Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

立体視カメラ

立体視カメラ機能を使うことにより、立体視カメラ リグを作成して、より魅力的なエンターテインメント コンテンツやデザイン ビジュアライゼーションを作成することができます。

注: 立体視カメラ機能は、Autodesk Exchange アプリケーション ストアからご購入いただけます(apps.exchange.autodesk.com(英語))。英語版のみのご提供です。

  • Nitrous ビューポートでは左目、右目、中央、アナグリフ表示モードのビューから選択できます。
  • シーン内の 3D ボリュームを利用しながら、有効な立体視ゾーンを調整することができます。 
  • パッシブまたはアクティブな立体視表示が利用できます。

注: 立体視表示を行うには、AMD FirePro グラフィックス カードおよびサポートされている HD3D Active Stereo モニタまたはそれと同等の機器が必要です。