機能

射出成形の検証と最適化

Moldflow® プラスチック射出成形シミュレーション ソフトウェアは、設計と製造プロセスの検証に役立ちます。 ビジュアライゼーション ツールを使用して、プラスチック成形パラメータを最適化し、成形品の不具合を減らすことができます。

ページ ビュー:

    検証の最適化

  • 解析結果をエクスポートして構造解析で利用

    Advanced Material Exchange を使用すると、Moldflow のデータを Helius PFA のプロジェクトに転送して詳細な複合構造解析を行えます。 材料プロパティと繊維配向を Moldflow のシミュレーションから構造解析パッケージにマップできます。Helius PFA はその結果を使用して、材料の非線形性と構造的な応答を予測します。

    Moldflow からの「製造状態の」シミュレーション データをエクスポートすることで、設計の初期段階における射出成形品のより現実的な構造検証が可能になります。

  • ランナー バランス

    多数個取り金型およびセット取り金型の金型充填解析を実行します。 ランナー バランス処理により、金型のすべてのキャビティが、同じ時間に、均等に分散された圧力で充填されます。

    Moldflow を使用して、金型の各キャビティまたはセグメントのランナー直径を最適化することにより、より均等かつ一貫した結果が得られます。

  • 実験計画法(DOE)

    製造プロセスの安定性を把握し、製品の欠陥または成形機の限界に影響する主な要因を特定できます。実験計画法(DOE)解析では、金型の温度や射出時間など、プロセスにおけるどのような入力変数が成形品の品質に影響を与えるかを特定できます。

  • パラメトリック スタディ

    社内で定義された品質パラメータに基づいて、成形プロセスを調査して最適化するために、一連の解析を実行します。Moldflow のパラメトリック スタディ関数を使用して、成形パラメータを指定した値に変更できます。

    次に、パラメータの変更が成形品の品質に与える影響を視覚化します。 これにより、品質目標を達成するための成形パラメータを直感的に把握することができます。