社会・公共ソリューション

クリエイティブ フィニッシングと 3D アニメーション製品の
最新バージョンを発表

新ツールと機能改良により、イノベーション、生産性、効率を向上

米オートデスク インク(本社:米国カリフォルニア州、社長 兼 CEO:カール バス)は、米国ラスベガスで開催されている NAB Show® 2016 で、ビジュアルエフェクト(VFX)、ポストプロダクション、3D アニメーション ソフトウェアの各最新バージョン「Autodesk® Flame® 2017」製品ファミリー、「Autodesk Maya® 2016 Extension 2」、「Autodesk 3ds Max® 2017」を発表しました。これらの新バージョンでは、クリエイティビティを最大限に発揮できるように、スタジオやアーティストの最新のワークフローに対応するさまざまな新機能が搭載されています。

各ソフトウェアの新バージョン紹介イベントを開催

今回の新バージョン発表に合わせて、3ds Max の新バージョン並びに制作事例をご紹介する「The day of 3ds Max」と、NAB Show 2016 で発表された Flame の新バージョンをご紹介する「Autodesk Post NAB Seminar 2016」を以下の通り開催します。

イベント名

The day of 3ds Max

Autodesk Post NAB Seminar 2016

日時

4 月 27 日(水) 13:30 – 18:45

5 月 26 日(木) 15:00 – 18:00

内容

  • 3ds Max 2017新バージョンデモンストレーション
  • ミンクス株式会社「製品カタログ AR 化開発事例 ~ 2D デザインから 3D モデリングまでのワークフロー~」
  • 株式会社セガゲームス「『ファンタシースターオンライン 2』開発事例」
  • Flame Unleashed ~新しくアクセスしやすくなった
  • Autodesk Flame on Mac のご紹介
  • Autodesk Flame 2017 新機能のご紹介

場所

恵比寿 ザ・ガーデンルーム および ライブストリーミング中継

秋葉原 UDX Theater(シアター)

詳細

http://area.autodesk.jp/maxday

http://area.autodesk.jp/postnab2016

 

「Max Man & Maya Man」スペシャル ムービー公開

オートデスク株式会社では、若い世代に向けて、よりアクセスしやすくなった 3D アニメーションソフトウェアである Autodesk 3ds Max および Autodesk Maya のスペシャル ムービーを 4 月 19 日(火)から公開します。本ムービーは、東京と仙台、ロンドンに拠点を置く、ビジュアル デザインスタジオのワウ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高橋裕士)が両ソフトウェアで制作しました。今後、以下に記すオートデスクの CG、映像に関する情報発信サイト 「AREA JAPAN」内のスペシャルサイトにおいて、ムービー内に登場する 3D メカキャラクターの「Max man」と「Maya man」の 3D データをダウンロードできるようにして、プロが使用するソフトウェアを体験することができます。また、3D プリント用のデータも用意しますので、気軽に 3D モデリングにチャレンジできます。(データ提供は 4 月下旬以降を予定)

Power or Skill

「Max Man & Maya Man」スペシャルWebサイト:
http://area.autodesk.jp/maxman_mayaman/ 

各ソフトウェアの主な新機能
Autodesk Flame 2017:Flame のパワーを解放

新しいツール、カラーと VFX とを連携させたワークフロー、そしてユーザーからの要望に基づく数多くの機能強化により、フィニッシングをさらに高度な水準に引き上げます。

  • Camera FX
    Action 内で洗練された 3D コンポジットを作成するためのシーンベースの FX ツールです。当社ゲームエンジン 「Stingray」のアルゴリズムを使用した、高度なインタラクティビティを備えたエフェクトツールです。操作のスピードを損なうことなく、アンビエント オクルージョン、リアルな反射、被写界深度などを使用できます。
  • カラーと連携したワークフロー
    VFX とカラー グレーディングの一体化を高度なレベルで実現しました。この新しいワークフローでは、「Autodesk Lustre®」のカラー グレーディング情報が Flame のノードベースのコンポジットに直接提供されます。また、その連携がライブで維持されるため、コンポジットを Lustre に即した形でレンダリングし、確認することができます。このワークフローでコンポジティング、VFX、ルックデベロップメントツールの間をスムーズに行き来し、ハイエンドのプロジェクトを短期間で完成できるように支援します。
  • カラーマネジメントの強化
    「Flame」、「Autodesk Flare™」、および「Autodesk Flame Assist」のカラーマネジメント機能の強化により、ソースの色空間を特定/処理するための手段を高速に標準化できるようになりました。
  • ユーザーの要望による機能強化
    デスクトップ リール、コンフォーム、タイムライン ワークフロー、バッチ、メディアパネル、UI を改善しました。

Autodesk Maya 2016 Extension 2:モーション グラフィックスやさまざまな機能の強化

高性能な「Maya 2016」をさらに発展させた「Extension 2」では、3D モーション グラフィックスのための新機能、新しいレンダリング ワークフロー、そしてキャラクターをこれまでよりも高速かつ簡単に作成・描画できる新しいツールが加わりました。

  • 新しいモーション グラフィックス ツール
    プロシージャやノードをベースとした 3D デザイン ワークフローを「Maya」に組み込みました。強力なモーション グラフィックス ツールを「Maya」のクリエイティブ ツールと組み合わせることにより、先進的な UI、表現力豊かなテキスト、有機的なアニメーションの効果など、洗練された独自の 3D モーション グラフィックスを簡単に作成できるようになりました。
  • レンダリング マネジメントの機能強化
    シーンをレンダリング レイヤーに振り分ける作業がより簡単かつ高速になり、優れたコントロールが可能になります。
  • キャラクター作成ワークフロー
    高速な作業を支援するリグの新機能ツールとシェイプ オーサリングの機能強化により、キャラクターの作成、リギング、およびアニメーション関連に必要な作業時間の短縮を支援します。この他、次の機能を強化しました。ポリモデリングとシンメトリ強化の継続、UV 編集、アニメーションのパフォーマンス、リギング、Bifrost ワークフローの改善、XGen の改良、コンテンツ ブラウザ、Bifrost のディープアダプティブ流体シミュレーションと高精度の粘性、および XGen ヘアカード。

Autodesk 3ds Max 2017:クリエイティビティと効率性を強化

クリエイティブな作業に多くの時間を割くことができるよう、「Autodesk 3ds Max 2017」には新しいルックスに加え、モデリング、アニメーション、レンダリングに以下の強化を加えています。

  • 高解像度ディスプレイをサポートする新しい UI
    「3ds Max」を最適な状態で利用できるモニターやノート PC の種類を拡大させ、Windows ディスプレイ スケーリングを正しく適用します。
  • Autodesk Raytracer RendererART
    フォトリアルな画像やビデオの作成を可能にする、高速な物理ベースのレンダラーを新規に搭載しました。
  • 3ds Max アセットライブラリ
    アセットを検索し、それをシーンにドラッグ & ドロップするだけでモデル ライブラリを簡単に利用することができます。Autodesk App Store(https://apps.autodesk.com/)から提供します。
  • その他の機能強化
    高速で作成できるモデリング機能、UV マッピング、オブジェクト ツール、アニメーションの生産性に関する強化、レンダラーから他のレンダラーまたはリアルタイム エンジンに移るためのシーン コンバーター、さらには改良された Python/.NET ツールセットによるパイプラインの緊密な統合を実現しています。

「Autodesk Flame Family 2017」、「Autodesk 3ds Max 2017」、「Autodesk Maya 2016 Extension 2」は、本日から提供を開始します。

米オートデスク社 Media & Entertainment 担当上級副社長 クリス・ブラッドショーのコメント

「クリエイティブ フィニッシングと 3D アニメーション ソリューションで、ユーザー体験をさらに向上させるためにお客様と密接に協力してきた結果、NAB で最新のソフトウェア機能強化を発表することができました。クリエイティブ プロフェッショナルは膨大な課題に直面しています。今回の最新機能は、クリエイターがこれらの課題に正面から取り組み、効率性とクリエイティビティを高めることを支援するため設計されています」

「The Future of Making Things」 ~ 創造の未来~ について

近年、新しい技術を利用した製造や建設、消費者の購買行動の変化、イノベーティブな製品を生むコラボレーション環境などが組み合わさって、何かを作る方法が全く新しい方向に転換しています。これにより、世界の産業構造は著しい変化に直面しています。こうした変化に率先して対応するために、当社は「The Future of Making Things」 ~創造の未来~ という考え方の基、最新技術を取り入れた幅広いアプリケーションとサービスを提供しています。お客様がこうした市場環境の変化にも対応できるように、当社は将来必要になるデザインとワークフローを業界の先頭に立って提案していきます。

以上

Autodesk 、3ds Max 、Flame 、Flare 、Lustre 、Maya は、米国および/またはその他の国々における、Autodesk , Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。

© 2016 Autodesk, Inc. All rights reserved.

Autodesk, 3ds Max, Flame, Flare, Lustre and Maya are registered trademarks or trademarks of Autodesk, Inc., and/or its subsidiaries and/or affiliates in the USA and/or other countries. All other brand names, product names or trademarks belong to their respective holders. Autodesk reserves the right to alter product and services offerings, and specifications and pricing at any time without notice, and is not responsible for typographical or graphical errors that may appear in this document. © 2016 Autodesk, Inc. All rights reserved.