機能

Autodesk CFD ソフトウェアの長所

Autodesk® CFD 分析ソフトウェアには、反復作業を自動化したり、Autodesk CFD インタフェースをカスタマイズできるなどの特徴があります。Autodesk CFD はまた、ほとんどの CAD システムと連携できるため、Revit、Simulation Mechanical、Vault などの複数のオートデスク デジタル プロトタイプ ソフトウェア ツールと相互に運用することができます。

ページ ビュー:

    主な特徴

  • SimStudio ツールを使用したジオメトリの準備 新機能

    ジオメトリを迅速に修正、単純化、修復、最適化し、より高品質のシミュレーション モデルを作成することができます。SimStudio ツールはさまざまな CAD ファイル形式を読み込み、アセンブリの単純化、不要な詳細の除去、基本的な修復を迅速に実行し、設計の変更を簡単に行うことができるので、さまざまな設計のアイデアをより短時間で検討できるようになります。

  • CAD との連携

    お使いの CAD システムを Autodesk CFD 解析ソフトウェアにリンクさせることで、関連性を維持した流体流れおよび熱シミュレー
    ションを行うことができます。Autodesk CFD はほとんどの CAD システムと連携でき、これにより、デザインの流体流れや熱シ
    ミュレーションを作成できます。3D CAD システムがなくても、SimStudio ツールを使用することにより、ジオメトリの作成、モデルの編集、単純化を実行できます。

  • オートメーション スクリプト

    柔軟性のある Autodesk CFD のアプリケーション プログラミング インタフェース(API)を使用して幅広いタスクの自動化やカスタマイズを行い、設計プロセスを改善できます。 通常はユーザ インタフェースで実行する繰り返しタスクを自動化できるだけでなく、カスタム タスクやカスタム出力結果を作成したり、結果をカスタマイズされた、または特定の形式で出力することもできます。

  • 高品質のビジュアライゼーション

    Autodesk CFD の解析結果と専用のビジュアライゼーション ツールを組み合わせることにより、フォトリアリスティックなレンダ
    リングを作成できます。Showcase(英語)、VRED3ds MaxMaya との相互運用が可能です。

  • Design Study Environment

    Design Study Environment は、設計シミュレーション プロセスのすべての段階で使用できます。設計の検討を、直感的なワークフ
    ロー内で反復して行うことができます。このデータによって十分な情報に基づく設計上の意思決定が可能となり、革新的な設計が可能になります。 

  • インテリジェントな自動メッシュ サイズ分割

    ジオメトリとソリューションに基づくメッシュ生成の自動化を行うことができます。メッシュ生成テクノロジーによって、正確で反復可能な結果を得るためのジオメトリを、すばやく効果的に準備することができます。これには、自動的なメッシュ サイズ調整、ジオメトリ診断、ローカル サイズとリファイン領域に対する手動制御オプション、およびソリューション ベースのアダプティブ サイズ調整などの機能を使用することができます。

  • 柔軟なクラウドの解析オプション

    クラウドで解析を実行している間、ローカルでは他の作業を続行できます。柔軟な解析オプションにより、必要に応じてシミュレートを行えます。解析の設定をテストし、ローカル リソースを使用して反復作業を行い、設定を最適化します。より時間がかかり、多くの計算を必要とするシミュレーションを始める場合はクラウドの力を活用し、ローカル リソースは他のタスクのために解放します。 

    Autodesk Moldflow Flex とデスクトップ製品との比較