Asset 12 Asset 10 Asset 11 autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

機能

InfraWorks の新機能

InfraWorks 予備設計ソフトウェアの新機能により、道路設計作業の精度が向上し、設計に関するよりよい意思決定ができるようになり、高度なコンポーネントベースの橋梁設計と点群処理が可能になります。

  • マテリアル数量

    選択した道路の数量を計算し、レビュー、レポート、コスト見積もり用に CSV ファイルに書き出します。

  • 橋梁コンポーネントを管理

    InfraWorks では橋梁コンポーネントとコンテンツを直接作成、管理します。

  • コンポーネント道路

    車線、縁石、路肩のような実際のコンポーネントを使って道路を作成するツールです。

  • 横断ビュー

    横断勾配摺り付け、道路アセンブリ、切土と盛土といった、道路設計における工学的詳細を横断ビューで計画します。

  • 横断勾配摺り付け

    モデル内の曲線または緩和曲線-曲線-緩和曲線を含むコンポーネント道路に横断勾配摺り付けを適用します。

  • 地形等高線

    等高線の表示と間隔のコントロールによって、現況の地盤サーフェスや計画地盤サーフェスを詳細に表示します。

  • 路側グレーディング

    勾配とマテリアルを変えて路側のグレーディングのさまざまな部分に適用します。

  • 洪水シミュレーション

    複数の流入位置を基準にして、時間の経過とともに水位を変化させて洪水対策プロジェクトを解析します。

  • 橋梁設計の環境設定

    あるコンポーネントから別のコンポーネントへ、さらにはある橋梁から別の橋梁へ橋梁設計の設定をコピーします。

その他の機能

モデリング

  • 現況をモデル化

    既存のデータ(2D CAD、GIS、ラスター、3D モデルなど)を集約し、大規模なモデルを作成します。

  • 自動化されたデータ読み込みとモデル作成

    GIS、ラスター、DGN、SketchUp から基本モデルを作成できます。

  • フォトリアリスティックな視覚効果

    動的な太陽、影、水、雲を追加できます。

  • 点群から地形を生成

    モデルの地形にデータを構築します。

  • 点群からフィーチャを生成

    フィーチャを認識してコンポーネントに変換します。

  • 現況に合わせてプロジェクトを表示

    現況の条件に合わせてプロジェクトを表示できます。

設計

  • 出入り口ランプと中央右左折車線

    ランプと中央/左折車線をすばやく作成、編集できます。

  • 環状交差点の設計

    交差点を環状交差点スタイルに簡単に変換できます。

  • 対象領域

    区画、地役権、用地境界線の設計を展開します。InfraWorks モデルで簡単かつ正確に表現します。

  • コンポーネントベースの橋梁設計

    橋梁の路面および桁を他の橋梁コンポーネントとは別に編集できます。

  • よりスマートな舗装排水溝

    複雑なジオメトリーを認識して、対応します。

  • 予備設計を AutoCAD Civil 3D に読み込む

    InfraWorks から AutoCAD Civil 3D に道路やパイプ ネットワークを移行できます。

解析

  • 2D 距離と勾配

    モデルの 2 点間の距離(水平と垂直)および勾配を計測します。

  • 距離と面積の計測

    設計要素の最適な位置を決定します。

  • ダイナミック地形解析

    異なるソースからのさまざまなデータ形式を扱うことができます。

  • 影と光の解析

    プロジェクトで影がどのように影響するかを予測します。

  • テーマ パレット

    属性に従ってアセットをビジュアルに分類します。

  • 橋梁線桁解析

    クラウドで詳細な解析を実行できます。

コラボレーション

  • リアルタイムのフィードバック

    設計フィード機能により、承認プロセスが迅速化します。

  • モデル パブリッシュ

    クラウドによる一元的管理でよりセキュアにパブリッシュし、Web やモバイルを使って関係者とやり取りできます。

  • モデル ネットワーク ストレージ

    共有ネットワーク ドライブ上にモデルを保存できます。

  • iPad アプリ

    iPad でモデルを表示したり、モデルの必要箇所を選択できます。