バージョン別機能比較

AutoCAD Map 3D 2016 と以前のバージョンとの比較

AutoCAD Map 3D 2016 の機能と以前のバージョンの機能を比較します。AutoCAD Map 3D 2016 を、AutoCAD Map 3D 2015、AutoCAD Map 3D 2014、AutoCAD Map 3D 2013 と比較します。

AutoCAD Map 3D 2016 AutoCAD Map 3D 2015 AutoCAD Map 3D 2014 AutoCAD Map 3D 2013
機能
地形デ―タへのアクセスと編集
データへのアクセスと編集
データへのアクセスと管理(拡張版)
モデル作成およびデータ取得ソフトウェアでの作業
測量機能
サーフェス ツールと点群ツール
GIS 解析およびプランニング ツール
座標系定義の読み込み/書き出し
拡張された座標系と地理的位置情報
座標系の作成
シンボルの作成と編集
ダイナミック ツールチップとリンク
パブリッシュと相互運用性
専門業種ごとのモデルのデータをオフラインで取得
デスクトップから Web へ、さらに A360 へ
Web に直接パブリッシュ
土木や電力・上下水道プロジェクト向けにデータを変換
データを変換してコンセプト モデルをサポート
オンライン アクセス用にデータを変換
ダイナミック凡例、方位記号、縮尺バー
グリッド、経緯線網、マップ ブック
専門業種ごとのデータ モデリングと管理
大企業での作業に対応した機能強化
データ管理ツール
その他の形式で専門業種ごとのモデルにアクセス
ワークフローとフィーチャ ルール
データを専門業種ごとのモデルに変換
線形参照システムの設定