機能

2D CAD ソフトウェアでドキュメント作成をスピードアップ

AutoCAD LT® では、2D 図面を作成することができます。AutoCAD LT の機能には、豊富な設計コンテキストに加え、印象的なビジュアル効果、スマート寸法記入、強化された PDF などのスマートなツールが含まれています。

ページ ビュー:

    機能

  • 印象的なビジュアル効果 新機能

    ラインのフェードなどの表示機能の強化により、設計の詳細をより明確に確認することができます。線分セグメントではなく忠実な曲線で表示できるようになり、可読性が向上します。コマンドを実行する前に結果を確認できるコマンド プレビューを使用して、元に戻す操作の回数を最小限に抑えることができます。サイズの大きな選択セットの移動やコピーをより簡単に行うことができます。

  • 強化された PDF 新機能

    よりスマートで機能性の高い、サイズの小さなファイルを使用してドキュメントを作成することができます。すべての文字を検索することができ、図面に PDF ファイルを添付してパフォーマンスを向上させることができます。

  • スマート寸法記入 新機能

    図面のコンテキストに基づいて適切な測定値を自動的に作成します。選択したオブジェクトにカーソルを移動して、作成する前に、寸法の結果のプレビューを確認することができます。

  • システム変数モニタ 新機能

    システム設定の不要な変更を防ぎます。この機能により、作図作業に影響する可能性のある設定変更に対する警告が表示されます。 

  • 改訂雲マーク(強化)

    改訂雲マークをより柔軟に作成し、簡単に修正することができます。図面上で最新の変更の周囲に改訂バブルを作成し、更新内容をすばやく確認できます。改訂雲マークが矩形状、ポリゴン状、フリーハンドであっても、グリップを使用して効率的にサイズや形状を編集できるようになりました。

  • [スタート]ページ

    新しい図面や既存の図面をすばやく開き、プロジェクトの開始に役立つさまざまな設計要素を選択することができます。[スタート]ページを使用して、Autodesk 360 クラウド アプリケーション(英語)にある各種テンプレート、設計フィードのアップデート、設計データを開くことができます。

  • リボン ギャラリー

    リボンからコンテンツに直接アクセスすることにより、作業時間を短縮し、クリックの回数を減らすことができます。たとえば、設計にブロックを追加するには、[ブロック挿入]のリボンにカーソルを合わせます。[ブロック]ギャラリーですべてのブロックのサムネイルを確認して、選択したブロックをその場で挿入することができます。図面をダイアログ ボックスに移動する必要はありません。直観的かつ視覚的であるため、操作のスピードが上がります。

  • 設計フィード

    インターネット接続やクラウド接続だけでなく、イントラネット接続で設計フィードを使用することもできます。設計とコメントを同時に行うことができます。最終図面を送付する際に、コメントを付けたままにするか、削除するかを決定します。e-トランスミットおよびファイル保存のワークフローに組み込まれたツールで、必要に応じてコメントを削除できます。

  • コマンドのプレビュー

    事前にミスを検出することにより、[元に戻す]操作の回数を減らすことができます。[オフセット]、[フィレット]、[トリム]などの頻繁に使用するコマンドを実行する前に、その実行結果をプレビューすることができます。

  • TrustedDWG™ テクノロジー

    TrustedDWG テクノロジーを使用して、CAD ファイルを安全に共有することができます。TrustedDWG テクノロジーにより、図面に含まれるすべての要素、またそれらの要素間の関係を確実に維持することができます。すべての AutoCAD 製品は、TrustedDWG を使用して、設計ファイルやドキュメント ファイルの保存と共有を行います。

  • 刷新されたインタフェース

    洗練された外観と操作感が特徴のインタフェースは、設計プロセスを向上させます。明るさをおさえた背景で極細線、ボタン、テキストを目立たせ、目の負担を和らげます。