により異なります。

以上