製造ソリューション

Autodesk Revit 2016 の新機能および機能改良を
サブスクリプション契約者向けに提供開始

オートデスク株式会社は、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)アプリケーション「Autodesk® Revit® 2016」に新機能追加と機能改良した「Autodesk Revit 2016 R2」を、Maintenance Subscription(メンテナンス サブスクリプション、注 1)または Desktop Subscription(デスクトップ サブスクリプション、注 2)契約者に無料で提供開始しました。これらは Autodesk Subscription センター(http://subscription.autodesk.com)からダウンロードで提供します。(注 3)

今回提供する新機能などは、意匠、構造、設備(機械、電気、配管)などの分野で、これまでユーザから要望のあった項目について、アプリケーションとしての性能向上、機能強化、業務生産性向上を実現しました。Revit 2016 R2 は、Revit 2016 とファイル形式が同じで、完全互換性があります。



手すりのプロパティを表示している例




ビュー範囲の設定を行っている例



フィルタにボイドが表示されている例



パースビューを表示している例

主な新機能と改良した機能

【プラットフォーム機能など】

  • コンピュータの並行プロセスを使用して、ファイルに書き出す際のスピードを向上
  • 画面に表示させるモデルについて、その要素だけを描画させることにより、コンピュータに負荷をかけずに表示スピードを向上
  • 新機能「グローバル パラメータ」を採用。床スラブの厚さを変更して、梁も同時に調整されるように拘束しておくなど、隣接していない要素の寸法調整が可能に。より多くの設計意図を取り込んだモデルの作成により、作業効率を向上
  • ビュー範囲ダイアログの内容を拡張。ダイアログからビューレンジの状態や、ビュー範囲の定義を確認しながら設定することが可能に
  • Revit Linkの設定機能を向上。共同作業を行う「リンク ファイル」について、作業中に不要なファイルとのリンクを解除できるようにして作業効率を向上
  • ファミリ編集時のボイドのフィルタリング機能を向上。フィルタをかけた際に、ソリッドモデルとボイドを分けて表示することが可能に
  • パースビュー機能を向上。カメラショットによるパースビュー内で、「コピー」「ペースト」が可能に

【意匠設計向け】

  • レンダリング機能を強化し、仕上げの品質を4段階で設定可能に
  • 手すりタイプを作成/定義する前に、プレビューで形状を確認し、変更を加えてから配置することが可能に

【設備設計向け】

  • 部屋やスペースを色で区別する「塗りつぶし」をコンピュータのバックグラウンドで処理するように改良。ダクトと配管を大規模モデルに追加する際の処理速度を向上
  • ダクトと配管のモデリング機能を強化。例えば、設計中のある時点で挿入可能なパーツとその用途を表示したり、パーツを配置する際に任意の角度に回転させたりするなどが可能になり、作業効率を向上
  • 電気設計機能を強化し、回路の定格を定義可能に

技術サポート、クラウドサービス、新機能などを提供する保守サービス

期間を選択して利用するライセンス形態

  • Autodesk Revit 2016 R2 は、「Autodesk Building Design Suite Premium」、「Autodesk Building Design Suite Ultimate」、「Autodesk Infrastructure Design Suite Ultimate」の Subscription 契約者に提供されます。
  • 「Autodesk Revit Architecture」、「Autodesk Revit Structure」、「Autodesk Revit MEP」のSubscription 契約者には、それぞれのアプリケーションに対応する Autodesk Revit 2016 R2 が提供されます。
  • 「Autodesk Revit LT™ 2016 R2」は、「Autodesk Revit LT」、「Autodesk AutoCAD Revit LT Suite」の Subscription 契約者に提供されます。

「The Future Of Making Things」 ~創造の未来~ について

近年、新しい技術を利用した製造や建設、消費者の購買行動の変化、イノベーティブな製品を生むコラボレーション環境などが組み合わさって、何かを作る方法が全く新しい方向に転換しています。これにより、世界の産業構造は著しい変化に直面しています。こうした変化に率先して対応するために、当社は「The Future Of Making Things」 ~ものづくりの未来~ という考え方のもと、最新技術を取り入れた幅広いアプリケーションとサービスを提供しています。お客様がこうした市場環境の変化にも対応できるように、当社は将来必要になるデザインとワークフローを業界の先頭に立って提案していきます。

以上

Autodesk、Revit、Revit LT は、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。

© 2015 Autodesk, Inc. All rights reserved.

Autodesk, Revit, Revit LT are registered trademarks of Autodesk, Inc., and/or its subsidiaries and/or affiliates in the USA and/or other countries. All other brand names, product names or trademarks belong to their respective holders. Autodesk reserves the right to alter product and services offerings, and specifications and pricing at any time without notice, and is not responsible for typographical or graphical errors that may appear in this document. © 2015 Autodesk, Inc. All rights reserved.