2016 年

 オートデスク、Maya® 新バージョン 2017 などを提供開始

3D アニメーションとモバイルゲーム分野の新機能を
SIGGRAPH 2016 で紹介

米オートデスク インクは、カリフォルニア州アナハイムで開催されている SIGGRAPH 2016 カンファレンスにおいて、3D アニメーション ソフトウェアと 3D ゲームエンジンの新バージョンならびに新機能を発表しましたのでお知らせします。

【3D アニメーション ソフトウェア】

Autodesk® Maya® 2107(新バージョン)

  • Autodesk Maya 2017 に Arnold を搭載し、デフォルトの高機能レンダラとしました。Arnold を使用することで、高品質なレンダリングを短時間で実現できるようになります。
  • Maya 2016 Extension 2 で初めて導入された手続き型ツールセット「MASH」に改善が加えられ、モーション グラフィックスを作成するための新しいノードおよび新機能が搭載されました。これによりユニークなアニメーションおよびモーション エフェクトをすばやく作成できます。
  • UI と 3D テキスト ツールの機能向上により、複雑なモーション グラフィックス、アニメーション、エフェクトの作成をすばやく実行できます。

この他の新機能は以下のサイトをご参照ください。(英語サイト)
      http://www.autodesk.com/maya

Maya 新バージョン紹介イベントを開催

日本では 8 月 4 日(木) に秋葉原 UDX Gallery で新バージョンを使用して Maya を紹介するテクニカルセッションや最新事例を紹介するイベント「The Day of Maya ~ 『キングスグレイブ ファイナルファンタジー15』メイキング! Maya エキスパートによるテクニカルセッション ~」を開催します。概要は以下のサイトをご参照ください。
http://area.autodesk.jp/event/mayaday2017/

Autodesk 3ds Max® 2017(新機能)

  • Autodesk 3ds Max 向けに新しい「MAXtoA」プラグインを開発し、Arnold の強力な機能を利用できるようになりました。このプラグインは以下に記す Solid Angle の Web サイトから提供します。 https://www.solidangle.com/arnold/plugins/(英語サイト)

【モバイルゲーム分野】
Autodesk Maya LT™ 2017(新バージョン)

  • 新しいタイム エディタを搭載し、複雑なキャラクターのアニメーションを効率よく作成できるようになりました。
  • グラフ エディタの UI/UX を改善して作業を効率化するなど、多くの新機能が搭載されました。
  • シェイプ オーサリング ツールを改善し、アニメーションの作成、微調整、修正を詳細にコントロールできるようになりました。
  • ビューポート 2.0 を改善し、非表示オブジェクトを含む、ノードおよびシーンを大量に含むシーンで、選択のパフォーマンスが高速化しています。
  • 頂点の順序を転送および変更できる機能により、さまざまなゲーム制作ツール間でのやり取りが簡単になりました。アセットがパイプラインを移動する際にもデータが失われることがありません。

Autodesk Stingray 1.4 (新バージョン)

  • VR プラットフォーム Oculus Rift SDK v1.3 と SteamVR SDK v0.9.19 に対応します。
  • HTC Vive コントローラー向けの Flow スクリプトを使用することで、より迅速かつ効率的にインタラクティブ性を向上できるようになりました。また、プロトタイプを作成およびテストする作業プロセスを簡略化できるようになりました。
  • WebGL2 をサポートし、WebGL2 対応のブラウザでプロジェクトをテストできるようになりました。
  • Maya LT とのレベルの同期機能を使用すると、シーン全体を直接 Stingray にリンクして書き出すことができます。これにより、ゲームのレベルをビルド、イテレート、レビュー、変更したり、シーンをデザインする方法が簡略化できます。2 つのツールでレイアウトを作成しなおす必要がなくなりました。
  • 複数の Stingray プロジェクト間でのアセット共有を簡単に行えるようになり、コラボレーション作業環境がさらに向上しました。
  • NavMesh の改善により、AI の動作が向上しました。
  • Maya LT から書き出したマテリアルに対して UV のスケール編集や値のオフセットが可能になり、そのまま Stingray で UV タイリングを編集できます。

「The Future of Making Things」 ~ 創造の未来 ~ について

近年、新しい技術を利用した製造や建設、消費者の購買行動の変化、イノベーティブな製品を生むコラボレーション環境などが組み合わさって、何かを作る方法が全く新しい方向に転換しています。これにより、世界の産業構造は著しい変化に直面しています。こうした変化に率先して対応するために、当社は「The Future of Making Things」 ~ 創造の未来 ~ という考え方の基、最新技術を取り入れた幅広いアプリケーションとサービスを提供しています。お客様がこうした市場環境の変化にも対応できるように、当社は将来必要になるデザインとワークフローを業界の先頭に立って提案していきます。

以上

Autodesk、3ds Max、Maya、Maya LT は、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。

© 2016 Autodesk, Inc. All rights reserved.

Autodesk, 3ds Max Maya and Maya LT are registered trademark of Autodesk, Inc., and/or its subsidiaries and/or affiliates in the USA and/or other countries. All other brand names, product names or trademarks belong to their respective holders. Autodesk reserves the right to alter product and services offerings, and specifications and pricing at any time without notice, and is not responsible for typographical or graphical errors that may appear in this document. © 2016 Autodesk, Inc. All rights reserved.