Asset 12 Asset 10 Asset 11 autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

モデル解析

すでに構築したモデルを解析することで、ワークフローの冗長性を最小限に抑えることができます。 デザインを改良しながら、リアルタイムでフィードバックを得ることができます。 勾配、標高、等高線解析を使用して、サーフェス モデルをより深く理解することができます。 施工会社やエンジニアは、マス カーブ機能と土量機能を使用して、施工中のマテリアルの移動、量、配置を計画することができます。

設計の変更に応じてすばやく土積図を作成し、以下の処理を行うことができます。

  • 切土と盛土の平衡点の位置を解析
  • 移動する材料の数量および方向を測定
  • 土取場と投棄場所を特定できます。

土工に加え、図面のオブジェクトの支払項目割り当てに使用するカスタマイズ可能な支払項目リストを読み込めます。 支払項目の割り当てに基づいて、自動的に数量を計算してレポートを生成できます。

概要の積算レポートを生成