Asset 12 Asset 10 Asset 11 autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

機械製図規格の更新

ISO 1302-2002 表面性状で、面の指示記号引出線をサポートします。これらの記号をエッジにアタッチすることができ、オブジェクトに対し結合したままにすることができますが、生成元はサーフェスまたは面になります。

次の記号があります。

  • 溶接記号
    • 尺度係数の設定を導入し、テキストの高さに依存せずに溶接する要素のサイズが変更可能。
    • プロセス ギャップの設定を公開することで、これらのギャップをコントロール。
  • 面の指示記号
    • 幾何公差記号への添付をサポート。
    • 製図規格 GB/T 131 の 2006 年版をサポート。
  • データム ID 記号
    • 幾何公差記号への添付をサポート。
    • 製図規格 ISO 1101(DIN、BSI、CSN)の 2012 年版をサポートするための機能強化。
  • データム ターゲット記号
    • 拡張されたデータム ターゲット記号の線の終端が強化され、ISO 5459(DIN、BSI、CSN)の 2011 年版に準拠。
  • 幾何公差記号
    • ISO 1101(DIN、BSI、CSN)の 2012 年版で指定された追加の記号の使用をサポート。
拡張された ISO 1302-2002 規格の取得