機能

材料データのシミュレーションへの適用

Helius PFA に備わる Advanced Material Exchange の機能を使って、Moldflow の材料情報を利用した解析を行う方法をご説明します。この方法で製造時の影響を検討し、非常に正確な部品のシミュレーション解析を行えます。

ページ ビュー:

    Advanced Material Exchange

  • Moldflow を使用した製造時の状態でのシミュレーション 新機能

    Advanced Material Exchange を使用して材料データと繊維配向をインポートすることにより、射出成形品のシミュレーション精度を高めることができます。Moldflow プラスチック射出成形シミュレーション ソフトウェアから構造モデルに製造時の状態のシミュレーション データを転送します。次に、このデータを使用してプラスチックの変形と母材の材料の亀裂に起因する非線形性を予測することで、設計の初期段階でより正確な構造シミュレーションを実行できます。

  • 残留応力とひずみ 新機能

    Advanced Material Exchange を使うと、構造シミュレーションに製造時の影響を反映させることができます。Moldflow から残留応力とひずみを転送して初期応力状態を反映させたり、射出成形プロセスから反りの可能性を含めることが可能です。

  • Moldflow の材料のサポート 新機能

    Advanced Material Exchange は、繊維充填プラスチックと非充填プラスチックを含む複数の Moldflow 材料で使用できます。Moldflow の結果を構造 FEA プログラムに転送して、Moldflow データベースの材料特性と製造プロセスの結果を構造シミュレーションに組み込むことができます。