home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

Fusion 360 の無償体験版をこのデバイスにダウンロードすることはできませんが、ご自身の電子メール宛てにリンクを送信し、あとで Mac または PC でダウンロードできます。

電子メールにリンクを送信する

お使いのモバイル デバイスで Fusion 360 のプロジェクトにアクセスしたいですか?

A360 アプリを入手:

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

イタレーションと形状確認をすばやく

デザイン アイデアのイタレーション、スカルプティング ツールやモデリング ツールを使用して、形状や仕上がりを確認できます。

フリーフォーム モデリングとスカルプティング

T-Sprine テクノロジによるモデリング機能を使用したり、スケッチ カーブ、パッチ、押し出しを使用して、スムーズで精度の高いサーフェスを作成することができます。面、エッジ、頂点を編集して、モデルの曲率の正確な値を得ることもできます。

ソリッド モデリング

Fusion 360 では、ヒストリ モデリングはモデリングの履歴が記録されます。タイムラインに設計プロセス内で使用したコマンドが順に記録され、修正する際には修正対象のコマンドに遡って操作をし、終了するとそれ以降の作業は自動的に更新されます。履歴に残らない環境で基準フィーチャを作成してから、履歴が有効な環境で使用するということもできます。
また、堅牢なソリッド モデリング ツールを使用して、有機的なデザインだけでなく、詳細な機械部品や、その両方を組み合わせた形状を作成することも簡単に行えます。
さらに、強力なブール演算を使用したウェブ、ロフト、パターンなど、さまざまなフィーチャを既存のモデルに追加できます。

パラメトリック モデリング

正確なパラメータをスケッチに設定できます。また、特定の値やリレーショナル関数を使用して寸法を定義できます。パラメータに変更を加えればモデルが更新され、それ以前に作成した形状は保持されます。

メッシュ モデリング

スキャンによって作成された STL または OBJ データを取り込んで、Fusion 360 で設計する際の参照形状として使用できます。また、オブジェクト スナップを使用し て T-Sprine 面をサーフェスの上に作成したり、Pull コマンドを使用して頂点をメッシュ ボディ上にスナップすることも可能です。これにより、T-Sprine モデルを自由自在に編集できます。

パーツ ライブラリとコンテンツ

Fusion 360 には、ISO、ANSI、DIN などの工業規格に準拠したパーツ ライブラリが用意されています。パーツを最初から作成し直す手間を省き、ライブラリのパーツを新たな設計の土台にしたり、既存の設計に挿入できます。

フリーフォーム モデリングとスカルプティング

T-Sprine のプッシュおよびプル コマンドで有機的な形状を作成できます。

ソリッド モデリング

ダイレクト モデリングとヒストリ モデリングがシームレスに統合され、かつてないほど強力になりました。

パラメトリック モデリング

モデルの寸法を変更すると、関連する値や関数も自動的に更新されます。

メッシュ モデリング

OBJ または STL ボディをメッシュ モデルとしてインポートして、メッシュ サーフェスに準拠したカスタム設計を簡単に作成できます。

パーツ ライブラリとコンテンツ

新しい設計を始めるときに規格に準拠したパーツを利用したり、既存のデザインにパーツ データをインポートできます。

シミュレーション機能を活用したデザイン設計

デザインが固まったら詳細設計に移ります。アセンブリを作成して組み立てや機構を検証したり、外観を確認するためにフォトリアリスティックなレンダリングやアニメーションを作成できます。

シミュレーションとテスト

製造に移る前に、デザインした製品がどの様に機能するかを知ることで、時間とリソースを無駄にせずに済みます。テストを行い、その結果をアニメーションする事で、製品デザインの欠陥を知ることが出来ます。その様なテスト結果を、A360 を使いチームと共有することができます。 2タイプのシミュレーションモデルから選ぶことができます:

  • 線形静解析
  • 固有値解析

上記に加え、サーマル、サーマルストレス、疲労試験などを追加予定です。

データ変換

SolidWorks のネイティブ ファイルや、SAT、IGES、STEP、STL、OBJ など、標準的な中間ファイル形式の 3D データををインポートできます。Fusion 360 では元のファイルはそのまま保持され、対応する F3D ファイルが作成されます。
エクスポートはローカルでもクラウド経由でも可能。モデルの変換が完了してダウンロードできるようになると、メール通知が送られます。

  • ローカルでエクスポートできるファイルの種類は、IGES、SAT、SMT、STEP、F3D、DXF などです。
  • クラウドでエクスポートできるファイルの種類は、Inventor 2014、IGES、SAT、SMT、STEP、DWG、DXF、STL、FBX、F3D などです。

アセンブリ モデリング

パーツ モデリングと同じ操作環境でアセンブリを作成できます。

  • 組み立て通りにパーツを配置することはもちろん、ジョイントの方向や位置を指定することも可能
  • リジッド、回転、スライダ、円柱状、ピン スロット平面、ボール ジョイントなど、さまざまなジョイント タイプから選択
  • ジョイントに対して設計条件に即した制限値を設定し、キネマティクスをリアル タイムでプレビュー

ジョイントとモーション スタディ

モーション スタディですべてのジョイントをアクティブ化し、実際に仕様どおりに駆動するかを確認することができます。

  • モーションが動作する順序を指定して、ジョイントのモーションのアニメーションを作成
  • アニメーションは指定した順序でも、逆の順序でも再生可能

レンダリング

Fusion 360 のリアルタイムにレイトレーシングが可能なローカルのレンダリング エンジンや、クラウドを使用した強力なレンダリングを使用して、フォトリアリスティックなレンダリングを作成できます。

  • 半透明プラスチック、塗料、木材、金属、ガラス、複合材料など、膨大な材料ライブラリから選択
  • 既存の材料を編集して、ニーズに合わせたカスタム材料を作成
  • 焦点距離、被写界深度、光源、環境など、カメラを細かく設定

シミュレーションとテスト

製造前に、設計した部品の挙動を把握することで、時間とコストを削減できます。バーチャルに試験を行い、視覚的に確認することで、部品の最も弱い箇所や、破損する可能性が極めて高い箇所を特定できます。
次に挙げるものなど、さまざまなテストが用意されています。

  • 落下試験
  • 載荷試験
  • 引張試験
  • 有限要素解析(FEA)

アニメーション

製品を組み立てたり、分解する様子をアニメーション表示できます。柔軟なカメラ ビュー、フェードインおよびフェードアウト、手動または自動分解といった機能が用意されており、詳細が必要な箇所には解説吹き出しを追加できます。MP4 形式で動画をエクスポートして、アニメーションのシーンを他のユーザと共有することも簡単に可能です。

シミュレーションとテスト

静応力のテストを行い解析することで、実際の製品を製造する前に、構造保全を確認します。

New

データ変換

Fusion 360 は、さまざまな種類の CAD ファイルをインポートおよびエクスポートできます。50 種類以上のファイル形式をサポートしています。

アセンブリ モデリング

パーツを組み合わせてアセンブリ設計をしたりさまざまな検証を行ったりすることができます。

ジョイントとモーション スタディ

部品どうしの関係を設定し、動きを画面上で確認できるので、組み立てや機能が成り立つかどうかを確認できます。

レンダリング

表示スタイルをを使用し、ドラッグ アンド ドロップで簡単に設定し、、設計をリアルに可視化できます。

シミュレーションとテスト

構造解析機能により、製造前にモデルの機能を解析できます。

近日公開

アニメーション

3D 分解図やアニメーションを駆使して設計を表現し、モデルの構造や機能を確認できます。

設計したパーツのファブリケーション

3D プリンタによるラピッド プロトタイプを行ったり、CAM ワークスペースで作成したツールパスを使用してコンポーネントを加工できます。

2 軸、2.5 軸加工

Fusion 360 の CAM 機能は、HSMWorks および Inventor HSM™ で実証済みの CAM カーネルと同じものを使用しています。ツールパスをすばやく生成し、サイクル タイムを削減し、機械や工具の摩耗を抑えながら、最高品質の完成パーツを加工できます。
ドリル加工、輪郭加工、ポケット加工、フェイシング加工、負荷制御加工などの 2D 加工法があります。

3D プリンティング ユーティリティ

完成したデザインを3Dプリント用に準備します。メッシュ構造、プリント前調整、そして自動で最適化されたサポートストラクチャをプレビューできます。また、一度にいくつもの異なるデザインをプリント可能です。

Fusion 360 は、Spark を使用した Autodesk® Print Studio などの、3D プリントのソフトウェアユーティリティとも簡単に連携できます。またAutodesk Ember™ 3Dプリンターと直接つなぐことも出来ます。Fusion 360 はその他数多くの 3D プリンター、Type A Machines、Dremel、MakerBot、そして Ultimaker などのプリンターとも互換性があります。

図面

3D のモデルに関連付けられた 2D 図面で、ビュー配置、寸法、寸法公差などの記入をすばやく行えます。また、後工程で元のモデルに変更が加えられた場合も、ワン クリックで反映できます。さらに、DWG または PDF 形式でローカルに保存することも可能です。

3 軸加工

既存のすべての 2 軸加工の機能に加えて、3 軸 CAM には、走査線ツールパス、平坦部加工、ペンシル加工、スキャロップ/一定切削ピッチ加工、さらに有機的な設計用にスパイラルおよびモーフィング スパイラル加工が備わっています。

2 軸、2.5 軸加工

Fusion 360 の CAM には、CNC プログラミング、シミュレーション、リアルタイムでコラボレーションを行いながらの設計、オンライン プロジェクトとデータの管理などの機能が搭載されています。

3D プリンティング ユーティリティ

設計をセット アップして、Fusion 360 内から直接 3D プリンタで加工するための出力準備ができます。

図面

3D モデルと関連を保った 2D 作図機能を使用してデザインをドキュメント化できます。関連を保つので、3D モデルに加えられた変更はすべて自動的に反映されます。

3 軸加工

Fusion 360 に搭載されたより強力な 3 軸加工または 3D CAM ツールパス加工が、機械加工をさらに前へと進めます。

コラボレーションと管理

Fusion 360 を使って、デザイン チームのメンバー同士で連携し、共同で製品開発を行うことができます。Fusion 360 のダッシュボードでは次のことができます。

  • チームとのコラボレーション
  • バージョン、コメント、タスクの追跡
  • データをクラウドに保存、クラウドから取得

PLACEHOLDER

複数人のメンバーが、あらゆる場所からアクセスし、製品の部品設計や変更が行えることで、効率的にプロジェクトを進めることが出来ます。

Fusion 360 の分散型設計機能によって、あるデザインを他のデザインに挿入でき、結合リンクでお互いを関連付けます。例えば、もしリンクされたデザイン部分に変更があった場合、その変更を他の使用箇所にも反映するか選ぶことができます。Fusion 360 のプロジェクトを開いた際には、他で変更が加わった部分がハイライトされるようになっており、一つずつ、もしくは全てまとめて更新することができます。

同期された設計レビュー

リアルタイムで、チームとクライエントの両方が、異なる場所からデザインの閲覧ができます。リアルタイムでレビューセッションを行い、チームの誰もが、Fusion 360 内、もしくはウェブブラウザ上でモデルの編集が可能です。

追跡、コメント、共有

必要なチームのメンバーを、人数制限なくプロジェクトへ招待できます。バージョンを追跡したり、プロジェクト内で他の作業者が完了させた作業をライブ アクティビティ フィードから確認することも可能です。また、Web ブラウザで使用できる A360 Team アプリケーションからは、進捗管理やチームのアクティビティの追跡も行えます。

バージョン管理

作業中のプロジェクトのバージョン履歴を Fusion 360 内で確認できます。A360 Team を使用して複数のバージョンの設計をクラウドに保存したり、ローカルに保存することも可能です。
これにより、古いバージョンのファイルを確認したり、そのバージョンを最新版にして、前の設計から反復することも自由自在に行えます。
統合されたサーチ エンジンを使用すれば、複雑な設計ファイルやデータ アーカイブに埋め込まれたコンポーネントも簡単に見つかります。

モバイルから閲覧して管理

Fusion 360 のモバイルアプリを使用する事で、社内、社外のメンバー問わず、どこからでもデザインの閲覧、マークアップ、コメント、そして編集を共同で行えます。
  • iOS や Android のモバイル端末からプロジェクトにアクセスし、3D でデザインのレビューができます。
  • 更新されたデザインを確認し、フィードバックをコメントで投稿したり、変更場所を指示することも出来ます。
  • 100種類以上のファイルに対応しています(例)DWG、SLFPRT、IPT、IAM、CATPART、IGES、STEP、 STLなど。

設計データの共有と公開

設計したデータをコミュニティのギャラリーにアップロードしたり、データ パネルからパブリック共有リンクを使用して、特定のメンバーのみと設計を安全に共有できます。リンクを受け取った人は、無償の 3D ビューアを使用して Web ブラウザ内で設計を表示したりダウンロードできます。しかも Autodesk アカウントは必要ありません。共有した後もプロジェクトの共有範囲を管理して、表示、コメント、編集できる人を制限することが可能です。Fusion 360 では 2D および 3D ファイルを 65 種類以上の形式で表示でき、追加のダウンロードやプラグインも不要です。

API 拡張機能

組み込みの API 編集機能を使用して、Fusion 360 のカスタム タスクを自動化できます。JavaScript または Python(Brackets と Spyder 2 を使用)で、Fusion 360 内でカスタム スクリプトを作成できます。サンプル スクリプトにはボルト ジェネレータ、平歯車ジェネレータ、および簡易的な部品表(BOM)エクストラクタが用意されています。

分岐と結合を使用した設計バリエーション

同じマスター設計から複数のブランチを作成できるので、チーム メンバーの反復作業が中断されません。

  • いずれかのブランチに変更が加えられるとチーム全員に通知されるので、それぞれが行っている作業をお互いが認識できます。
  • ブランチを別のブランチと結合することも、メインの設計に戻すこともでき、直感的に使用可能な、競合する変更の検出機能も備わっています。

分散型設計

Fusion 360 ではチームメンバーが同時にデザインし、外部参照するパーツを管理し、そして効率的に組み立て部品をアップデートすることができます。

New

同期された設計レビュー

リアルタイムで、複数人が同時にデザイン編集や作業を閲覧できます。

New

追跡、コメント、共有

プロジェクトの進捗を追跡管理してコメントしたり、プロジェクトのコンポーネントを他のチーム メンバーと共有することが、Web 上で簡単に行えます。

バージョン管理

自動保存または手動のバージョン管理機能で、すべての設計データを一か所に保存および管理できます。

モバイルから閲覧して管理

Fusion 360 の無料モバイルアプリを使用し、どこでもデザインにアクセスできます。Mac App Store とGoogle Play にてダウンロードできます。

設計データの共有と公開

大規模なコミュニティで設計を広く共有したり、保護された安全なパブリック共有リンクを使用して特定の関係者とだけ共有できます。

API 拡張機能

カスタム スクリプトを作成して、Fusion 360 の機能を拡張できます。

設計の分岐と結合

チーム メンバーが設計の別々のパーツの作業をしていても、簡単にメインの設計からそれぞれのブランチ(分岐)を作成し、それぞれが行った変更をレビューし、その後また結合できます。

近日公開

これからの Fusion 360

Fusion 360 はコミュニティと共同して作り上げられてきました。ユーザの皆様からのご要望に応え、新機能を 6 ~ 8 週間ごとに公開しています。

Fusion 360 の日本語版が登場!

Fusion 360 の日本語版をダウンロードできます。
Windows 64-bit と Mac でお使い頂けます。