機能

GIS 解析でデータによる判断を改善

AutoCAD® Map 3D の空間解析および GIS 解析のツールにより、クエリー、バッファ、レポートを使用してさまざまな方法でデータを視覚化することができます。そのため、より多くのデータによる判断を行い、空間データを効率的に管理することができます。

ページ ビュー:

    GIS 解析およびプランニング ツール

  • 解析ツール

    GIS 解析およびプランニング ツールを使用して質問に回答し、データについて適切な判断を下すことができます。フィーチャと機能により、設計と地理空間情報の視覚化と評価を簡単に行うことができます。ベクトルと表形式で情報をリンクしたり、データ クエリーを実行したり、主題図を作成したり、トポロジをビルドしたり、レポートを作成したり、バッファ、トレース、オーバーレイの解析を実行したりすることができます。

  • 座標系と地理的位置情報

    商用ベース マップおよび地理的位置情報ツールにより、航空データや道路のマップ、さらに航空および道路のハイブリッド マップを取り込むことができます。航空写真の住所、取得データ、統合データに基づいて、ポイントのジオコードおよびジオコードの解除を実行したり、ベクトル データに変換したりすることができます。

  • 座標系の作成(拡張版)

    カスタムのグリッド ファイルを使用して座標系を検索または作成し、最新のアルゴリズムを使用して座標系を変換することができます。4,000 種類以上の実際の座標系を使用して作業することも、独自のカスタム座標系を定義して管理することもできます。新しく定義された座標系をすぐに使用することができます。これにより、インフラを管理する場合に、異なる座標系での作業を柔軟に行うことができます。 

  • シンボルの作成と編集

    一般的なパブリック ドメインのシンボルをマッピング環境に読み込み、特定の要件に合わせて編集することができます。

  • ダイナミック ツール チップとリンク

    フィーチャ上をロールオーバーすると、ツールチップやリンクなどのプロパティが表示されます。