home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

強化された断面図と立面図

[ライブ断面図を編集]コマンドを使用して、トップレベルの外郭参照内のオブジェクトを選択できるようになりました。2D 断面図と立面図の結果を取得する新しいプロパティ設定により、図面を開くたびにその図面の結果が自動的に更新されるようになりました。さらに、グリップが断面線分に追加されたため、断面線分を編集できるようになりました。

ダイアログ ボックスを頻繁に使用することなく、2D 断面図の作成や更新を行うことができるようになりました。断面図を作成するには、断面線分を描きます。すると AutoCAD Architecture によって、断面線分の領域内にあるオブジェクトを自動的に取り込んだ 2D 断面図が作成されます。より正確にコントロールするには、オブジェクトの追加や除外を行います。