オートデスク デベロッパーネットワーク(ADN)

AutoCAD OEM 開発インタフェース

AutoCAD® OEM CAD 開発プラットフォームは、次のようなプログラミング環境をサポートしています。

AutoCAD OEM の ObjectARX
ObjectARX® プログラミング環境は、AutoCAD® OEM をカスタマイズしたり拡張するためのオブジェクト指向な C++ API を提供します。ObjectARX は、AutoCAD OEM の内部オブジェクト、データベース構造、グラフィックス システム、コマンド登録や処理に直接アクセスする、高いパフォーマンスと、統合機能を提供します。

AutoCAD OEM の Visual LISP
開発とデバッグのため、Visual LISP® 環境を AutoCAD OEM の LISP 統合開発環境(IDE) に組み込んでいます。

Microsoft .NET Framework プログラミング サポート
AutoCAD OEM テクノロジは、Microsoft® .NET Framework を利用して、Visual Basic® .NET や C# のような言語でプログラムを記述できる、マネージ ラッパー クラスを提供します。

ObjectARX マネージ ラッパー クラスは、洗練された選択機能、ドラッグメカニズム(Jig)、プロンプト表示のサポート、以前は C++ のリアクタでしか利用できなかった完全なイベント処理を含んでいます。また、アプリケーション オブジェクト モデルは、アプリケーション、ドキュメント、エディタ、と AutoCAD のウィンドウ オブジェクトにアクセスする、便利で容易に判別可能な名前空間を提供します。さらに、.NET アプリケーションでは、簡単にドッキング可能なパレットを作成したり、既存ダイアログへタブを追加することもできます。ジオメトリ ライブラリでは、2D 曲線を含み、外部参照へのサポートが追加されています。

詳細については、テックソフト 3D (japan_sales@techsoft3d.com) にコンタクトしてください。