機能

CAD および GIS の地形データ ツール

AutoCAD® Map 3D により、空間データを簡単に管理することができます。地形データへのアクセスと編集、GPS データの管理と読み込み、既存の条件の収集、現場測量データの読み込みを行うことができます。

ページ ビュー:

    地形データへのアクセスと編集

  • ソースから地形データに直接アクセス(拡張版)

    フィーチャ データ オブジェクト(FDO)テクノロジを使用して、さまざまな地理空間および地形データのソースから、GIS データに直接アクセスすることができます。データ ソースには、ESRI ファイル、ESRI 管理地理データベース、Oracle、Microsoft SQL Server、PostGIS、PostgreSQL、SQLite、MySQL があります。 

  • データへのアクセスと管理(拡張版)

    Microsoft Excel スプレッドシートの拡張機能により、属性と GIS データを関連付け、AutoCAD Map 3D に保存された Excel データを編集することができます。また、空間データベース ツールの改善により、インフラ アセット用の複数のジオメトリ表現を保存して使用することができます。これにより、成果物の要件に最も適したジオメトリを柔軟に選択することができます。

  • 測量機能

    高度な測量ツールにより、GPS や地上のソースから取得されたフィールド測定および地形データの読み込み、計算、管理を簡単に行うことができます。測量機能には、データベースの属性にマッピング可能なカスタム フィールド コードを使用する機能が含まれているため、効率的にアセットを収集することができます。追加の測量機能には、Leica GSI、Cplan RO、ASCII ポイント、LandXML データの読み込み、測量データベース、測量スキーマ、点グループ、フィーチャの自動作成があります。 

  • サーフェス ツールと点群ツール(拡張版)

    点や等高線のデータから大規模なサーフェス モデルを作成したり、サーフェスから等高線を作成したりすることができます。高度、勾配、方位について、数値標高モデル(DEM)や ESRI GRID ファイルなどの地形データを視覚化して解析することができます。サーフェスに航空写真やベクトル データをドレープして、分かりやすい 3D レンダリングを作成したり、陰影処理により太陽光を検討することができます。