home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

現況モデルで設計する

実際の環境のデータをリアルタイムで使用して、計画、設計、エンジニアリングを行えます。

概要

データリッチな 3D モデルによる事前エンジニアリング

予備設計ソフトウェア InfraWorks 360® で、プロジェクトの成果を改善できます。各種のデータを組み合わせることにより、情報の作成、表示、解析、共有、管理を改善し、現況に合わせて適切な意思決定を行えます。

InfraWorks 360

InfraWorks 360 では各種の高度な機能が利用できます。これらの機能を InfraWorks 360 無償体験版でお試しください。

InfraWorks 360 でできること

道路設計から用地計画、排水計画まで、InfraWorks 360 は、インフラストラクチャ プロジェクトのプランニング、調査・概略設計、設計、管理に多くのメリットをもたらします。

効果的な提案

安全なクラウド環境でリアルなビジュアライゼーションを幅広い関係者と共有することにより、地域住民のプロジェクトへの参加を促し、フィードバックを収集して、承認を得るまでの時間を短縮できます。

最適な設計案

現況での設計をより正確に表すデータリッチなモデルを使用して、複数の設計案の作成と評価を迅速に行えます。

効果的なコラボレーション

設計シナリオのクラウド ベース モデルを共有することで、プロジェクト チームや関係者と効果的にコラボレートし、リアルタイムにフィードバックや意見をまとめられます。

数分で現況モデルを作成

InfraWorks 360 のモデル ビルダーを使用して、複数のファイル形式のソースから収集されたデータでモデルを作成する方法をご覧ください。

ステップ 1

モデル ビルダー

InfraWorks 360 を開いた状態で、[モデル ビルダー]ツールを選択します。

ステップ 2

位置を選択

ベクトル データ、ラスター データ、他のグローバルなソースからデータを使用して、現況を作成します。

ステップ 3

モデルに名前を付ける

作成するモデルに名前を付けます。

ステップ 4

クラウド通知

数分以内に、モデルへのアクセスを示したメールが届きます。

ステップ 5

作成を開始

モデルを開いて、現況に即した設計を開始します。

製品機能の包括セット

既存のデータ ソースから作成された大規模なインフラ モデルを管理できます。プロジェクト開始時点から各場面にあわせたエンジニアリングを行い、適切な詳細レベルで提案資料を作成できます。

モデル作成

大量のデータを利用し、統合して、現況をすばやくモデリングできます。

初期段階の設計

初期のコンセプト デザインを作成、スケッチします。

高度な設計

道路、橋梁、排水に特化した業種専用アプリケーションを使用して、設計機能を拡張できます。

設計の最終的なパフォーマンスを 3 方向から評価

InfraWorks 360 の AutoCASE 拡張機能を使用すると、現場での評価プロセスとモデル環境での雨水設計を自動化し、社会、環境、経済の面から、代替設計案のコストと利点をリアルタイムに解析できます。

経済的な解析

高度な経済解析機能を提供し、財務指標を基に代替設計案を比較します。

関係者にとっての利点

現場で発生するコストや雨水設計要素のコストを予測し、関係者それぞれにコストとメリットを伝えられます。

環境に優しいインフラ

雨水貯留の要件を満たしつつ、社会と環境にプラスの効果をもたらすインフラを設計できます。

InfraWorks 360 のお客様からの声

COWI 社:実際の道路モデルを活かした設計

デンマークのエンジニアリング事務所は、InfraWorks 360 を使って既存の地理的条件を含んだ 3D モデルを作成し、短期間でスカンジナビアの高速道路、E16 のプロジェクトを入札で受注するという成果をあげました。

ビデオを見る(4 分 19 秒 英語)

COWI 社のユーザ事例(英語)

InfraWorks 360 コミュニティに参加

InfraWorks 360 を使用した新しい活用方法を探したり、モデルを公開したり、InfraWorks 360 コミュニティで交流できます。

コミュニティにアクセス(英語)

  • ギャラリー(英語)
    共有できるモデルはありますか。モデルを公開したり、ユーザ仲間の活用方法を参考にできます。

  • ビデオ ブログ(英語)
    製品デモ、トレーニング、テクニック、ヒントに関するビデオをまとめて確認できます。

  • ソーシャル ハブ(英語)
    Facebook、Twitter、YouTube からの最新ニュースをまとめて確認し、常に新しい情報を入手できます。

  • Knowledge Network
    質問や疑問に対する答えが見つかります。Knowledge Network で必要な情報を確認できます。

連携ワークフロー

InfraWorks 360 を他のオートデスクの BIM ソリューションと連携させると、最大限に有効活用できます。

AutoCAD Civil 3D と相互運用が可能

コンセプト デザインを現況に即して検討し、詳細設計へ移行できます。

(ビデオ:2 分 12 秒 英語)

AutoCAD Civil 3D を使用した環状交差点の設計

InfraWorks 360 が Civil 3D モデルに統合され、環状交差点の設計が強化されています。

(ビデオ:1 分 52 秒 英語)

Revit を使用した橋梁設計

橋梁プロジェクトのコンセプト デザインから、詳細設計とドキュメンテーションへスピーディに移行できます。

(ビデオ:1 分 03 秒 英語)

Architecture, Engineering & Construction Collection なら、InfraWorks 360 を AutoCAD Civil 3D および Revit とまとめて導入できます。

詳細はこちら

高度な機能を利用

道路、橋梁、排水プロジェクト用の画期的なツールを使用して、モデル ベースのプラットフォームによるワークフローを高度な設計、シミュレーション、解析に拡張できます。

道路および高速道路の予備設計オプションを効果的に作成し、プロジェクト パフォーマンスを最適化できます。

流域解析、排水路およびカルバート設計用ツールを使って、別の設計案がもたらす影響をモデル化できます。

提案された情報を利用して、実際の土木構造物をモデル化、視覚化します。