ユーザ事例

Moldflow のお客様からの声

射出成形シミュレーション ソフトウェア Moldflow を使用して、成形不良を減らし、設計を改善し、高品質のパーツや製品を作成する方法をご覧ください。

 

ものづくりそのものに踏み込んだ技術支援へ Moldflow で目指す、解析結果のさらに先:小松開発工業株式会社

自動車産業を中心にものづくりの幅広い分野で技術 サポートを提供する小松開発工業では Simulation Moldflow 導入後、 単にものづくりそのものの支援から設計フィールドで流動解析を生かす方向へとシフト チェンジし、顧客のものづくりそのものに深く踏み込んだ技術支援をはじめました。Moldflow により、樹脂部品の試作検討段階で発生した不具合を可視化し、さらにその対策をも可視化して提案する、という手法が編み出されました。

必要なのは、結果のバックボーンを 探って“原因はこれだ”と示すこと。そのために、射出圧力や冷却時間を変えるとこれだけ変わるとか、設計条件を変えた解析を行なって原因を示していくのです。

— 切詰 朋 氏  小松開発工業株式会社 技術開発部 次長

ビデオを見る(ビデオ:3 分 21 秒)

解析の視覚化がもたらす新たな競争力 Autodesk Simulation Moldflow:
株式会社長津製作所

プラスチック金型製造にて部品の量産を中国や日本の各拠点でてがけている 株式会社 長津製作所のAutodesk Simulation Moldflow の活用事例です。 株式会社 長津製作所では金型設計のノウハウの提供や海外での生産立ち上げを行ってほしいとお客様から強く要望があり、 精度の高い樹脂流動解析を導入することに決めました。

Simulation Moldflow 導入後、分析結果の視覚化が可能となり、よりお客様への説得力に大きな違いをもたらしました。

— 小川 達郎 氏 株式会社 長津製作所 本社工場 副工場長 CAD/CAM グループ統括リーダー

設計効率・設計品質を飛躍的に向上させた Inventor & Autodesk Moldflow Advise:
サトーパーツ株式会社 関東工場

サトーパーツでは、国内で見つけられなかった、成形材料をようやく海外メーカーにて見つけることができましたが、材料グレード変更による樹脂成型時のヒケの変化や、これに伴う新型起工による新たなゲート位置やウェルドライン、エアトラップ等々数々の問題がありました。開発現場においても結局実際に成型してみないと分からないまま進み、試作回数もかさんでいました。そこでこの機会に、以前から使いたかった Autodesk Moldflow Adviser を導入したのです。

既に技術部の設計者の多くが Inventor と Autodesk Moldflow Adviser を併用していますが、Autodesk Moldflow Adviser については、現状使っているのはまだ基本機能だけなので、今後はもっとステップアップしていく必要があります。金型づくりには経験が必要ですが、Autodesk MoldflowAdviser を活用することでその経験不足も埋め合わせられるのではないでしょうか。できれば金型の取り個数から、ランナー、冷却管の配置まで自分たちでレイアウト設計ができるようにしていきたいですね。

— 三浦 猛 氏 サトーパーツ株式会社 技術部 開発グループ グループリーダー

ビデオを見る(ビデオ:3 分 10 秒)

“従来どおり”を打破するシミュレーションの価値:日進工業株式会社

Autodesk Simulaiton Moldflow の導入の経緯や実際に使用し、導入した効果などご紹介します。

本来どのような流動が起こるかというイメージがしきれない部分を実際目の前でみることができるということは非常に大きなことでした。そのおかげでなかなか制作が困難と言われている厚肉レンズの成形にも成功したことは Molldflow をとりいれて感動した点です。

— 竹元 茂 氏 日進工業株式会社 技術主任

ビデオを見る(ビデオ:3 分 20 秒)

技術者の構想力を支援するシミュレーション Autodesk Simulation Moldflow: 河西工業株式会社

カーインテリアの専門サプライヤーの河西工業株式会社がオートデスク製品を選んだ理由、また Autodesk Simulation Moldflow を使うメリットとは?

現地調達が必須となる、海外事業部で現地樹脂材料の解析用の特性データが必要となりますが、Autodesk Simulation Moldflow に適合した樹脂データは比較的入手しやすいという利点があります。

— 山内 雅弘 氏 河西工業株式会社 第 3 生産技術部部長

Nissan Altima レース準備期間はわずか 8 か月 完全に統合された Autodesk デジタル プロトタイプ の設計環境により、 不可能といわれたタイムリミットを克服:Nissan Motorsport 社

メジャーなモータースポーツの分野において新しい車を設計する場合、6 ~ 8 ヵ月かかるのはごく普通の ことです。しかし、Nissan Motorsport は、同じ期間 内で、新しい規定に適合するまったく新しい車を開発し、既存の量産エンジン Nissan VK56DE をレース 仕様に改造しなければならなかったのです。

オートデスクのデジタル プロト タイプ ソフトウェアを導入する ことで、業務にかかる時間がそれまでの半分ないしは 1/4 まで短縮されました。しかし、注目すべきはスピードだけではありません。マシンが製造できても、最初のレースで次々と故障が起きてしまえば、それまでにどれほど時間を節約しても意味がありません。「初めから正しいこと」そして「初めから信頼できること」が重要です。そうでなければ、時間の節約も労力の浪費に終わってしまうのです。 Autodesk Simulation が信頼性の鍵です。

— Nissan Motorsport 社オーナー、ドライバー兼チーム監督 トッド・ケリー

プラスチック成形の力強い未来を築く: Primera Plastics, Inc. 社

価格競争力を備えた高品質なプラスチック部品を迅速に提供するために、Primera Plastics 社は Moldflow を活用しています。Primera Plastics 社はオートデスクのソリューションを使うことで、より正確な見積もりを潜在顧客に提供し、射出成形の設計を製造前に最適化できるようになりました。

「Autodesk Moldflow があれば製造前に高いレベルの検証を行えるので、同じレベルの検証ができない競合他社から抜きん出ることができます」

— Primera Plastics 社、プロジェクト エンジニア、Scott Leatherman 氏

正確で、最適化された設計: Rheomold 社

射出成形プラスチック成形品の解析サービスを業務としている Rheomold 社は、Moldflow を使って顧客の製品、金型設計、成形プロセスの検証を行うサービスを提供しています。 内装、外装、パワー トレインのプラスチック部品など、自動車向けに特化したソリューションを提供しています。 

「Autodesk Moldflow なら、プラスチック部品の設計を生産前に検証・最適化できるので、試行錯誤を重ねる必要がありません。 品質が向上するのはもちろん、生産機械の選択や生産計画をお客様に提案する場合にも役立ちます」

— Rheomold 社、ディレクタ、Krishnamoorthy 氏

設計から製造まで: Minda Industries Limited 社

Minda Industries Limited 社は Moldflow を使って、製品の強度を犠牲にすることなく外観の美しいスイッチを製作しています。

「Simulation Moldflow を使えば、大まかな表現ではなく、精密な表現を得ることができます。 開発の初期段階で問題を検証して修正することが容易になり、最初の試作品から適切な部品が作成できるようになったのです」

— Minda Industries Limited 社、ツール設計 (Moldflow) 部門、アシスタント マネージャ、Shrihari B. Rasal 氏

精度の限界まで: forteq グループ

forteq は製品開発に Moldflow を使用しています。それは、開発の初期段階で、最適な射出位置、材料、肉厚などの重要な仕様の特定に役立つからに他なりません。それぞれの射出成形ツールの製作を開始する前に潜在的な問題を検出できるため、時間と費用を節約できます。 

「Simulation Moldflow を使い始めて、約 10 年になります。 当時市販されていた実用的な製品と言えばこれしかありませんでした。 今ではシミュレーションの標準ツールです」

— forteq Nidau AG 社、研究開発部長、Beat Schiegg 氏

直感的で確実: Automotive Lighting Reutlingen GmbH 社

Automotive Lighting Reutlingen GmbH 社は、Moldflow Insight が提供する直感的なユーザ インタフェースを使って、信頼性の高い結果を得ることができるようになりました。

「Simulation Moldflow Insight を使うことで試作回数が少なく済み、毎回 4,000 ユーロ(約 50 万円)のコストがかかるプロセスを各プロジェクトで 1 回から2 回削減することができました。合計で、毎年約 50 件のプロジェクトを扱っている中でです」

— Automotive Lighting Reutlingen GmbH 社、工学修士(FH)、Roland Hölz 氏