2016 年

米オートデスク、「Arnold」を開発する Solid Angle 社を買収
先進的なレンダリング機能をさらに強化

米オートデスク インク(本社:米国カリフォルニア州、社長 兼 CEO:カール バス)はこのほど、高度なレイトレーシング画像レンダラー「Arnold」を開発する Solid Angle 社を買収しました。「Arnold」は現在、映画、TV、広告向けの高品質な 3D アニメーションとビジュアル エフェクト(VFX)を作成するレンダラーとして、世界各国で利用されています。買収の詳細は非公開です。

「Arnold」は、世界のスタジオ 500 社以上と、独立系クリエイター数千人に使用されているグローバル イルミネーション レンダラーです。これまで「エクス・マキナ」や「オデッセイ」などのアカデミー賞 ® 受賞映画や、「ゲーム・オブ・スローンズ」などのエミー賞受賞 TV ドラマシリーズをはじめ、さまざまな人気映画、TV 番組、コマーシャルに使用されてきました。

Solid Angle 社の開発チームはオートデスクの一部として、ユーザー コミュニティとこれまで通り密接に協力して Arnold の開発を継続します。Arnold は Linux、Mac OS X、Windows 上でのオートデスク製品と Houdini、Katana、Cinema 4D を含むオートデスク以外のアプリケーション向けにスタンドアロンのレンダラーとしてご利用いただけます。Autodesk 3ds Max® と Autodesk Maya® は引き続きサードパーティのレンダラーにも対応します。

Arnold の価格とパッケージングに変更はなく、またオートデスクは引き続き Arnold の永久ライセンスを提供します。Arnold は従来同様 Solid Angle 社の販売代理店からご購入いただけます。

米オートデスク社 Media & Entertainment 担当上級副社長 クリス・ブラッドショーのコメント

「当社は、アーティストがクリエイティビティや生産性を高めることができる有望なテクノロジーを常に追い求めています。3D コンテンツ制作では、効率性に優れたレンダリングの重要性がますます高まってきていますが、Solid Angle 社の買収により、3D コンテンツ制作過程でレンダリングが占める大きな計算負荷を、さらに低減させることが可能になりました。

Solid Angle 社と共に当社製品のレンダリング ワークフローを改善し、またクラウドの可能性を最大限に引き出す新たなレンダリング ソリューションの開発を加速することにより、あらゆるスタジオの制作能力拡大を支援します。オートデスクは Arnold による当社以外のアプリケーションへの対応を約束しています。お客様がどのツールを利用しているかに関わらず、制作パイプライン全体にわたってそのコラボレーション、クリエイティビティ、生産性、効率性を高めることが私たちの目標です」

Solid Angle 社 創立者 マルコス・ファハルド氏のコメント

「オートデスクと当社は、数値的手段や計算パフォーマンスへの熱意と共に、クリエイターが最高品質のビジュアルをより簡単に作成できるよう、レンダリング パイプラインを簡素化するという共通の目標を持っています。今回、ユーザーの要望に応えて開発をさらに加速すると共に、Arnold のマーケティング、営業、およびサポート業務をさらに強化することが可能になりました。そして双方の協業を通じてレンダリングやそれ以外の制作作業における課題を解決していきます」

業績に与える影響について

今回の買収が、2016 年 2 月 25 日に公表した業績予測に与える影響はない予定です。

【免責事項】

本プレスリリースには、リスクと不確定要素が伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。実質的に結果が異なる可能性がある要素は次の通りです。

  • 2016 年 2 月 25 日に公表した業績予測に対する影響
  • 業績
  • 製品やサービス
  • 当社と Solid Angle 社の製品およびサービス、顧客、パートナーへの影響

物理的に異なる結果を引き起こす可能性がある要素は次の通りです。

  • 買収した事業の当社への統合
  • 市場が予測通りに成長するかどうかについて
  • メディアおよびエンターテインメント業界での競合状況、買収への対抗
  • オートデスクと Solid Angle 社の新製品や改良製品の市場における受容度
  • 一般的な市場環境
  • 買収にかかる予測不能な会計上の影響

当社の業績に影響を与える可能性のある潜在的な要因は、会計年度末(2016 年 1 月 31 日)の年次報告書 Form 10-K に記載されており、これらは米国証券取引委員会に提出されています。当社は、将来予想に関する記述の作成日以降に発生した出来事、または生じた状況を反映させる目的で、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。

この内容は米オートデスク インク が 2016 年 4 月 18 日に米国で発表したプレスリリースの翻訳です。

以上

Autodesk 、Maya 、3ds Max は、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。

© 2016 Autodesk, Inc. All rights reserved.

Autodesk, Maya and 3ds Max are registered trademarks or trademarks of Autodesk, Inc., and/or its subsidiaries and/or affiliates in the USA and/or other countries. All other brand names, product names or trademarks belong to their respective holders. Autodesk reserves the right to alter product and services offerings, and specifications and pricing at any time without notice, and is not responsible for typographical or graphical errors that may appear in this document. © 2016 Autodesk, Inc. All rights reserved.