機能

プラスチック射出成形プロセス

プラスチック射出成形シミュレーション ソフトウェア Moldflow® では、設計・成形プロセス全体のシミュレーションと評価がを行えます。成形品の特性と材料を視覚化して確認することが可能になり、製造時の欠陥、金型の作り直し、再設計の手間を削減できます。

ページ ビュー:

    射出成形

  • オーバーモールディングでの冷却解析 新機能

    Moldflow 冷却解析は、ガス アシスト射出成形および 2 ショットオーバーモールディングまで拡張されました。 第 1 ショットと第 2 ショットの両方のコンポーネントについて、充填および反りに対する成形品冷却の効果を考慮できるようになりました。

  • サーフェス不良のトレーサビリティ

    ポリマーの流路を視覚化して、サーフェス不良になる可能性がある状態を識別します。 流体パーティクルが侵入したゲート、固化するまでに移動した距離、複雑な形状の中でたどった流路を識別します。

  • 誘導加熱

    金型内の磁性コンポーネントの急速加熱をシミュレートします。 電磁誘導を使用して、ウェルド ラインがない高品質なサーフェス仕上げを実現できます。

  • バルブ ゲート開閉の制御

    バルブ ゲートの開閉を制御したり順次開閉させることで、高品質のサーフェス仕上げを実現できます。

    バルブ ゲートの開閉速度を最適化して、均一なフローとバランスの取れた射出プロファイルを可能にします。 バルブ ゲートを開く速度が速すぎたり遅すぎたりした場合の影響を予測し、サーフェス不良やヘジテーションの影響を防ぐことができます。

  • 熱可塑性樹脂射出成形

    Moldflow は、熱可塑性材料の大規模なデータベースを使用して、設計の熱可塑性樹脂射出成形プロセスをシミュレートおよび最適化するのに役立ちます。 最適なゲート位置を選択し、処理条件を特定し、充填パラメータを調査することができます。

    金型が十分に冷却されるかを評価し、反りが発生しないかを確認できます。設計プロセスに Moldflow を導入することで、高価な金型製造に投資する前に製品の品質を検証できます。

    Moldflow では次のような成形プロセスをシミュレートできます。

    • 熱可塑性樹脂オーバーモールディング
    • 熱可塑性樹脂射出圧縮成形およびオーバーモールディング
    • 熱可塑性樹脂射出成形
    • 熱可塑性樹脂圧縮成形およびオーバーモールディング
    • ガスアシスト射出成形
    • リアクティブ成形
    • リアクティブ圧縮成形
    • リアクティブ射出圧縮成形
    • 半導体封止成形およびアンダーフィル封止成形
  • 収縮と反り

    最終製品の収まりと機能を確実なものとするために、製造された成形品の反りをシミュレートできます。 正確に補正されたモデルを生成して、金型設計に使用したり、成形品の形状にさらに変更を加えることができます。 過剰な収縮と反りが発生する場合でも、成形品の収縮差、金型冷却の不均衡、または材料の方向など、反りの根本的な原因を簡単に特定することができるため、目的となるアクションと問題に対処するための代替手段を評価することができます。 Moldflow のデータベースには、最高レベルの予測精度をサポートするために、グレードごとのデータが含まれています。

  • 金型での冷却解析

    非定常熱計算に加え、コンフォーマル冷却などの高度なテクニックとレイアウトにも対応しています。冷却管レイアウトと冷却プロセスの案をいくつも試すことで、短いサイクル タイムで高品質の製品を生産できるようになります。急速加熱冷却やコンフォーマル冷却などの高度な冷却テクノロジーをシミュレートできます。サイクル タイムと製品の品質を向上させるために、加熱要素とサーマル ピンに加え、熱伝導性の高いマテリアルの効果を評価できます。

  • 最適ゲート位置

    適切なゲート位置を選択することにより、製造上の問題や不具合を削減または解消できます。 複雑な設計の場合、Moldflow のゲート適性解析を使用して、広範なゲート位置から最適なゲート位置を見つけるためのアドバイスを得ることができます。 金型内の溶融樹脂の流れは、成形品の全体的な品質に影響を与えます。 金型がどのように充填されるかを確認するために、異なるゲート位置を試すツールとして、[充填プレビュー]を利用できます。

  • 繊維配向

    成形品における繊維配向、製造形状、構造プロパティを計算して評価できます。 また、繊維配向と機械的結果を外部の構造解析パッケージにエクスポートして、完成した成形品の強度をさらに詳しく調査することができます。

  • 熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂

    プラスチック射出成形シミュレーション ソフトウェア Moldflow Insight は、使用するプラスチックのタイプには関係なく、最適な成形条件を見つけるのに役立ちます。 製造で使用するプラスチックには、大きく分けて熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂という 2 つのタイプがあります。 それぞれ固有の特性があり、どの場合に使用するのが適しているかも異なります。

    次のようなさまざまな成形プロセスから選択できます。

    • 熱可塑性材料を使用した従来の射出成形
    • 熱可塑性樹脂または熱硬化性樹脂を使用した圧縮成形
    • 半導体封止成形、アンダーフィル封止成形、およびその他の熱硬化性プロセス
  • 成形不良の削減

    成形品がどのように充填されるかをシミュレートし、成形不良、金型の作り直し、および再設計の必要性を削減します。

    • 成形不良が発生する場所を特定するために、設計プロセスの早い段階にシミュレーションを実行します。
    • コストのかかる製造段階に入る前に、設計または成形条件を変更します。
    • 潜在的な不良(エアー トラップ、ショート ショット、焼け、ヒケ、ウェルド ラインなど)を削減または解消します。
  • 製造材料特性(FEA)

    有限要素解析(FEA)を使用して、構造のテストを実行し、臨界荷重を確認します。射出成形プロセスは、ウェルド ライン、繊維配向、材料配向など、製品の構造特性に影響を与えます。

    製品が満たすべき臨界荷重の条件がある場合、射出成形プロセスで構造解析のテストを実行し、それを解析に含めることができます。

  • 成形不良の可視化

    成形品の形状と射出点の位置が、成形品の収縮や反りによる、ウェルド ライン、ヒケなどの不良にどのように影響するかを視覚化し、把握できます。

    製品の目につきやすい部分での不具合を最小限に抑えるために、射出点の位置、成形品の形状、成形プロセスを最適化します。 ヒケの位置と深さを .fbx ファイルとして Showcase ソフトウェア(英語)や VRED ソフトウェアにエクスポートして、詳細に評価できます。

  • 設計から成形まで

    射出成形ソフトウェア Moldflow には、設計のコンセプトを具現化して製品の成形品にするために必要なツールが含まれています。

    • Moldflow Design はお使いの CAD ツールで使用でき、成形品の製造性に影響を与える問題に関するフィードバックを即座に提供します。
    • Moldflow Adviser はプラスチック射出成形シミュレーション ソフトウェアで、キャビティに樹脂を供給する場合の最良の方法と、金型を適切に冷却する方法を示します。
    • Moldflow Insight に搭載されたさまざまな種類のシミュレーション機能を使用して、成形品の劣化と最終的な成形品の強度の評価を行うことができます。
  • 2 ショット連続オーバーモールディング

    2 連続射出プロセス(または材料)をシミュレートし、それらの相対的な動作に与える影響を視覚化して、オーバーモールディング プロセスの解析を行います。 2 ショット連続オーバーモールディングのシミュレーションでは、異なる着色をした同一の材料、または 2 つの異なる材料が、金型に射出されます。

    Moldflow ではこのシミュレーション結果から、反り、材料の相対的な温度分布、およびプラスチックや金属のインサートの効果を評価できます。

  • 複屈折

    射出成形シミュレーション ソフトウェア Moldflow を使用すると、ブラーや二重イメージなどの光学的な品質の問題を軽減できます。 材料、金型設計、成形条件などを含む多くの要因が複屈折に影響を与えます。

    Moldflow ツールは、プラスチックの光学的性能の問題を予測するのに役立ちます。

  • 単一方向のコア シフト

    インサートを含む成形品における単一方向のコアの変位量をシミュレートできます。 コアの変位を引き起こす可能性のあるコアの圧力差を確認し、解析に役立てるために片側拘束を使用します。

    フィーチャの周囲の圧力が不均一である場合、射出成形プロセス中にコアとインサートがシフトします。 射出金型は、このような移動が起こらないように、成形品のインサートとコアをいくつかの方法でその場に固定します。金型によっては、インサートまたはコアを、ある一定方向には移動させるが、逆方向には移動させないというものもあります。方向拘束を使用することで、コアまたはインサートが単一方向にのみシフトし逆方向には移動しないという状況をシミュレートできます。