Autodesk DWG TrueView

DWG に特化したソフトウェア

DWG ビューア(無償)
Autodesk® DWG TrueView™ は、DWG TrueConvert™ を搭載した、無償*かつスタンドアロン タイプの DWG ビューアで、DWG の各種ファイルを表示することができます。AutoCAD® と同じ表示エンジンを基盤にしているため、DWG ファイルや DXF™ ファイルを、AutoCAD で表示する場合と同じように正確に表示できます。無償* の Autodesk® Design Review をインストールすれば、CADソフトウェアを使用することなく、DWG ファイルやオートデスクの 2D および 3D 設計ファイルの閲覧、印刷、変更追跡機能を利用できます。2010 バー
ジョンの AutoCAD ベースの製品より PDF(PortableDocument Format)形式を出力できるようになりました。DWG から PDF 形式への変換が大幅に簡単になりました。

DWG TrueView をダウンロード

DWG 閲覧、編集、共有用の無償の Web およびモバイル アプリ
無償*の AutoCAD® WS ウェブおよびモバイル アプリ
ケーションを使用すると、ウェブ ブラウザやモバイル機器で DWG ファイルを共有、編集、表示することができます。これがあれば、自由に、どこででも、誰とでも、共同で設計作業をすることができます。AutoCAD 図面やプロジェクト ファイルを、簡単にアクセスできるオンラインのワークスペースに保存したり、オンラインまたはモバイル機器で設計内容を閲覧または編集できます。関係者との共有やコラボレーションもとても簡単です。特別なソフト
ウェアは必要ありません。

AutoCAD WS を利用するには

 


DWG の定義


オートデスクの DWG™ は 、異なりながらも関連した 2 つの事柄を意味しています。まず、広く使用されている
オートデスク ソフトウェア製品に搭載される強力なテクノロジー環境を意味します。DWG テクノロジーは、成形、レンダリング、作図、注釈記入、計測などの機能を実現します。また、DWG は設計や図形データ、地図、写真など、ユーザが作成するあらゆる情報を保存するネイティブな AutoCAD データ ファイル形式です。

オートデスクは、1982 年、AutoCAD の最初のバージョンとともに DWG を開発しました。DWG は依然 AutoCAD との関連性が強い技術ですが、AutoCAD ベースの製品、AutoCAD Design SuiteAutodesk RevitAutodesk Inventor など、当社の多くの製品に組み込まれています。DWG ファイルは多くの設計業界で流通しているので、世界で最も利用されているデザイン データ形式といえます。

 


TrustedDWG とは?


オートデスクが開発した TrustedDWG™ テクノロジーは、AutoCAD® や AutoCAD ベースの製品の中核を成すファイル形式であり、AutoCAD や AutoCAD ベースの製品で作成したデザイン データを保存するための効率的かつ正確で信頼できる手段です。オートデスク ソフトウェアに搭載された TrustedDWG 機能は、オートデスクまたは RealDWG™ ライセンス許諾製品で保存されていない DWG ファイルを特定できます。ユーザは、開こうとしている DWG ファイルがオートデスク製品または RealDWG™ ライセンス許諾製品以外のアプリケーションで保存された場合に通知を受けるように設定できます。この通知システムにより、オートデスクがサポートできないファイルや DWG ファイルの整合性や互換性を保証できないファイルを特定します。


* 無償製品には、ダウンロードされるソフトウェアに同梱されている使用許諾およびサービス契約の条件が適用されます。