Asset 12 Asset 10 Asset 11 autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

機能

機械製図用ソフトウェア

AutoCAD® Mechanical には、AutoCAD のすべての機能に加え、規格に準拠した部品が豊富に収録されたライブラリや、よく使用する機械図面のタスクを自動化するためのツールも含まれています。

機械設計の生産性向上

  • 新機能

    画層グループ: 選択表示や復元などの機能

    画層グループを選択表示および復元したり、線種を指定できます。(ビデオ: 51 秒 英語)

  • 新機能

    長方形を簡単に作図

    リボンから長方形を作成できます。

  • 700,000 点を超える標準部品とフィーチャ

    標準規格のコンポーネントを使って図面を正確に作成できます。
    (ビデオ: 3 分 47 秒 英語)

  • 3D CAD モデルのドキュメント作成

    Inventor ネイティブの部品モデルとアセンブリ モデルの詳細図を作成できます。
    (ビデオ: 1 分 49 秒 英語)

  • コマンドのプレビューとコンテキスト メニュー

    フィレット、面取り、オフセット コマンドのプレビューを表示できます。
    (ビデオ: 43 秒 英語)

  • 再利用可能な機械図面詳細化ツール

    機械設計向けのインテリジェントなツールを使用できます。(ビデオ: 3 分 33 秒 英語)

  • 画層管理

    適切な画層に自動的に項目が配置されます。(ビデオ: 3 分 12 秒 英語)

  • 隠線

    変更を行うと隠線が更新されます。
    (ビデオ: 2 分 01 秒 英語)

  • 機械製図規格の更新

    ISO 1302-2002 表面性状の図示方法がサポートされました。

  • 機械ジェネレータとカリキュレータ

    より優れた設計解析ができます。
    (ビデオ: 3 分 59 秒 英語)

  • カスタム部品のパブリッシュをサポート

    カスタム部品をコンテンツ ライブラリに追加できます。(ビデオ: 1 分 02 秒 英語)

  • 製造用描画ツールバーの拡張

    機械設計のために開発された製図ツールが使用できます。(ビデオ: 4 分 39 秒 英語)

  • 推測拘束の統合

    自動的にオブジェクトを拘束できます。
    (ビデオ: 1 分 44 秒 英語)

  • コンテンツ マネージャによる標準部品のライブ更新

    改訂と規格の更新が瞬時に行えます。

  • カスタム コンテンツ ライブラリ

    カスタム コンテンツを作成および保存できます。(ビデオ: 3 分 18 秒 英語)

機械設計用ドキュメントの作成

  • 新機能

    引出線注記の機能強化

    引出線注記を作図領域内で直接編集できます。

  • Autodesk Synergy(機械設計向け)

    3D モデルとの関連性を維持した断面ビュー/詳細ビューを作成できます。

  • 機械設計用のスマート寸法記入

    簡略ダイアログ ボックスを使用して寸法を作成できます。

  • 国際製図規格のサポート

    規格に基づいて設計ドキュメントを作成できます。(ビデオ: 2 分 18 秒 英語)

  • 注記テンプレート ギャラリー

    注記テンプレートのシンボル ライブラリをリボン内で確認できます。
    (ビデオ: 54 秒 英語)

  • 部品表(BOM)内の総質量

    アセンブリの質量を、BOM 内で自動的に集計できます。 

  • 関連バルーンと部品表

    自動化されたパーツ一覧と部品表(BOM)を作成します。(ビデオ: 2 分 26 秒 英語)

  • 寸法インプレイス エディタ

    一度に複数の寸法を選択できます。
    (ビデオ: 5 分 08 秒 英語)

  • 部品表(BOM)の移行

    自動マッピングおよびテンプレート設定ができます。(ビデオ: 1 分 00 秒)

  • JIS および DIN のコンテンツ ライブラリ

    日本とドイツ向けの充実したコンテンツ ライブラリを使用できます。

  • Autodesk Content Explorer

    ファイル オブジェクトやテキスト属性を使用した検索が可能です。

  • 機械製図注釈モニター

    関連付けされていない注釈がモデル空間内にないかチェックできます。