home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Stingray ゲーム エンジンによる強力なワークフロー

サブスクリプションメンバーが利用可能

Maya LT のサブスクリプションで利用できるようになった Stingray 3D ゲーム エンジンは、モバイル ゲーム開発者や小規模なスタジオにとって理想的なゲーム制作コンボを提供します。

Maya LT と Stingray 間の連携性により、Stingray で使用する 3D アセットの作成が簡単になります。

アートからエンジンへのワークフローを使って新作ゲームの作成を簡略化:

  • Maya LT から[Stingray に送信]で書き出すことにより、アーティストはアセットを Stingray のプロジェクト フォルダに直接書き出すことができます。
  • Maya LT と Stingray 間のカメラの同期化により、アーティストは Stingray エディタのコンテキストでシーン全体を見渡すことができるため、変更の適用とその評価をすばやく実行できます。
  • Maya LT と Stingray 間のライブ リンクにより、Maya LT で変更を加えながら、同時に Stingray エディタのコンテキストでモデル、アニメーション、マテリアルを確認できます。
  • Maya LT の ShaderFX で作成した物理ベースのマテリアルを Stingray に転送できるため、マテリアルを再作成する必要がなくなります。
  • Maya LT で Stingray のトーンマップを有効にすると、Maya LT と Stingray の両方で表示するアセットの見た目がより近づきます。
  • モバイル ゲーム開発者は、NVIDIA PhysX plug-in for Maya LT をインストールすることにより、Stingray を使用してラグドール、クロス、およびその他の物理ベースのシミュレーションを行うこともできます。

注: Stingray ゲームエンジンにアクセスするには Maya LT の有効なサブスクリプションが必要です。相互運用性を有効にするには、プラグインをインストールする必要があります。

Maya LT のサブスクリプションで Stingray 3D ゲーム エンジンが利用可能に