アップグレード版の
販売終了まで、あとわずか

2015 年 1 月 31 日をもって、アップグレード価格オプションは、 終了します。アップグレードはお早目に。

閉じる

購入するには

AutoCAD Architecture

788,400 円 (メーカー希望小売価格※)

  • 建築家向けバージョンの AutoCAD を使用
  • より効率良く設計、ドキュメント化、作図を実現
  • 使用可能な言語:チェコ語、ドイツ語、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポーランド語、ロシア語、韓国語、日本語、簡体中国語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)


アップグレード版の販売終了まで、あとわずか

2015 年 1 月 31 日をもって、アップグレード版の販売が終了します
詳細はこちら

 

※希望小売価格は、日本における当該製品またはサービスに対するオートデスクのメーカー希望小売価格(税込)を示します。希望小売価格にインストール費は含まれません。オートデスク認定販売パートナー、販売店の販売価格はオートデスク認定販売パートナーおよび販売店が決定します。希望小売価格は参考値としてご参照ください。その他の諸条件が適用される場合もあります。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。

学生向け無償ソフトウェア

本ソフトウェアの 3 年間の無償ライセンスをダウンロードしてください。
Education Community にアクセス
(英語)

新しくなって新登場

AutoCAD 2015 最新版でもっとリアルに  
詳細はこちら


Autodesk Subscription(サブスクリプション)

Subscription は、オートデスクの最新ソフトウェアとサービスを利用する柔軟な方法を提供します(製品により提供される サービスの内容は異なります)。

  • Maintenance Subscription(メンテナンス サブスクリプション、従来の Autodesk Subscription)
    Maintenance Subscription は、コスト効率よく、ソフトウェアやサービスを最新の状態に保ち、オートデスク 製品への長期投資を最大化できます。オートデスクの最新テクノロジーをいつでも利用できるうえ、Autodesk® 360 クラウド サービス、強化された技術サポート、柔軟なライセンス運用の特典を活用できます。
  • Desktop Subscription(デスクトップ サブスクリプション、従来のレンタルライセンス)
    Desktop Subscription は、製品の利用期間に応じて、お支払いができます。1 ヵ月、3 ヵ月、12 ヵ月の利用期間からお客様の業務に適したプランを選択し、オートデスクの Suite 製品をお使いいただけます。製品によっては提供されない場合もございます。
  • Cloud Service Subscription(クラウド サービス サブスクリプション)
    Cloud Service Subscription を通して、お客様は作業プロセスに画期的な効果を得ることができます。作業する場を個人のデスクトップからクラウドに拡張することで、コラボレーションの単純化とワークフローの効率化、および高い生産性を実現できます。クラウド コンピューティングの高度な演算機能によって、ビジュアライゼーションやシミュレーションの処理時間を大幅に短縮できます。
    Autodesk クラウド サービスについての詳細はこちらをご覧ください。

サポート サービス

オートデスクのサポートサービスは、サポート ニーズに対応し、業績向上を支援し、予算に適合できるよう柔軟に設計されています。


オートデスク コンサルティング

オートデスク コンサルティングは、ワールドクラスのコンサルティング サービスです。様々な業種の有力企業がこのサービスを利用してオートデスクのテクノロジーを導入し、その価値を実感しています。


オートデスク製品およびサービスは、販売されるのではなく、使用を許諾されます。オートデスク製品およびサービスのインストール、アクセス、その他の使用に関する権利は、該当する製品またはサービス契約においてオートデスクによって明示的に許諾された権利に限定されます。契約で別途規定されていない限り、譲渡することはできません。製品および言語や地域によっては、ご利用いただけない特典および購入オプションもあります。

無償のオートデスク ソフトウェア ライセンスおよび/またはクラウド サービスの使用にあたっては、ソフトウェアまたはクラウド サービスに添付されるソフトウェア使用許諾契約またはサービス利用規約の使用条件を承諾および順守いただく必要があります。