home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

モデル解析

すでに構築したモデルを解析することで、ワークフローの冗長性を最小限に抑えることができます。 設計を改良しながら、リアルタイムでフィードバックを得ることができます。 勾配、標高、等高線解析を使用して、サーフェス モデルをより深く理解することができます。 施工会社やエンジニアは、マス カーブ機能と土量機能を使用して、施工中の材料の移動、量、配置を計画することができます。

設計の変更に応じてすばやく土積図を作成し、以下の処理を行うことができます。

  • 切土と盛土の平衡点の位置を解析
  • 移動する材料の数量および方向を測定
  • 土取場と投棄場所を特定

土工に加え、図面のオブジェクトの支払項目割り当てに使用するカスタマイズ可能な支払項目リストを読み込めます。 支払項目の割り当てに基づいて、自動的に数量を計算してレポートを生成できます。

概要の積算レポートを生成