home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

 

高度な道路設計機能

現況に合わせた道路設計を実行

高速道路設計の専門技術者は、InfraWorks 360 を使用してデータリッチなモデルを作成し、現況に応じて道路を設計できます。強力なルールベースのツールと解析機能により、交差点設計などの道路ジオメトリのレイアウト作業を効率化し、予備設計の段階で潜在的な影響を明らかにできます。

概要ビデオ

ビデオを見る (2 分 06 秒 英語)

機能とメリット

交通施設プロジェクトに携わる土木エンジニアリングを専門とする設計者は、道路および高速道路向けの高度な機能を利用することで、複数の予備設計案を検討し、プロジェクトのパフォーマンスを最適化できます。

  • 道路および高速道路の専用ツール

    設計基準による制約に従った接線、曲線、クロソイドを使用して道路設計ができます。専用ツールには次のものが含まれます。

    • 道路区間のスタイル ゾーン
    • 固定勾配のグレーディング
    • 固定幅のパラメトリック グレーディング

    ビデオを見る (英語)

  • ルールに基づく交差点設計

    パラメトリック コントロールを組み込み、開発の標準規制に対応した、設計検証ルールを提供する特定分野専用のオーサリング ツールを使用することで、データリッチなモデルを使って、交差点ジオメトリのレイアウトを効率化できます。

    ビデオを見る (英語)

  • 規準類に基づく、動的な道路標示

    設計標準と設定可能なルールを使って、停止線および徐行標識の位置を定義、変更し、手動で中央分離帯と路面標識を操作できます。

    ビデオを見る (英語)

  • ルールに基づく出入り口ランプ

    設計標準と、交差する道路の通行方向に合わせて設定できるルールを使い、途切れのない交通の流れで交差点のモデルを作成できます。必要に応じて道路のランプを手動で変更できます。

    画像を表示

  • 視距解析

    情報ツールチップで視界不良ゾーンを特定、理想的な視界エンベロープと実際の視界エンベロープを特定します。道路視界解析により、運転手の視野妨害を特定し、車線ごとの解析を実行します。

    ビデオを見る (英語)

  • Civil 3D とのデータ交換

    平面線形、縦断線形、交点などのインテリジェントな道路データを、単純なワークフローを使用して Civil 3D に読み込めます。

    ビデオを見る (英語)

  • Civil 3D からデータを読み込み

    Civil 3D の複雑な水平ジオメトリと垂直ジオメトリが InfraWorks 360 でサポートされるようになりました。コリドー、線形、道路を InfraWorks 360 に取り込んで、ビジュアライゼーションとコラボレーションを行えます。

    ビデオを見る (英語)