機能

複合材エンジニアリング用ツール

Helius Composite ソフトウェアを使用すれば、複合材の設計・製造プロセスを効率化できます。カスタマイズ可能なライブラリ、解析ツール、レポート機能を使えば、複合材料、積層、単純構造の挙動を素早く構築・検討・解析することができます。


永久ライセンスを購入していただくと、最新リリース、柔軟なライセンス権、Web サポートと e ラーニングをご利用いただけます。

ページ ビュー:

    機能

  • ボルト締結 新機能

    [ボルト締結]ダイアログ ボックスと 3D 表示ツールを使用して、複数の積層用のボルト ジョイントを作成し、サイズ変更が可能です。ボルト締結の破損モードと安全域を把握できます。この機能を使えば積層のサイズ変更とボルト構成の決定を行うことができ、コンセプト デザインを行う際の不確実性の排除に役立ちます。

  • 繊維素材ビルダ

    繊維素材ビルダでさまざまな複合材料の繊維を作成・解析できます。 さまざまな種類の繊維素材、編方向、カスタマイズ可能な構成材料を選択できます。このツールで繊維素材の厚さを決定し、マイクロメカニクスと選択した破壊基準を使用して、繊維素材の強度を計算できます。繊維素材を作成したら、材料データベースに保存できます。

    次の繊維素材タイプを使用できます。

    • ランダム連続マット
    • 織物繊維
    • 縫製繊維
  • 積層のスプリングイン カリキュレータ

    温度と湿度の変化に応じた積層に対するジオメトリのスプリングインまたは変化を計算します。積層の硬化による曲げまたは反りを予測できます。

  • FEA への材料のエクスポート

    積層を構築したら、FEA パッケージにエクスポートしてさらなる利用ができます。Abaqus、ANSYS、NASTRAN、または Simulation Mechanical の材料ファイル形式を選択できます。

  • カスタマイズ可能な材料ライブラリ

    積層、繊維、樹脂、コア材料で構成される広範かつカスタマイズ可能なデータベースを使用して、サンドイッチ パネルを構築できます。新しい項目を作成する機能を使って、新しい材料を追加したり作成することができます。マイクロメカニクスを用いて層の特性を決定したり、古典積層理論を用いて積層の特性を計算できます。

  • 積層解析ツールセット

    Laminate モジュールには 9 つの複合材積層解析機能が含まれており、特性と性能を特定するのに役立ちます。積層の特性を計算し、有限要素コードとしてエクスポートすることができます。各種の重要な破壊理論を使用してデザイン スペースのプロットを起こし、[First Ply Failure]または[Progressive Failure]を使って破壊解析を実行できます。

  • シンプルな構造シミュレーション

    FEA を利用せずに構造解析を実行して変形、曲げ、振動に対するより正確なソリューションをすばやく見つけ、積層パネル、サンドイッチ パネル、チューブ、梁、圧力容器の圧縮の安定性を確保できます。積層の定義が終わったら、構造ジオメトリを指定し、荷重と境界条件をメニューから選択し、荷重を適用して積層の応答を調べるだけです。

  • 複合材設計ユーティリティ

    複合材繊維の作成から積層の最適化まで、ユーティリティ モジュールは、複合材設計に役立つさまざまなツールを提供します。

  • 複合材設計 レポート

    設計と解析結果に基づく正確かつプロフェッショナルなレポートを作成できます。解析結果を PDF、Microsoft Word、または HTML 形式でエクスポートできます。