お住まいの国に固有の製品情報、サービスおよび価格設定が表示されます(該当する場合)。

国/言語を変更 X

閉じる

機能

3D モデリングおよびアニメーション ソフトウェア

3ds Max® 3D モデリング、アニメーション、およびレンダリング ソフトウェアの強力ですぐに使える機能を使用して、ゲーム、映画、モーション グラフィックス アーティストが短時間で優れた 3D コンテンツを作成する方法についてのビデオとデモをご覧ください。

ページ ビュー:

3D アニメーション

  • 新機能

    Populate の機能強化

    よりリアルな群集を作成します。
    (ビデオ:1 分 36 秒 英語)

  • Populate による群集アニメーション

    リアルな人間の動作を生成します。
    (ビデオ:1 分 10 秒 英語)

  • キャラクタ アニメーションおよびリギング ツール

    リアルなキャラクタを作成します。

  • 一般的なアニメーション ツール

    多数のキー フレーム ツールとプロシージャルなツールを使用できます。

  • アニメーション デフォーマ

    キャラクタを生き生きと描き、流体エフェクトをシミュレートします。

3D モデリングとテクスチャリング

  • 新機能

    ポイント クラウドのサポート

    ポイント クラウド データからモデルを作成できます。(ビデオ:1 分 52 秒 英語)

  • 新機能

    ShaderFX

    先進的な HLSL シェーダを直感的に作成できます。(ビデオ:1 分 11 秒 英語)

  • 新機能

    配置ツール

    コンテンツの配置や向きの変更が簡単にできます。(ビデオ:1 分 08 秒 英語)

  • 新機能

    クアッド面取り

    クアッド サーフェス間に面取りを作成します。
    (ビデオ:1 分 04 秒 英語)

  • メッシュとサーフェス モデリング

    パラメトリック オブジェクトと有機的オブジェクトを効率的に作成します。

  • テクスチャの割り当てと編集

    高度なテクスチャリング ツールセットが搭載されています。

  • シェーディングおよびマテリアル デザイン

    シェーディング階層を短時間でデザインおよび編集できます。 

3D レンダリング

  • 新機能

    ActiveShade レンダリングの改善

    インタラクティブ レンダリングを使用して反復作業を高速化できます。(ビデオ:56 秒 英語)

  • 新機能

    高速化されたビューポートのパフォーマンス

    シーンでのスムーズなインタラクティブ操作が可能です。(ビデオ:1 分 15 秒 英語)

  • 新機能

    立体視カメラ

    魅力的な 3D コンテンツを作成できます。
    (ビデオ:1 分 13 秒 英語)

  • 統合されたレンダリング オプション

    NVIDIA iray レンダリング テクノロジーを使用できます。

  • レンダー パス システム

    シーンをセグメント化して後工程での合成に利用します。

  • Nitrous 高速グラフィックス コア

    Nitrous でワークフローを高速化します。

  • スレート コンポジティング エディタ

    スレートでつなぎ合わせて合成します。

ダイナミクスとエフェクト

  • パーティクル フロー

    高度なパーティクル シミュレーションを作成します。(ビデオ:1 分 12 秒 英語)

  • MassFX

    統合されたシミュレーション ソルバでシミュレーションを作成します。

  • ヘアとファー

    ヘアや草などの束状のものから派生する効果を作成します。

UI、ワークフロー、パイプライン

  • 新機能

    強化されたシーン管理

    シーン エクスプローラ内の新しいネストされたレイヤ機能です(ビデオ:1 分 34 秒 英語)。

  • 新機能

    Python スクリプト

    Python スクリプト言語を使用できます。

  • 設定可能なユーザ インタフェース

    タブ形式のレイアウトで複数のビューにアクセスできます。

  • 柔軟なカメラ マッチング

    CG 要素を写真の背景に配置します。
    (ビデオ:1 分 05 秒 英語)

  • データ転送とパイプラインの統合

    3ds Max でデータをワンステップ転送します。

  • 合成の統合

    3ds Max では合成オプションを選択できます。

  • コンテナによるコラボレーション ワークフロー

    コンテナを使用してオブジェクトのプロパティを上書きします。

  • 3ds Max SDK

    SDK を使用して 3ds Max を拡張およびカスタマイズします。