2016 年

Fusion 360 新機能
ブラウザ版、ECAD、ジェネレーティブ・デザインなどを追加

オートデスク インクは、クラウド ベース3D CAD/CAM/CAE 「Autodesk Fusion 360」に今後数カ月のうちに、ブラウザ版、ジェネレーティブ・デザイン、プリント基板設計、板金設計などの機能を新規に提供する予定です。

  • ブラウザ版:ブラウザでのモデリング機能提供により、コンセプトデザインから CAM、解析まで、場所、時間、デバイスに関係なく、設計データやプロジェクト作業内容にアクセスできるようになります。
  • プリント基板設計:さまざまな種類のプリント基板(PCB)ファイルをクラウド経由で選択して、設計に組み込めるようになります。人気の高い基板の 3D データはクラウド上のライブラリに順次追加されていきます。
  • ジェネレーティブ・デザイン:設計目標や基準(重量、寸法、コスト)などを入力し、これを満たした設計データを生成させる機能が段階的に Fusion 360 に追加されます。形状最適化、ラティス構造が追加されることで、設計最適化における最先端の技術が利用できるようになり、設計を検討する幅が広がります。
  • 板金設計:Fusion 360 のコミュニティから強い要望がありました。フランジ加工、フラットパターン、曲げ加工を行えるようになります。

2016 年 11 月 9 日から提供された新機能

  • 5 軸、4 軸 CAM に新たに対応(2.5 軸、3 軸、4 軸、割出 5 軸に加えて)
  • 複数の荷重案件、座屈解析、形状最適化(解析エンジンを当社 Nastran に変更)
    (これらの計算はクラウドで実行)

「The Future Of Making Things」~ものづくりの未来~ について

近年、新しい技術を利用した製造や建設、消費者の購買行動の変化、イノベーティブな製品を生むコラボレーション環境などが組み合わさって、何かを作る方法が全く新しい方向に転換しています。これにより、世界の産業構造は著しい変化に直面しています。こうした変化に率先して対応するために、当社は「The Future Of Making Things」 ~ものづくりの未来~ という考え方のもと、最新技術を取り入れた幅広いアプリケーションとサービスを提供しています。お客様がこうした市場環境の変化にも対応できるように、当社は将来必要になるデザインとワークフローを業界の先頭に立って提案していきます。

以上

Autodesk、Inventor、Fusion 360は、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。© 2016 Autodesk, Inc. All rights reserved.

Autodesk, Inventor and Fusion 360 are registered trademarks of Autodesk, Inc., and/or its subsidiaries and/or affiliates in the USA and/or other countries. All other brand names, product names or trademarks belong to their respective holders. Autodesk reserves the right to alter product and services offerings, and specifications and pricing at any time without notice, and is not responsible for typographical or graphical errors that may appear in this document. © 2016 Autodesk, Inc. All rights reserved.