機能

層間はく離と破壊解析機能

Helius PFA ソフトウェアによって、従来の一般的な解析方法よりも、構造解析と複合材料シミュレーション用の高度なテクノロジーを効率的行うことができるのか。これらのテクノロジーによって、効果的なデジタル プロトタイプを行うために必要となるバーチャルなテストを行うことができます。

ページ ビュー:

    高度な複合材解析

  • 要素の削除 新機能

    Helius PFA は Abaqus Standard および Explicit とともに使用でき、さまざまな破損モードによるシミュレーションから要素を削除できます。これらの現実的なシミュレーションを実行することにより、収束性、効率性、正確性を向上させることができます。 

  • 進行性破壊解析

    複合材料の構造内で発生する破壊イベントの明らかな非線形進行を、より正確にシミュレートできます。線形弾性および最弱層破損(first-ply failure)手法の限界を超えた作業を行えます。Helius PFA により、破損前と破損後の材料の非線形性を効率良く処理できます。独自の材料劣化スキームにより、全体的な構造破損に対する一貫した信頼性の高い予測を実現します。 

  • 複合材の層間剥離

    層内(繊維および母材)と層間の破壊(層間剥離)を同時にシミュレートできます。複合材に特化したテクノロジーが Abaqus、MSC Nastran 2013、および ANSYS 15 の結合力要素にまで拡張され、面外の損傷シミュレーションを行えます。母材の亀裂の発生や、層間剥離の開始および伝播を予測できます。

  • メッシュ感度の低減

    複合材構造の材料劣化の速度をコントロールするために、エネルギーベースの破壊の進展を使用できます。剛性劣化の速度は、一般的には要素サイズの減少に応じて減少します。メッシュ感度を低減するには、繊維と母材の構成要素の破損から有限エネルギー散逸を指定します。

  • マルチスケール解析

    適切な複合材破壊判定基準を選択して、繊維および母材の明らかな破壊を予測できます。Hashin、Puck、Christensen、LaRC02、Multicontinuum Theory (MCT)などの一般的な構成要素ベースの方法を使用して、複合材料の複雑な破損モードを正確にシミュレートできます。