Flame の機能

ビジュアル FX フィニッシングのハイエンド ツール

Flame® には、3D コンポジティング、ビジュアル FX(VFX)、エディトリアル フィニッシングのためのツールが含まれています。統合されたクリエイティブな環境に必要なツールを提供します。

ページ ビュー:

    3D ビジュアル エフェクト

  • GMask トレーサ 新機能

    軽量なスプラインベースのシェイプ ツールと統合クロマ キー ツールを連携させて、高度なコンポジットをすばやく作成できます。Flame に最も求められていた機能が追加されました。

    • コンテキスト内のウィジェット
    • すべての頂点を選択するためのホットキー
    • より多くの出力パス
    • GMask トレーサでは、ライブ プレビュー ビューと Matchbox カメラ FX を使用してノードのマット処理を直接行うことができます。
  • コンテキストに応じた Flame Desktop ワークフロー 新機能

    Flame Desktop に備わる Batch リール グループ、改善されたバージョン作成ワークフロー、および Multi-Batch は、デスクトップのすべての領域(タイムライン、Batch、リール)を結びつけるコンテキストベースのワークフローを利用するのに役立ちます。ビジュアル エフェクトのフィニッシングとルック デベロップメントを行う際に、タスクに最適なツールセットを選択することにより、完成まで最短の道を進むことができます。

  • Action 3D コンポジティング環境 新機能

    Action に含まれるさまざまなエフェクト作成ツールを使って、ビジュアル エフェクトの作成、イメージの問題の修正、3D コンポジットへの照明エフェクトの追加を行えます。 従来の 2D コンポジティングのインタラクティブなスピードと強力な 3D ビジュアル エフェクト ツールの両方のメリットを利用することができます。GPU を利用した高速パフォーマンスにより、エレメントをブレンドして、ビジュアル エフェクトを短時間で作成できます。

  • Batch プロシージャル コンポジティング 新機能

    Batch は、Flame のクリエイティブ ツールセットを備えたノードベースのプロシージャル コンポジティング環境で、タイムラインや Flame Desktop と密接に統合されています。 Batch でコンポジットを構築すると、より優れたワークフローと迅速なパフォーマンスで効率を高めることができます。

  • メディア管理、読み込み、書き出し、パブリッシュ 新機能

    Flame でより多くのフォーマットがサポートされるようになったため、メディア管理を改善できます。 

  • コンフォーム タイムライン(機能強化) 新機能

    コネクテッド/コンフォーム タイム ラインの機能強化が行われています。

  • Matchbox カメラ FX 新機能

    Autodesk Stingray Algorithms の被写界深度、アンビエント オクルージョン、および反射機能を利用できます。機能強化として Flame の 3D シーン環境である Action に新しいシーン ベースの Matchbox カメラ FX が追加され、カメラ内でのデジタル FX 処理およびルック デベロップメントのための物理ツールとクリエイティブ ツール一式が揃いました。高性能なレンダリング機能を実現するために、Stingray テクノロジが採用されています。

     

  • 新しい Lightbox と Matchbox Action ツール

    新しいルック デベロップメント ツールと改善されたカラー管理を使って、ビジュアル エフェクトの合成と作成を巧みに行うことができます。3D コンポジティング環境で芸術的な課題が発生した場合、新しい Lightbox と Action に追加された Matchbox で、GPU による高速 GLSL シェーダを使って解決できます。改善されたカラー管理は、ルック デベロップメントの際にさらなる精度を提供します。

  • より優れた操作性

    優れたプロキシ処理、Reactor 3.0 を使った Action での高速なレンダリング、そして前景のエクスポート機能により、クライアントが参加するセッションでのインタラクティブ性が向上します。

  • Shotgun と共に動作するポスト プロダクション管理

    Shotgun のコラボレーション サービスのサブスクリプションメンバーになると、Flame Premium と施設内のポストプロダクション パイプラインにある他のツールをより簡単に統合することができます。

  • Batch の改善

    お客様からのフィードバックに基づいて改善された Batch と BFX で、スケマティクをナビゲーションし、ノード情報を利用し、ビット深度にばらつきのあるノード入力も処理できます。 

  • 平面トラッキング

    多彩でパフォーマンスに優れた平面トラッカーで、パース ビューの変更を巧妙かつ容易にトラッキングできます。 合理化された順方向解析と逆方向解析、素早いキーフレームの削除、素早いリファレンス更新、自動外挿など、平面トラッカーはスタビライザーと同様の方法で動作し、共通のアクション オブジェクト(GMask、Perspective Grid、Axis)で利用できます。

  • 3D ビジュアル エフェクトおよびコンポジティング ツール

    驚異的なスピードとインタラクティブなワークフローにより、3D コンポジティングを 2D の場合と同じような速さで実行します。 密に統合されたクリエイティブな環境内で、3D ビジュアル エフェクト、コンポジティングおよび拡張グラフィックスを扱うための広範かつ革新的なツールを利用できます。

  • 比類のないパフォーマンス

    プロジェクトごとに固有のワークフロー、クリエイティブ ツール、インタラクティブ機能および処理能力を利用できます。 Action、Batch およびタイムラインのインタラクティブ機能と再生の性能は、16 ビット フローティング ポイント GPU である Reactor によって高速化されます。

  • エンドツーエンドの 4K ワークフロー

    Flame は、エンドツーエンドの 4K および Ultra HD ワークフローを提供するようになりました。手強いプロジェクトに役立てることができます。

  • Flame Desktop

    Flame Desktop の応答性に優れたビジュアル環境により、実験的な作業を高速化し、クリエイティブなアイデアを形にすることができます。Flame Desktop には、デスクトップ リール、タイムライン、Batch プロシージャル コンポジティング環境が密接に統合されています。

  • 最新のカラー マネジメント

    ACES (Academy Color Encoding System、アカデミー カラー エンコーディング システム)と呼ばれる 16 ビット形式のサポートにより、デジタル シネマ カメラ、フィルム スキャン、ビデオからのフッテージをより簡単にミックスすることができます。 Flame の最適化されたフローティング ポイント カラー処理エンジンでは、アカデミーおよび ASC (American Society of Cinematographers、全米撮影監督協会)のカラー変換形式が採用されており、ACES のリファレンス カラー スペースとさまざまな入力および出力デバイス間で適切にカラーを変換することができます。 

  • ステレオスコピック 3D フィニッシング

    難易度の高いステレオスコピック 3D (立体視、S3D)のポスト プロダクション プロジェクトに取り組めます。 真の 3D ビジュアル エフェクトのため、Flame は、S3D プロジェクトをより迅速に提供します。

  • 3D によるワークフロー

    3D アニメーション ソフトウェアとのオープンなワークフローにより、フィニッシングで CG アセットを使用できます。また、スピードとインタラクティブ性が非常に重要なポスト プロダクションで変更を加えることができます。

    エディトリアル ワークフロー

  • コネクテッド コンフォーム 新機能

    複数のシーケンスでメディアを共有、ソート、同期できるよう、メディアの管理方法を統合しました。ユーザは、Flame および Flare での作業をすばやく完了できます。共有ソース、ソース シーケンス、ショット シーケンス、共有セグメントの同期、およびスマート リプレイスなどの機能が搭載されています。

  • 新たにサポートされたカメラとフォーマット 新機能

    Flame 2017 を導入することで、最新のカメラとフォーマットを活用できます。

  • ワークフローの改善 新機能

    Batch FX に含まれる広範なエディトリアル ツールセットや、デスクトップに追加された新しいリール グループなどの新機能を使って、豊かな創造性を発揮できます。 

  • メディア管理のアプローチの統合 新機能

    すばやく参照して簡単に整理できるようデザインされた新しい MediaHub では、メディア管理ツールが一箇所に集約されています。MediaHub により、複数のファイルをまとめて参照、検索、整理、インポート、エクスポートすることが容易になります。また、インポート時にファイルをサイズ変更して LUT (ルックアップ テーブル)を適用する操作や、1 箇所の中央ロケーションからプリセットを適用する操作も簡単に行えます。

  • より高速なコンフォーミング 新機能

    単一のタスクベースの領域にある豊富なコンフォーム ツールとトラブルシューティング ツールにアクセスして、マルチ レイヤのタイムラインをより迅速に作成できます。タイムライン、Event List、メディアの密接な統合により、再リンクをよりすばやく行い、トラブルシューティングや最終的なタイムラインの構成もこれまで以上に効率的に行うことができます。

  • GPU による高速ディベイヤー処理

    高性能の NVIDIA K6000 または M6000 グラフィックスカードを使用すると、GPU アクセラレーションを活かして RED および ARRIRAW ソースメディアをリアルタイムで高速ディベイヤー処理できます。

  • 完全なタイムライン クリエイティブ ワークフロー

    再設計されたタイムラインでは、プロジェクトを監督したり、一貫性のあるルックを簡単に作成できます。また、カラー グレーディング済みのショットや 3D VFX ショットを編集上の意図に正確に一致させることもできます。 GPU 駆動のパイプラインである Reactor によってサポートされたタイムラインは、対話機能とエフェクト ワークフローをさらに強化します。 

  • オーディオ ツール

    タイムラインベースのオーディオ編集およびプロセッシング ツールのフル セットを利用できます。オーディオ ツールには、最大 32 個までの音声トラックのリアルタイム再生、オーディオ編集とミキシングの完全な機能を備えたセグメントベースのオーディオ ソフト エフェクトが含まれています。