機能

高度な有限要素解析機能

Autodesk® Nastran® ソルバーを搭載する Autodesk Nastran In-CAD は、Inventor や Dassault SolidWorks との統合により、使いやすいインタフェースを提供します。

ページ ビュー:

    高度な解析

  • 周波数応答

    周波数依存荷重に基づいて、構造調和応答を評価できます。変位、速度、加速度、応力、ひずみを計算できます。また、加振周波数の範囲全体に指定された荷重に対して構造がどのように応答するかを評価できます。

  • 衝撃解析

    Autodesk Nastran In-CAD では Autodesk Nastran ソルバーを使って、さらに正確で高速な非線形定常解析を行えます。大変形、スライド接触、非線形材料など、すべてのタイプの非線形性を同時に含めることができます。 

  • 固有値解析

    振動の影響によるオペレータの疲労や、構造物にかかる疲労などの潜在的な問題を評価できます。こうした疲労は発電機や回転装置など、振動するプラットフォームに据え付けられたあらゆるもので発生する構造荷重によって引き起こされます。動的な荷重の影響下にある構造の固有値、すなわち固有振動数を確認します。固有値解析を使って再設計を行ったり荷重の向きを変更することにより、揺れや振動の影響を軽減することができます。

  • プリストレス固有値解析

    標準的な固有値解析では荷重の適用を考慮できません。Autodesk Nastran In-CAD には、複雑な荷重が存在する場合にも真の剛性を考慮できる特別なツールが備わっています。ギターやピアノの弦と同様、張力レベルが増加すると動作上の剛性に影響を及ぼし、構造物の固有振動数が劇的に増加します。含まれるツールには、スピン シャフトや圧力容器があります。

  • ランダム振動疲労解析

    航空機や宇宙船の構造、あるいは工業用設備など、その運用がパワー スペクトル密度の入力によって特徴付けられる製品の長期的な構造安定性に対する洞察を得ることができます。道路の荷重または流体によって引き起こされる振動を受ける構造物は、周波数や振幅によって単純に定量的に表すことのできない動的なエネルギーを受けます。 代表的な期間にわたる荷重により、一貫性と予測性を示すことができます。

  • 非線形静解析と非線形過渡応答解析

    非定常、あるいは時間変化するイベントのすべての非線形性を考慮し、共振や応力の増加を引き起こす動的な荷重や衝撃に対し、動的な応答をよりよく検討できます。 

    連動設備と歯車、あるいは爆風分析などの解析モデル内で、材料の非線形性(材料の応力-ひずみデータ)と接触性(ギャップの開閉やスライド)、および大変形効果と回転(大きなたわみ)効果を示すことができます。また、非定常効果と慣性効果を含めることもできます。

  • 自動落下試験

    複雑で時間のかかるシミュレーション タスクを簡略化し、自動化できます。自動落下試験の機能は次のような製品に対して投射物の衝突や仮想落下試験を実行するのに最適です。

    • 電話機
    • ラップトップ コンピュータ
    • コンシューマ製品

    自動落下試験では、タイム ステップ、持続時間、投射物と目標間の複雑な接触の相互作用を評価するために、解析のための最低限の入力データ(投射物の速度と加速度)が必要となります。この解析により、詳細で物理法則に忠実な衝突のシミュレーションを行うことができます。実世界で起こる衝突は動的で陰的で非線形ですが、こうした衝突の問題への洞察も得ることができます。

  • サーフェス接触

    Autodesk Nastran In-CAD には接触モデリング オプションが含まれているため、より自然なパーツ間の相互作用を検討できます。荷重や制約を簡略化しないことで、推測に頼る部分を減らすことができます。Autodesk Nastran In-CAD ソルバーを使えば、本質的に非線形の計算が簡単に作業できるようになります。 圧入、歯車、機械コンポーネント、および異なる種類の接触を持つアセンブリ(スライド、摩擦、溶接など)をモデリングして、現実世界に忠実なシミュレーションを行えます。

  • 高度な材料モデル

    塑性(降伏後の永久変形)、超弾性(エラストマー)、形状記憶効果などの複雑な非線形の現象を捕捉できます。単一の仮想試験で、金属からゴムや軟部組織に至るさまざまな材料をモデル化できます。単純な材料モデルを使った予測は、誤った設計上の決定につながる可能性があります。材料ライブラリには、弾性マウンド、複合材料、破壊解析と破損解析などの非線形オプションが含まれています。

  • 複合材料

    複雑な積層データを、シンプルな操作で処理できます。パック、LaRC02 などの破壊指標に基づく解析により、信頼性の高い、洞察力に富んだ結果を取得できます。プログレッシブ層破損解析は、複合材構造が最弱層の破損以降に示す挙動を捉えるのに役立ちます。3D ソリッドの複合材要素解析により、複合材構造の横せん断を正確に捕捉することができます。

  • 過渡応答解析

    一定の、または時間の経過に応じた荷重の影響下で、特定期間内の構造の応答を評価できます。静解析では、荷重に対して構造が最終的にどのように応答するかしか分かりません。衝動的な荷重またはその他の時間の経過に応じた荷重イベントでは、構造物はその終了状態とは異なる動作を示す場合があります。過渡応答解析では、この終了状態に至るまでのパーツの動作を調べることができます。

  • ランダム応答解析

    ランダムな動的荷重に対する構造の動作を解析します。シミュレーション条件には、道路の振動、波のサイクル、エンジンの振動、風の荷重などがあります。