home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

OpenSubdiv のサポート

Pixar 社によってオープン ソース化された OpenSubdiv ライブラリを使って、サブディビジョン サーフェスを表現できるようになりました。

このライブラリには Microsoft Research 社のテクノロジも組み込まれており、CPU と GPU の並列アーキテクチャの両方を活用できるように設計されています。 

メッシュのサブディビジョンのレベルが高くても、ビューポート内のパフォーマンスが高速になります。

  • モデルを編集またはポーズしているときにも、その効果を確認できます。品質を犠牲にすることなく効率性を高めます。
  • 効率的なスムーズ サーフェス表現により、モデルのアニメーションを制作する際の当て推量の必要性を減らし、制作時間を短縮できます。
  • CreaseSet モディファイヤと折り目エクスプローラを使った効率的な折り目モデリング ワークフローを活用することにより、複雑なトポロジを短時間で作成できます。
  • FBX アセット交換テクノロジを使用することによって、OpenSubdiv をサポートする特定の製品とのモデル データのやり取りが容易に行えるため、一貫性のある外観を保持できます。
OpenSubdiv のサポート: 複雑なトポロジの作成