教育機関・学生向け製品案内

千葉工業大学

オートデスク教育機関限定サイトライセンス導入の目的

本学ではもともと、学生が卒業後に実践的に役立つようにマーケットシェアの高い製品を活用した授業を実施したいということで、オートデスク製品を使用してきました。演習室のコンピュータのリプレースの際にも、その点を第一の目的にオートデスク製品を選定しました。

オートデスク教育機関限定サイトライセンスを選んだ理由

本学は機械系学科、建築系学科を設置しているので、機械系のAutodesk Inventorや建築系のRevit、あるいは汎用製品のAutoCADなどを網羅している「オートデスク教育機関限定サイトライセンス」は、教育、価格の観点からもとても画期的なライセンス形態です。また、学科専用のコンピュータ演習室ではなく、全学共通で使用しているので、時間よっては授業等で使えないことがありますので、ライセンス持ち出し機能で学生が自分のパソコンにインストールして演習課題を行えることもメリットです。

オートデスク教育機関限定サイトライセンスの導入の効果

機械系学科の学生も建築系学科の学生も、卒業後に実践的に使用できる製品の、しかも最新版を常に自由に授業の内外で活用できるようになりました。特にライセンス持ち出し機能を利用して、ネットワークにつながっていない研究室のPCや学生自身のコンピュータへもインストールが可能になり、演習室が使えない他の授業中や課題制作などでも使えるようになりました。

今後の展開

学内にライセンスサーバを設置し研究室からの利用を促進するなど、より幅広く活用することを計画しています。