Asset 12 Asset 10 Asset 11 autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

関連バルーンと部品表

機械設計に必要なパーツ一覧や部品表(BOM)を作成できます。設計が変更されるとこれらは自動的に更新されます。 エンジニアリング ソフトウェア AutoCAD Mechanical では、図面ごとに複数の部品一覧を使用でき、アセンブリの展開/折りたたみ、標準部品の自動認識などをサポートしています。さらに、カスタマイズ用のオプションが用意されており、フィーチャを現在の自社形式に合うように更新することができます。

設計変更すると、更新内容が機械図面全体に反映されます。これにより、全工程をスケジュールどおりに進行でき、部品点数、ID、発注などの食い違いによる製造停止やそれによるコスト増大を抑制できます。製造リソース計画(MRP)、企業リソース計画(ERP)、またはデータ管理システム(データ管理ソフトウェア Vault など)に BOM データを書き出しまたはリンクすることができます。