home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Asius Technologies 社

ロックへの
情熱が生んだ
インイヤーの
技術革命

米国テネシー州ナッシュビル、1965 年。幼くしてすでにプロのミュージシャンとして活躍していた Stephen Ambrose 少年は、13 歳のとき、パテやラジオの部品を使って、耳の穴に入れて音楽を聴くデバイスを作りました。それはクラシック音楽家だった父親から禁止されていたロック ミュージックを、こっそり聴くためでした。その後彼は、インイヤー モニタリングの技術を発明するに至ります。今日のカナル型イヤホンの前身となるものです。

ただ、カナル型イヤホンの使用で、聴力が低下するという問題がありました。その問題を解決すべく、Ambrose 氏と Asius Technologies 社は今、新たなサウンド革命を起こしつつあります。

このページをシェアする

Image of earbuds and in-ear monitors

Ambrose 氏が発明したインイヤー モニタリングの技術は、あらゆるスペクトルを高音質で再生するハイファイ サウンドをもたらしました。今となっては、この方式を採用しないライブ演奏や音響チェックはほとんどありません。まさに地球規模で音楽を聴く方法を変えたのです。

しかし Ambrose 氏は、思いもよらない問題に直面しました。彼が創り出した革命の産物、カナル型イヤホンにより

聴力低下が、
77% も増加して
しまったのです。

Animation of headphone jacks Animation of headphone jacks

耳の中の迷宮

Diagram of an earbud sealing up the ear canalDiagram of an earbud sealing up the ear canal

Ambrose 氏は聴力低下の問題に頭を悩ませました。そしてこの問題に取り組むべく、Asius Technologies 社を設立し、アメリカ国立科学財団の助成も得ることができました。そして彼は、問題解決の糸口が人間の耳の中にあることを発見したのです。

  • カナル型イヤホンは外耳道を密閉し、サウンドを空気の振動によって鼓膜に伝えます。

  • 密閉により高い空気圧が鼓膜にかかると、鼓膜は自らを守るために強く緊張します。

  • 緊張により、鼓膜が疲労するとともに、聞こえる音の質も低下します。

  • そのためリスナーは音楽のボリュームをあげます。すると鼓膜はますます緊張し、疲労します。まさに悪循環といえます。

解決策は、
鼓膜をもうひとつ
組み込むだけ

 

この発見は、Ambrose 氏率いるチームを新たなアイデアへと導きます。Ambrose 氏は、ボリューム増大と聴力低下の悪循環を断ち切るソリューションを考案。カナル型イヤホンの中に、第二の合成鼓膜を組み込むという解決策を生み出したのです。この合成鼓膜の働きは以下のとおりです。

1.

Diagram of Asius’s earbuds with synthetic eardrum

カナル型イヤホンは外耳道を密閉して、サウンドを空気の振動に変えます。 

2.

Diagram of Asius’s earbuds with synthetic eardrum

カナル型イヤホンのなかに合成鼓膜を組み込んで、空気の圧力を吸収させます。 

3.

Diagram of Asius’s earbuds with synthetic eardrum

リスナーの鼓膜は、もう緊張も疲労もしません。 

4.

Diagram of Asius’s earbuds with synthetic eardrum

ボリュームを上げずに済むので、鼓膜をリラックスした状態に保つことができます。 

合成鼓膜のメリットは、聴力低下を防ぐことができるだけではありません。鼓膜がリラックスしていると、音質はぐっと高まり、ボリュームを上げなくても音は聞こえるのです。

Asius社 の新しいカナル型イヤホンなら、音楽がすみずみまでクリアーに聴こえます。 

Earbuds seal up the ear canal, turning sound into pneumatic pressure.
The synthetic eardrum embedded in the earbud absorbs the pneumatic pressure.
Your eardrum no longer tightens up and gets worn out.
You keep the volume lower and your eardrums stay relaxed.

ひらめきと飛躍

この新しいカナル型イヤホンのアイデアはどうして思いついたのかという質問に対して、Ambrose 氏は開発当初のインイヤー モニターに思いを馳せます。「Stevie Wonder のツアーには、道具をいっぱいに詰め込んだバッグを 21 個も抱えて同行していました。コンサート中にどんなことが起きても必ず対処し、イヤー モニターを微調整しながら音質を改善したのです」

今、Ambrose 氏とチームの仲間たちは、設計案の機械的特性をすばやくシミュレートするために、専門のソフトウェアと 3D プリンタを活用しています。0.5 マイクロメートルの単位でさまざまな箇所の素材を削り、極小レベルの微調整による効果を測定しています。必要なツールがまだ存在しないのなら、「私たちがこの素晴らしいソフトウェアを使って独自のツールを創り出します」と語ります。

プロトタイプから設計まで、かつては 1 ヶ月もかかっていたのに、今ではたったの 30 分でできるのです。 

スライドショーの再生

Stephen Ambrose 氏の 30 歳の誕生日を祝う Stevie Wonder 氏と友人たち、そして Ambrose 氏本人。

(左から順に) Ambrose 氏が 13 歳のときに作成したオリジナルのカナル型イヤホンのレプリカ、1970 年代に作成したカナル型イヤホンの金属部品、1980 年代に作成したカナル型イヤホンの金属部品。

ラボで仕事をしている Ambrose 氏。

ADEL Ambient カナル型イヤホンのモデル。

ADEL Control カナル型イヤホンのモデル。

Asius 社の合成鼓膜。

製品のプロトタイプ。「プロトタイプから設計まで、かつては 1 ヶ月もかかっていたのに、今ではたったの 30 分でできるのです」

ADEL Control カナル型イヤホンの最終レンダリング

ADEL Control カナル型イヤホン

ADEL Ambient カナル型イヤホンの最終レンダリング

ADEL Ambient カナル型イヤホン

サウンドの未来

Asius 社のチームは、カナル型イヤホンによる聴力低下の問題の解決策を模索する中で、サウンドからエネルギーを得る新しい方法を発見しました。

直径およそ 300 マイクロメートルの小さな穴がひとつ開いた箱のなかにサウンドを注ぎ入れると、その穴から噴流が生じるのです。この噴流を活用する手立てがきっとあるはずです。実際、Asius 社は飛行機の動力として十分なエネルギーをこのデバイスから獲得することに成功しました。チームはこれを「改良シンセティック ジェット」と呼んでいます。

これは、Ambrose 氏が思い描く未来図のほんの一端にすぎません。彼は信じています。いつか、心臓の鼓動音をペースメーカーの動力源として活用できるようになることを。また、車のマフラーから採取された音でキャブレターに酸素を供給できることを。 

解決へとつながる
「音」に耳を澄ます

Ambrose 氏は知っています。成功にたどり着くまでの道のりには、すべてを疑ってかかる人たちが待ち受けていることを。彼は当然この困難に取り組まなければなりません。しかし、それは決意をさらに強くするだけのことであって、決してマイナスになることはありません。実際、彼のインイヤー モニターは、私たちが今日知っているイヤホンの先駆けとなったのです。

「価値があることをしようとする時、妨害はつきものです」と彼は言います。「『ずいぶん高くつきますよ』とか、『こんなもの一体誰が使うのですか?』といった言葉に惑わされてはいけないのです」

ご存じですか? あなたのアイデアは、未来へ向かって飛翔する可能性があるのです。

Asius Technologies 社が開発に使用したオートデスク製品はこちら

 
 

このページをシェアする